menu

【Webマーケティング】ネット集客を成功させる5つのポイント 2つめ

公開日:2016年12月30日 カテゴリー:WEBマーケティング タグ:, ,

前回は集客経路について書きました。

次に、ネット集客を成功させるのに必要なのは、だれを集客するのか?というターゲットを決めることです。

<ポイント2>ターゲット

ターゲットを決定するには

1.セグメンテーション
2.ターゲティング

の2つの手順を踏みます。

%e4%bc%9a%e8%ad%b0

1.セグメンテーション
セグメンテーションとは「区分」「分類」することです。
マーケティングの効果を高めるには、あらゆる対象にアプローチするよりより特定した対象にアプローチするほうが望ましいです。究極的な意味では個別へのアプローチということになりますが、個別まで絞るとコストは増大してしまいます。最適な範囲を決定するにも「区分」「分類」する作業はとても大切になります。その際、縦軸と横軸の2つの軸で分類することからはじめます。この縦軸・横軸は、商品・サービス、事業の段階などによって、地域・年齢・性別・所属・収入・興味・嗜好などの顧客属性と、自社商品・サービスのコンセプトや特長などから派生するキーワードを元に決定していきます。セグメンテーションをすることで、漏れやダブり、後でのターゲットの修正や移行がスムーズになります。ビッグデータの発達にともないデジタルマーケティングにおけるセグメンテーションの重要性は増しています。

2.ターゲティング
セグメンテーションされた区分のなかで、どの範囲を対象とするかをターゲティング過程を通じて決定します。また、セグメンテーションされた区分で粗い場合は、特定の範囲をさらに細かくセグメントすることで精度を高まります。ターゲットを明確にすることで、商品・サービスの提供方法などもより具体化しやすくなります。セグメンテーションやターゲティングという作業を通じて事業戦略の具体化や検討精度を高めいきます。

つづきを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です