menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

【ブランディング】ブランドをつくり育てる

公開日:2017年01月02日 カテゴリー:ブランディング タグ:

29853645 - san francisco, usa - april 8, 2014: people walk by salvatore ferragamo fashion store in san francisco, usa. salvatore ferragamo has 550 brand fashion stores.ブランディングとは?

ブランディングとは、ブランディングbranding)とは、ある個人や商品、企業に対する共通イメージが認知されある商品やサービスのコンセプトを特定のユーザーに顧客にとっての価値を高めていき共感や信頼などを個人や企業などのマーケティング戦略の1つ。

ブランドとしてまだ認知されていないものをブランドとしてに育て上げる、あるいはブランド構成要素をし、名前、ロゴ、ポジショニングや製品やデザインなどを作りあげていく様。また、その手法

個人または企業はブランディングの確立によって、開発した商品に対する価値とともに共感イメージや信頼などを得られるため、差別化ができたあなただけの顧客を獲得することができます。

ブランドと聞くと高級、シャネル、グッチ、ステータス、という言葉が思い浮かべる人が多いことでしょう。では、シャネルやグッチのような海外高級ファッションだけがブランドなのでしょうか?

ファッションだけではなく、車のブランド、家電のブランド、食品のブランドもあれば、農産物のブランドもあります。お店のブランドもあれば、個人ブランド、企業ブランドもあれば、高価格帯のブランドもあれば、低価格帯のブランドもあります。どのようなサービス、商品、個人、企業、さらには地域、人でも、ブランドになりえるということです。

小さなサロンもブランド、近所の魚屋もブランド、北海道という地域ブランド、ファスト系ファッションもブランドです。ブランドというのはその言葉から連想されるイメージを商品やコンセプトにのせ、特定の顧客に届ける。私たちがもっと意図を持ってブランディングを意識し、ブランディングに根差したビジネスを行えば、より消費者に支持され、よりビジネスを成功に導ける可能性が上がるということです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です