menu

【ブランディング】ブランドの資産価値

公開日:2017年01月04日 カテゴリー:ブランディング タグ:

business-361488_960_720

ブランドの資産価値

ブランディングやブランドの価値基準は4つの価値があります。

①ブランド・ロイヤルティ

顧客がある特定のブランドを何度も繰り返し購買し、忠誠度の高いこと。他社の商品ではなくお気に入りのブランドが一番でその他の商品には購入に至らないこと。

②ブランド認知

ブランド認知とは、「消費者の記憶の中にある、ブランドに対するイメージの強さによって、異なる状況においても消費者がそのブランドを識別する能力を反映したもの」と定義することができます。いうなれば、マーケティング市場で認知されていないブランドはブランドではないのです。ブランディングで一番必要なことは認知です。そのロゴやマークや商品が知られていなければそのブランドはブランドとして存在していないことになります。顧客が感じる要素とイメージが結ぶついていることが大切なのです。、ブランディングにおいてブランド認知が常に重視されてきたことはきわめて当然のことだと言えます。

③知覚品質

顧客がその商品をまだ使用していない状態で、知っている認知をしている段階で感じとる品質感のことである。それはブランドが持つ外見性やデザイン性などを感じる品質感である。

④ブランド連想

顧客が抱くブランドのイメージそのものすべてです。ブランドを持っている自分への価値、心にも精神的にもどれだけ豊かさを与えられているかがブランドの資産を高めるポイントとなります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です