menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

アンノウンマーケティング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月04日 カテゴリー:WEBマーケティング, WEBマーケティング用語, サイコロジーマーケティング タグ:, , ,

アンノウンマーケティング

あまり知られていないマーケティング手法かもしれません。

アンノウン “unknown” = 知らない

様々なデータによりユーザーの可視化は進んでいますが、サイトへの訪問者が誰かについてはまだ見えていません。

サイトへの訪問者には、「ノウンユーザー」と「アンノウンユーザー」がいるのです。
※ノウン “known” = 知っている

5335206 - evil mummy catching archeologist isolated on white

しかし、一般的に知っているユーザーはサイト訪問者のわずか1%(~2%)に過ぎません。

すなわち、98%の訪問者が誰か?ということについては分からないのです。

アンノウンマーケティングはこの見えないユーザーへアプローチを掛けるマーケティング手法です。

では、ノウンユーザーとアンノウンユーザーの違いとはなんでしょうか?

なぜノウンユーザーは誰なのかが分かっているのでしょうか?

それは、アクセスした際に問合せ情報があり、人物が特定できているからです。

これらの情報があればノウンユーザーとなります。

逆に、アンノウンユーザーには全くアプローチできないのでしょうか?

アンノウンユーザーのうち、アクセス時の閲覧情報が取得できればアプローチ可能です。

こうした98%アンノウンユーザーにも積極的に働きかけていこうというのが、アンノウンマーケティングです。

今後は、さらに、アンノウンユーザーへのアプローチが重要になると考えます。

—————————–
追記
—————————–
Stewart Gandolf(Health Care Success最高経営責任者)は、戦略的アカウントの副社長であるLinabarger ScottとMedicom Health InteractiveのSales担当バイスプレジデント、未知の消費者を既知の患者に変える方法について語っています。他の人たちは、より広範な人口の健康戦略の一環として、その地域のリスク消費者の中で最も価値のある人を特定して価値を見出すことを目指しています。Joshはさらに説明するように、病院や保健システムはMedicomのツールを使用して、特定の慢性疾患のリスクがある地域の消費者を特定し、潜在的な患者に手を差し伸べ、適切なケア提供者に紹介することができます。

医療提供者に完全に知られている消費者。彼らはプロバイダのEMRに入っています。彼らは電話番号、住所、人口統計、および病歴を持っています。彼らは数年前には消費者であったかもしれませんが、健康に関する歴史はほとんどありません。これらは患者ではなく、医療提供者はそれらについて何も知らない。メディコムのツールは、病院が消費者の関心を引くことを可能にし、健康に関する詳細を記入して病院に身元を明かすようにしている、とスコット氏は説明する。これは、彼らに手を差し伸べ、非常にユニークでカスタマイズされた方法で彼らと話をする医療提供者としての能力をあなたに与えます。あなたは、リスクアセスメントを受けるランディングウェブページに個人を誘導することを目指します。消費者を巻き込むことができるコミュニティイベント、観客を評価できる医師のイベント、ウェブサイトとサービスラインのページ、リスクプロファイラーの完了

Stewart Gandolf, Chief executive officer of Health Care Success, talks with Linabarger Scott, Vice President of Strategic Accounts and Josh Fieldman, Vice President of Sales for Medicom Health Interactive, about how their software program can turn unknown consumers into known patients. While others are making the switch to value and looking to identify the most at risk consumers in the area as part of a broader population health strategy. As Josh further explains, hospitals and health systems use Medicom’s tools to identify consumers in their communities which are at risk for specific chronic conditions, so that they can reach out to potential patients and refer them to the appropriate care provider.

Consumers who’re completely known to the healthcare provider. They are in the provider’s EMR. They’ve a telephone number, address, demographics and health history. They can have been a consumer several years ago, but there’s very little to no health history. These are not patients and the healthcare provider doesn’t know anything about them. Medicom tools allow hospitals to engage consumers, get them to identify themselves by filling out details about their health, Scott explains. This gives you the ability as a healthcare provider to reach out to them and talk to them in a very unique, customized way. You aim to get individuals to a landing web page where they take a risk assessment, Community events where one can engage consumers, Physician events where one can evaluate the audience, On the web site and service line pages, And Facebook, which drives a great deal of completed risk profilers.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です