menu

バイラルマーケティング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月04日 カテゴリー:WEBマーケティング, WEBマーケティング用語 タグ:,

バイラルマーケティング

1996年のHotmailが急進した際に、米国のベンチャーキャピタルのスティーブジャーベットソンがバイラルマーケティングという言葉を使って説明したことに始まりました。口コミマーケティングの有用性を証明したともされ、2001年に日本ではセス・ゴーディン氏の書籍「バイラル・マーケティング」が注目され話題となりました。その一方で2009年には、不当な口コミの問題からステルス・マーケティングやバイラルマーケティングに対してガイドラインが制定されました。

"31939541

バイラルにはウィルス性の意味が含まれており、ステルスマーケティングやバズマーケティングなどと並んであまりいい意味で使われないことも多く、サクラなどによる口コミによって恣意的な情報配信があり、悪質なケースは後を絶ちません。

インターネットが普及したことでより短期間での情報伝播が可能になっており、ユーザーにはこうした誤った情報を不要に拡散しないような賢明さが求められています。

—————————————
追記
—————————————
マーケティング担当者だけが注目を集める方法を知っているならば、世界最大のオンラインビデオ共有サービス、YouTubeは、マーケティングキャンペーンのための理想的な場所です。YouTubeのマーケティングは、この革新的なプラットフォームを使用して既存の顧客と見込みのある顧客を結びつけて販売を拡大し、ブランドのカバレッジを広げることができます。巨大な市場基盤にかかわらず、YouTubeですべてのキャンペーンが開花するわけではありません。多くの企業のYouTubeマーケティングキャンペーンは、最初は騒がしく、その後はいつか揺らぐ。

YouTubeに留まる秘訣は何ですか?私たちに見てみましょう。YouTubeのビジネスやブランドのビデオの大部分は、パンの品種のFlashのもので、ウイルスのマーケティング計画の一部として最初に読み込まれたことを意味します。これは無駄です。最初の動画は、キャンペーンをサポートし、結果を得るために、ますます良いコンテンツが続く必要があったからです。現在、ビデオ製作技術はピークに達しており、魅力的なビデオやその多くを作成するツールを提供しています。ビデオ量は技術だけでなく、コンテンツの品質にも影響します。

毎日新鮮な視点を作成する企業は、視聴者をよりよく把握します。通常のコンテンツは、現在のイベントやブランドに関するニュースから来る可能性があります。また、専門家、エンドユーザ、さらには正規のブランドユーザーとのインタビューから来る場合もあります。そのような有用なコンテンツの配信は、ブランドのロイヤルティと自信を高めます。YouTubeのマーケティングは、さまざまな理由で消費者基盤を拡大するための深い可能性を導いています。1つ目はYouTubeの国際的な視聴者であり、もう1つは文化の多様性です。適切なコンテンツがあれば、マーケティング担当者はこの人口の一部をキャプチャして、広告キャンペーンを促進することができます。このセグメンテーションは、特定の視聴者にアピールするための特別なコミュニケーションを通じて、ターゲットオーディエンスの人口を洗練させます。

長期的な結果は、検索可能なビデオの蓄積であり、共通の関心のあるユーザによって継続的に視聴される。視聴者が視聴した文章を見て、特有の有用なコンテンツに価値を見いだすために、アップロードされた動画を見るようにします。可能であれば、可能な限り多くの国際言語で公開してください。マーケティング担当者は、YouTubeマーケティングを通じてより広い市場基盤を構築するには、他のチャネルを利用するのと同じくらい時間と忍耐が必要であることに留意する必要があります。YouTubeのマーケティング計画は微妙で効率的なマーケティングプランであり、有用で実用的な情報を持って動画で評判を立てることができます。YouTubeには楽しいビデオが満載されているだけでなく、多くの教育プレゼンテーションやドキュメンタリーがあり、ユーザーにスキルや知識を提供しています。視聴者は、これらの動画を見て、会社やブランドの専門知識から学ぶことができます。

The world’s biggest on-line video sharing service, YouTube, is the ideal place for marketing campaigns to shine, if only marketers know how to grab the spotlight. YouTube marketing may increase sales and widen brand coverage by using this innovative platform to connect and capture existing and prospective customers. Regardless of the huge market base, not all campaigns bloom in YouTube. A lot of companies YouTube marketing campaigns sizzle at the beginning and fizzle sometime thereafter.

What is the secret to staying power at YouTube? Let us find out. A large fraction of business or brand videos at YouTube are of the Flash-in the pan variety, meaning that they were initially loaded as part of a viral marketing plan. That is a waste, since the initial videos must have been followed with increasingly more good content, to support the campaign and reap the results. Video production technology is at its peak nowadays, providing the tools to create engaging videos, and a lot of them. Video quantity is a function not only of technology, but additionally the quality of content.

Businesses that create fresh perspectives on a daily basis capture audiences better. Regular content could come from current events or news related to the brand. It may also come from interviews with experts, endorsers, and even regular brand users. The delivery of such useful content may increase brand loyalty and confidence through time. YouTube marketing leads a deep potential for widening the consumer base, for a number of reasons. The first is YouTube’s international audience, and the other is the cultural diversity. With the proper content, marketers can capture a slice of this population to boost any advertising campaign. This segmentation refines the target audience population through a tailored communication aimed specifically to appeal to a group of audiences.

The long term result is an accumulation of searchable videos which are continuously viewed by common interest users. Cultivate a subscriber base that views and statements to view the uploaded videos because they find value in distinctive and useful content. If possible, publish in as many international languages as possible. Marketers should bear in mind that building a wider market base through YouTube marketing takes some time and patience, just as much as it does utilizing other channels. Shying away from blatant self promotions, a subtle yet very efficient YouTube marketing plan is to build a reputation through videos with have useful and practical information. YouTube isn’t just full of entertaining videos, there are also many educational presentations or documentaries that impart skills and knowledge to users. Audiences view these videos to learn from the expertise of the company or brand.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です