menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

コーポレートブランドマーケティング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月06日 カテゴリー:WEBマーケティング, WEBマーケティング用語 タグ:, ,

コーポレートブランドマーケティング

市場やマーケティングメッセージに過度に集中する/壁掛けのポストへの限られた意見やフィードバックが強く控える/Facebookユーザーにファッション・スタイル・テイストのアドバイスを提供するためにディープディスカウントのコアブランド価値から逸脱する/2,000人のメンバーが参加する彼らのクイズを目標とする/ディスカッション掲示板を開き、双方向の会話を許可する/Facebookのユーザーが相互にやり取りしていることを知り、広告メッセージを拒否する/7,176人のメンバー、409の画像、483人のポット、37のディスカッショングループをホストする/ターゲットがFacebook上で効果的な広告キャンペーンを開始していたとき、WalMartはFacebookでのオンラインマーケティングについても調査しましたが、大成功を収めませんでした。

corporate-brand-marketing2

それでウォルマートはなぜ失敗したのですか?ソーシャル・オンライン・マーケティングをオフラインの従来のメディアに匹敵するものと想定するのがキラー・エラーです。オフラインでのプロモーションでは、その成功は、しばしば、広告メッセージの量が最も多いものです。ソーシャルマーケティングでは、それは一般に、より大きな成功を享受する上位のリスナーです。ターゲットはディスカッションボードを通じてユーザーを採用していたが、WalMartは壁掛けのポストへの会話を制御し、許可された内容を大幅に調整しました。ユーザーがすぐに双方向会話の欠如に気づき、反対ウォルマートの意見の激流を始めました。

これとは対照的に、ターゲットは学生をディスカッショングループの一部にし、自分の代わりに会話を形成しました。WalMartが行ったもう一つの大きな誤りは、深刻な削減をもたらすスーパーマーケットとしてのコアアイデンティティーから逸脱することでした。ウォルマートは、Facebookユーザーとうまくやっていない傾向とスタイルのアドバイスを提供することで、ユーザーの関心を集めようとしました。背後から学校への補給品の割引を提供することにより、彼らの批評家を武装解除する方法を考えることで、彼らの中核的価値提案の焦点を絞るのではなく、そうしなければならなかったのです。ウォルマートは、企業の評判と労働慣行のために、常に明るい竿でした。

彼らは、彼らが社会的に行く瞬間、否定的な意見や批判は、彼らが管理しなければならないかもしれないキャンペーンの一部であることを知っているべきです。開かれてユーザーを巻き込むのではなく、彼らは会話を制御しようとし、1方向のコミュニケーション計画に集中しました。戦術の違いは非常に異なる成果をもたらしました。ウォルト・マートは、ルームメイト・クイズに参加した少なくとも2,000人のメンバーを、代替活動とともに受け入れました。

Mart or focus excessively on their marketing message o Limited opinions and feedback to Wall Posts and strongly moderate them o Stray from its core brand value of deep discounts to give fashion\/style\/taste advice to Facebook Users o 2, 000 members participated in their quiz. Target o Open a discussion board and permitted for 2 way dialogue. Spend time to know how Facebook users are interacting with one another and rejected the volume of their advertising message o 7, 176 members, 409 images, 483 pots and hosted 37 discussion groups. As Target was starting an effective advertising campaign on Facebook, Wal Mart also examined online marketing on Facebook again, but failed to attain much success.

So why did Wal Mart fail? One killer error was to assume social online marketing as being comparable to off-line conventional medium. In off-line promotion, the success is often the one with the strongest volume on their advertising message. In social marketing yet, it is generally the higher listener that enjoys the greater success. While Target was employing users through discussion boards, Wal Mart determined to control conversation to Wall Posts and greatly moderated what was allowed. This backfired immediately as users shortly notice the lack of 2 way conversation and began a torrent of anti Wal Mart opinions.

In contrast, Target made students a part of their discussion group and also to shape the conversation around them instead of themselves. Another big error that Wal Mart made was to stray away from its core identity as a supermarket that offer deep reductions. Wal Mart tried to engage users by offering trend and style advice which did not jive well with Facebook users. Rather than focusing on their core value proposition of deep discount through offering good discount of back-to school supplies and think of ways to disarm critics they choose to do otherwise. Wal Mart has always been a lightening rod because of their corporate reputation and labor practices.

They ought to know that the moment they go social, negative opinions and critique will be part and parcel of the campaign that they may have to manage. Rather than going open and engage users, they tried to control conversation and focused on a 1 way communication plan. The different in tactics resulted in very different outcomes. Wal Mart received at least 2, 000 members who participated in their roommate quiz along with alternative activities.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です