menu

データベースマーケティング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月06日 カテゴリー:WEBマーケティング, WEBマーケティング用語 タグ:, ,

データベースマーケティング

データベースマーケティングに関する高い好奇心にもかかわらず、多くのビルマーケティング担当者はまだDBMを実行していません。このための多くの理由の1つは、実用的な情報があまりにも少ないことです。あなたの目標に基づいて、複数のDBM戦略について考えるべきです。以下では、セグメンテーション、新規顧客獲得、顧客浸透、顧客保持、プロモーションインテリジェンス、結果の定量化など、データベースマーケティングとデータベース広告戦略について考える必要がある理由について説明します。データベースのマーケティングは、より効率的なマーケティングとコミュニケーションを提供することを約束します。まず、セグメンテーションを通じてクライアントの理解を向上させ、その後、この情報を使用してターゲット設定された個人化された方法でクライアントと通信します。

10438449 - database concept. vintage cabinet. library card or file catalog.

セグメンテーション、顧客獲得、浸透、保持、市場インテリジェンス、結果の定量化など、少なくとも6つのDBM戦略を検討する必要があります。お客様や見込み客をさまざまなカテゴリに分類することは、DBMの第一歩です。最も基本的なセグメンテーションの程度は、タイプ、サイズ、または可能性によって、分類、コーディング、または顧客の発注および見込みを必要とする。会社のマーケティング担当者は、米国政府によって制定された標準産業分類を使用して、ほとんどの会社の種類を分類することができます。セグメンテーションの程度が高いほど、顧客や見込み客のプロファイリング、スコアリング、モデリングが必要です。プロファイリングは、異なる種類の分類の頻度を識別します。たとえば、金融サービスは、XYZ Corporationsの顧客ベースの17%を構成します。

さらに、80%ルールはパーセンテージを使用して図示することができます。たとえば、XYZ利益の80%は顧客の上位20%から得られます。グレーディングは、名前が意味するように、セールスまたは売上総利益の寄与度が高いことが多い、所定の基準によってセクションまたは個人顧客をランク付けします。通販マーケティング担当者は、顧客の価値を判断する基準として、最新性、頻度、財務または取引価値というRFMを使用します。モデリングでは、重回帰分析のような統計的手法を使用して、可能性の高い販売可能性またはプロモーション対応の可能性に相関する要因を特定します。有望な顧客は、これらのモデルに適合させて、どの見込み客を優先順位にする必要があるかを決定することができます。

可能性の高い見込み客を特定してコミュニケーションすることは、ほとんどのマーケティング担当者の目標です。記載されているセグメンテーションツールを使用すると、重いユーザーであるか、あらかじめ決められた基準に適合する見込み客に集中できます。DBMは、新しい顧客獲得を識別し、新しい顧客活動の傾向を追跡するために使用できます。最後に、DBMを使用して、見通しの通信、マーケティング、および販売計画を指示および管理することができます。クライアントによるアカウントの浸透度はどのくらいですか?DBMは、データをクライアントの総購入額と比較することで、普及率を特定するのに役立ちます。モデリング顧客別に最適な製品構成は、クロスセラーとアップセールの機会を識別します。再び、セグメンテーションステップは機会を特定することができる。この分野の戦略は、新しい顧客獲得の高いコストが十分に文書化されているため、重要性が高まっています。

Despite high curiosity about database marketing, many building marketers still haven’t executed DBM. One of numerous reasons for this is too little practical information. Based on your objectives, you should think about more than one DBM strategies. Below we’ll share why you need to think about database marketing and 6 database advertising strategies, including segmentation, new customer acquisition, customer penetration, customer retention, promotion intelligence, and quantifying results. Database marketing promises to deliver more efficient marketing and communications, first by improving client understanding through segmentation, and after that by using this info to communicate with clients in a targeted, even personalized way.

At least six DBM strategies needs to be thought about including segmentation, customer acquisition, penetration, retention, market intelligence and quantifying results. Segmenting customers and prospects into various categorizations is the first step in DBM. The most elementary degree of segmentation requires classifying, coding, or customer ordering and prospects by type, size, or possible. Company marketers can use Standard Industrial Classifications established by the US government to categorize most company types. A greater degree of segmentation requires profiling, scoring, or modelling of customers and prospects. Profiling identifies frequencies of distinct categorizations, for example, financial services constitute 17% of XYZ Corporations customer base.

In addition the 80\/20 rule can be illustrated utilizing percentages, for example, 80% of XYZ profits are derived from the top 20% of customers. Grading, as the name implies, ranks sections or individual customers by some predetermined standards, often sales or gross margin contribution. Mail order marketers use RFM, that’s recency, frequency and financial or transaction value, as standards for judging customer worth. Modeling employs statistical techniques like multiple regression to identify factors that correlate to high sales possible or likelihood of promotional response. Prospective clients can then be Fitted to these models to determine which prospects needs to be priorities.

Identifying and communicating with high possible prospects is a goal of most marketers. The segmentation tools described enable you to concentrate on prospects which are Heavy users or that fit predetermined standards. DBM can be used to identify new customer Gains, and to track trends in new customer activity. Lastly DBM may be utilized to direct and manage prospect communications, marketing, and sales plans. What’s your Account penetration level by client? DBM might help identify penetration by comparing the data to total client purchases. Modeling Ideal product mix by client sort will identify cross sell and up sell opportunities. Again, the segmentation step can identify opportunities. Strategies in this area have grown in importance as the high cost of new client acquisition has been well documented.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です