menu

ブランド戦略

公開日:2017年01月07日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:

161103194910vdzbfxgchvj_tp_v人と家族のブランド戦略は、市場で入手可能な新製品を発売したり、古いものを受け入れたりして、ブランドポートフォリオを拡大したい組織にとって価値があります。スタンドアロンブランディングとは、異なるブランドのために個々のブランド名を意味し、傘ブランドには同じブランド名のままである組織の製品が含まれます。傘や家族のブランド戦略は、消費者の心に強いブランドアイデンティティを生み出した企業に経済的な利点をもたらします。ブランドが別のアイデンティティーを必要とする理由の組み合わせがあります。たとえば、新しいマーケットプレイス部門で競合するアイテムを導入したいと考えている組織は、プライマリブランド名を障害から保護するため、個々のブランドは確かに会社にとって正しい選択です。

 

製品が会社に利益をもたらさない場合は、家族のブランド戦略を適用する場合と同様に、大きな財務損失については話しません。おそらく、スタンドアロンのブランドは、マーケットセグメントでトップブランドになる可能性があります。危機に瀕している間、スタンドアロンのブランドは、企業ブランドの影にならないため、あらゆる組織の命を救うことができます。個々のブランド戦略のために、消費者は災害時にそれを企業ブランドとリンクさせない。

 

さらに、スタンドアローンのブランディング戦略に取り組む企業は、組織全体のブランドイメージと評判の失敗を避けることができます。例えば、クライアントがブランド製品に対する認識を発達させる場合、それは個々のブランドにのみ影響し、ファミリーブランドの場合のようにすべての組織の製品には影響しません。同じブランド名の下にあるすべての製品に対する不利な態度のために、顧客によるブランド製品の否定的評価が売上の減少につながる可能性があることを研究者は見出した。傘のブランドは強いブランド・エクイティーと個々のブランドによって支持されなければならない評判を持っています。個人は特に、傘ブランドの下に座っているものが聴衆にプラスの影響を与えたときに、同じブランドを通して新製品を試そうとしている。

 

 

Person and family branding strategies are valuable for organizations who wish to expand their brand portfolio by launching new products available on the marketplace or accommodating the old ones. A standalone branding means individual brand names because of its distinct products while an umbrella brand includes the organisation’s products that remain under the same brand name. The umbrella or family branding strategy offers economical advantages to those firms which have created strong brand identity in the minds of the consumers. There is an assortment of reasons why a brand needs another identity. For instance, an organization want to introduce an item that will be competing in a brand new marketplace section and certainly individual branding is the right option for the company because it protects the primary branding name against failure.

In case the product does not offer gain to the company then we will not talk about significant financial losses as in case of applying family branding strategy. Most likely, a standalone brand can become the top brand in a marketplace segment. During periods of crisis a standalone brand could be a lifesaver for any organization as it will not run under the shadow of corporate brand. Due to the individual brand strategies the consumers will not link it with the corporate brand under disaster.

In addition a company which approaches stand-alone branding strategy could avoid the failure of the whole organization’s brand image and reputation. For instance if clients develop a the perception towards a brand product it’ll only affect the individual brand and not all the organisation’s products as in case of the family brands. Researchers found which negative evaluations of a brand product by its clients might lead to decrease in sales due to the unfavorable attitudes toward all products beneath the same brand name. The umbrella brand has a strong brand equity and a reputation which must be supported by its individual brands. Individuals are willing to try new products through the same brand particularly when the ones that sit beneath the umbrella branding built a positive impact on the audience.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です