menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

パーミッションマーケティング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月07日 カテゴリー:WEBマーケティング, WEBマーケティング用語 タグ:,

パーミッションマーケティング

セスのポイントは、中断マーケティングの代替手段です。許可マーケティングは、消費者が長期的なインタラクティブな広告キャンペーンに参加することを奨励するためにマーケティングをボランティアする機会を提供し、何らかの形で報酬を得てますます注目を集めます関連するメッセージ 第1章「お金が解決されないというマーケティング危機」では、大衆市場がどう死ぬかについてセスが語ります。メディアの広大な裂け目は、マーケティング担当者が単一のコミュニケーションを持つ人々のかなりの割合に達することができないことを意味します。広告の市場がますます煩雑になるにつれて、顧客を中断させることがますます困難になっています。

permission-marketing

ハンターは死の死に瀕しています。仕事が少なくなればなるほど、彼らはもっと多くを使います。予期される – 個人があなたからの聴聞を期待する場所。パーソナル – メッセージは個人に直接関連しています。関連性 – マーケティングは、見通しにとって興味深いものに関するものです。第3章「大衆広告の進化」では、同時に起こったいくつかの相互接続された社会的技術的変化の結果として、巨大ブランドと多国籍企業がどのように創造されたかについてSethが語ります。最初の変更は中断マーケターが中断する何らかの方法を必要とする産業革命であり、数千の雑誌や新聞を作り始めました。

第4章では、「市場シェアではなくクライアントのシェア」に焦点を当て、新しい顧客を見つけて中断するために現金を支払うのではなく、顧客とのシェアを拡大することに重点を置いています。これは、時には起業家の悪夢に耐えなければならないことを意味します。あなたが気を散らす消費者、またはチェリーが製品ラインを選ぶ消費者、またはあなたの会社の時間とリソースの不均衡な割合を必要とする人あなたにお金をかける。第5章「頻度が信頼と信頼を高めてどのように頻度を上げるか」では、Sethは頻度の仕組みを示しています。

許可を得ることによって、クライアントはあなたが繰り返してメッセージを送ることができるようになります。それは、それが固執して定期的に購入する可能性を高めます。ムハンマド・アリは、一度に20人を打ち抜くことによって、世界のヘビー級チャンピオンにはならなかった。いいえ、彼は1人の男を20回打ち抜いてチャンピオンになりました。どの業界においても、最も信頼されているブランドは最も収益性の高いブランドです。頻度は意識、慣れ親しみに対する意識、信頼への親しみをもたらしました。ほとんどの例外を除いて、信頼は利益につながり、許可は信頼から離れて一歩です。

Seth’s point is the alternative to Interruption Marketing is Permission Marketing, that offers the client an opportunity to volunteer to be marketed to encourages consumers to participate in a long term, interactive advertising campaign by which they’re rewarded in some way to pay attention to increasingly relevant messages. In chapter one, The Marketing Crisis that Money Won’t Solve, Seth talks about how a mass market is dying. The vast splintering of media implies that a marketer cannot reach a significant percentage of people with any single communication. As the market for advertising gets increasingly more cluttered, it becomes increasingly difficult to interrupt the customer.

Hunters are on call death, The more they spend, the less it works. The less it works, the more they spend. Anticipated- where individuals anticipate hearing from you. Personal- where the messages are directly related to the individual. Relevant- where the marketing is about something intriguing to the prospect. In chapter 3, The Evolution of Mass Advertising, Seth talks about how giant brands and multinational corporations were created as a consequence of several interconnected socio technological changes that occurred simultaneously. The first change was the Industrial Revolution where Interruption Marketers needed some way to interrupt, so that they started up thousands of magazines and newspapers.

In chapter four, Getting Started concentrate on Share of Client, Not Market Share, focuses on increasing your Share of wallet with the clients you’ve as opposed to paying gobs of cash to find and interrupt new customers. Which implies that sometimes you’ve to endure the entrepreneur’s nightmare you must fire the consumer who distracts you, or one who cherry picks your line of products, or one who requires a disproportionate percentage of your company’s time and resources because they’re going to cost you money. In chapter five, How Frequency Builds Trust and Permission Facilitates Frequency, Seth shows how frequency works.

By getting permission, the client is allowing you to drive home a message with repetition to increase the likelihood that it’ll stick plus they’ll buy regularly. Muhammad Ali didn’t become heavyweight champion of the world by punching twenty people one time each. No, he became the champ by punching one guy twenty times. In every industry, the most trusted brand is also the most profitable. Frequency led to consciousness, consciousness to familiarity, and familiarity to trust. Trust, almost without exception, leads to profit and permission is only one step away from trust.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です