menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

構造化データ | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月15日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

構造化データ

構造化データは、HTMLの意味を検索エンジンやクローラーに伝えるようタグ付けしたもので、スニペットのリッチ化を実現するものです。

51291400 - data mining (dataminig) process and big data analysis (bigdata) issue concept. analyst give you structured and relevant data. wide banner composition with bokeh in background.

data mining (dataminig) process and big data analysis (bigdata) issue concept. analyst give you structured and relevant data. wide banner composition with bokeh in background.

構造化されていない情報という語句は、一般に、従来の行の列データベースには存在しない情報を指します。期待どおり、組織化された情報とは逆です – 情報はデータベースのフィールドに格納されます。非構造化データファイルには、テキストおよびマルチメディアコンテンツが頻繁に含まれます。専門家は、組織全体の情報の80〜90%が構造化されていないと推定しています。企業内の非構造化データの数は大幅に増加しています。組織化されたデータベースが成長しているよりもしばしば数倍高速です。多くの企業は、組織化されていない情報ストアに、より良いビジネス上の意思決定に役立つ情報が含まれていると考えています。非構造化データを分析することはしばしば非常に困難です。

この問題を解決するために、企業は構造化されていない情報を検索し、重要な情報を抽出するように設計されたさまざまなアプリケーションソリューションに目を向けました。構造化されていない情報の量が急速に増えているので、多くの企業は技術的な回答にもなり、非構造化された情報をより適切に処理して保存するのに役立ちます。前述したように、非構造化情報は構造化情報の反対です。構造化されたデータは、通常、リレーショナルデータベースに存在するため、リレーショナルデータと呼ばれることもあります。組織化された情報は、これらのようなフィールドに入れられているかもしれません。対照的に、非構造化情報はリレーショナルではなく、これらの種類の事前定義された情報モデルに適合しません。

構造化データおよび非構造化データに加えて、第3のカテゴリもある:半構造化データ。半構造化情報とは、リレーショナルデータベースには存在しない情報ですが、分析が容易になる組織的な性質があります。半構造化情報のサンプルには、XML文書とNoSQLデータベースが含まれている場合があります。大きな日付という用語は、非構造化データと密接に関連しています。大きなデータは、通常のツールでは解析が困難な、大きすぎるデータセットに関連しています。大きなデータには組織化された情報と非構造化された情報の両方が含まれている可能性がありますが、IDCは大きなデータの90%が非構造化情報であると評価します。大きなデータを分析するために構築された多くのツールは、非構造化データ用に設計されています。

組織は、非構造化情報の整理と管理を支援するさまざまなアプリケーションツールを利用しています。Hadoopのようなソフトウェアは、非常に複雑で非常に複雑で急速に変化する非構造化情報と注文情報の両方のストアを処理することがあります。Business Intelligenceは、BIとしても知られています。ビジネスインテリジェンスは統計、情報マイニング、ダッシュボード、レポートツールの幅広いカテゴリにすぎず、より良いビジネス意思決定を目指すために組織化された情報や構造化されていない情報を理解するのに役立ちます。これらの計測器は、異なるソースからの情報を組み合わせて、単一のアプリケーションから見たり調べたりすることができます。

Structured data is tagged to convey the meaning of HTML to the search engines and crawlers and realizes enrichment of snippets.

The phrase unstructured information generally refers to information it doesn’t reside in a conventional row column database. As you may expect, it’s the contrary of organized information – the information stored in fields in a database. Unstructured data files frequently include text and multi-media content. Specialists estimate it 80 to 90 percent of the information across the organization is unstructured. The number of unstructured data in businesses is growing substantially – frequently often times faster than organized databases are growing. Many businesses believe that their unstructured information stores include information that might help them make better business decisions. It is frequently very difficult to analyze unstructured data.

To assist with the problem, businesses have turned to a number of distinct applications solutions designed to search unstructured information and extract significant information. Since the volume of unstructured information is growing so rapidly, many businesses also turn to technological answers to assist them better handle and store their unstructured information. As stated before, unstructured information is the opposite of structured information. Structured data usually resides in a relational database, and consequently, it’s sometimes called relational data. Organized information has been or may be put into fields like these. By contrast, unstructured information is not relational and does not fit into these kinds of pre defined information models.

Additionally to structured and unstructured data, there is also a 3rd category: semi structured data. Semi structured information is information it doesn’t reside in a relational database, but that comes with some organizational qualities that make it easier to analyze. Samples of semi structured information might include XML docs and NoSQL databases. The term big date are closely associated with unstructured data. Big data relates to excessively large datasets which are difficult to analyze with normal tools. Big data may include both organized and unstructured information, but IDC evaluates that 90 percent of large data is unstructured information. A lot of the tools built to analyze big data are designed for unstructured data.

Organizations utilization of number of various application tools to assist them organize and manage unstructured information. Software like Hadoop may process stores of both unstructured and ordered information which are incredibly large, very complex and changing rapidly. In addition known as BI, business intelligence is just a wide category of statistics, information mining, dashboards and reporting tools that aid businesses make sense of their organized and unstructured information for the aim of making better business decisions. These instruments combine information from different sources so that they can be seen or examined from the single application.