menu

検索表示回数 | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月17日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, , ,

検索表示回数

検索表示回数は、検索エンジンに上位表示された回数をいい、ページビューやクリック数などのようにページ閲覧に至っていない値も含んでいる。アクセスを促していくためにも、検索表示回数の多いキーワードをチェックし潜在的なニーズを把握しておくことは重要である。

page impressions

ちょうどあなたが広告(特にGoogle AdSense)を使って作業していた場合、ページRPMとオピニオンRPMという2つの条件に慣れます。マーケティングの基本用語を理解しているかどうかを確認してみましょう。Clicks – 広告がクリックされた回数の合計。ページビュー – ページビューは、ユーザーがサイトのページを開くたびに承認されます。どれだけの広告があっても、1ページビューとしてカウントされます。知覚は、あなたのウェブサイト上の特定のアイテムのユーザービューとして記述されます。

ページの意見 – ページの意見は、少なくともGoogle AdSenseについて話すときはページビューと同じです。広告知覚 – 訪問者が広告を見たときに広告意見が登録されます。1つのページに多数の広告が含まれている場合、1つのページビューで複数の広告が表示されることがあります。2つの広告を含むページが3回見られる場合は、3ページの閲覧と6つの広告の意見のすべてが得られます。これらの指標は両方とも、AdSense収益の算出に関して重要です。両方ともお互いに非常に匹敵するので、両者を混同するのは当然のことです。

RPMは、非常に単純に、1000回の感情ごとに獲得する推定収益の数です。これは、予測される総利益を意見数で除算した後、結果に1000を掛けて計算されます。意見は、これらのすべての指標を含む広い意味です。たとえば、5000ページビューから推定10ドルを得たとします。あなたのRPMは1000ページのインプレッションごとに$ 1000です。ページRPMは、ページビューまたはページ意見の数に基づいてRPMに関係します。インプレッションRPMは、獲得した個人広告のインプレッション数に基づいてRPMに関係します。ページRPMが一般的に使用されていますが、マーケティング担当者の中には、オピニオンRPM用のAdWordsでも入札しているものがあります。通常、この1ページに多数の広告ユニットが含まれている可能性があるため、オピニオンRPMはページRPMよりも低くなります。

The page impressions are the number of times the search engine ranked upward, including values ​​that have not reached page browsing, such as page views and clicks. In order to encourage access, it is important to check keywords with a large number of search impressions and to grasp the latent needs.

Just in case you’ve spent any period of time working with ads – particularly Google AdSense – you’ll be comfortable with the two conditions: Page RPM and Opinion RPM. Let’s take a step back first and see if we understand the very basic terms utilized in marketing. Clicks – The overall number of times an advertisement was clicked. Page view – A page view is authorized each time a user opens a page on your site. No matter how many advertisements are there, it’ll only count as one page view. Perception is described as the user view of the certain item on your website.

Page Opinion – A page opinion is the same as a page view – at least when speaking about Google AdSense. Ad Perception – An Ad opinion is registered when an advertisement is seen by a visitor. If a page contains numerous advertisements, then one page view might result in multiple ad impressions. If a page with 2 ads is seen 3 times, you get a complete of 3 page views and 6 advertisement opinions. Both of those metrics are important with regards to calculating your AdSense revenue. Both are very comparable to one another, so it’s only natural to confuse between the two.

RPM is very simply the number of estimated revenue you’ll earn for every thousand feelings. It is computed by separating the total projected profits by the number of opinions, and after that multiplying the result by 1000. Opinion is a wide term encompassing all of these metrics. Suppose, for example, that you’ve brought in an estimated $10 from 5000 page views. Your RPM will be one thousand = $2 for every one thousand page impressions. Page RPM relates to your RPM based on the number of your page views or page opinions. Impression RPM relates to your RPM based on the number of personal ad impressions you get. Even though Page RPM is the more commonly used metric, some marketers do bid on AdWords for Opinion RPM as well. Usually, Opinion RPM is lower than page RPM owing of the fact this one page might contain many ad units.