menu

メタデータ | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月18日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

メタデータ

メタデータとは、一般にデータに関するデータをいい、WEB上では検索エンジンが検索する対象のデータを要約したデータを言う。

39574683 - code syntax on a computer screen

初心者向けの検索エンジンの最適化に関するシリーズでは、Metaタグについて説明します。HTML(Hypertext Markup Language)は、Webページの作者が、メタデータを使用してドキュメントコンテンツ自体ではなくドキュメントに関する追加情報を指定できるようにします。メタデータに含まれる情報は、Googleなどの検索エンジンによってデータベースのアップグレードに使用されます。メタタグは、ヘッダタグのHTML文書の上部近くに配置されることがよくあります。W3Cによると、各META要素はプロパティ\ /値のペアを指定します。name属性はプロパティを決定し、content属性はプロパティ値を指定します。

インターネット検索エンジン索引付けのための最も重要なメタタグは、キーワードメタタグと説明メタタグの両方です。メタタグ – キーワードは、問題のウェブページの内容を最もよく説明するキーワードまたはキーフレーズをリストします。Googleの支配的なインターネット検索エンジンの状況では、説明メタタグはより重要で関連性が高い。ウェブページの説明メタタグは、他の検索エンジンと一緒に、ウェブページの内容をまとめたものです。理想的にはいくつかの単語から成っているはずのページのタイトルとは異なり、アウトラインメタタグは文章または簡単なパラグラフでもよい。

Description Metaタグが非常に重要な主な理由は、Googleが検索結果ページにサイトのリストを表示する際にページ上にスニペットとして使用することになるためです。Googleのインターネット検索エンジンでは、ページのテキストコンテンツがユーザーの質問にもっと役立つことに気づいた場合、Googleはウェブページのテキストコンテンツからスニペットを表示することがあります。したがって、ウェブマスターと検索エンジンの最適化コンサルタントがこのタグを最大限に活用することをお勧めします。よく作られたメタタグも、ページのランキングに影響を与えるかもしれません。ユーザーがGoogleのインターネット検索エンジンでキーワードを検索すると、キーワードの説明ラベルが太字で表示されます。

結果が対応するキーワードを持っていて、それが関連しているならば、これは捜索者のヒントをすぐに与える。適切なメタタグを使用すると、クリックスルーが増加し、トラフィックが増加する可能性があります。メタタグの説明を作成するときは、私は頭を悩ます必要がありません。情報タグに正確にページを記述してください。説明メタタグは検索エンジンとユーザーの両方を支援し、サイトのコンテンツとタイトルと一致する必要があります。WYSIWYG編集者が提供する一般的な説明やデフォルトの説明は避けてください。無関係な説明を追加しないでください。これは衝撃的であり、検索エンジンはそれを軽く感じないかもしれません。

Meta data generally refers to data, and on the WEB it refers to data summarizing the data that the search engine searches.

Continuing on our series on Search engine optimization for beginners, we’ll discuss Meta tags. Hypertext Markup Language or HTML allows writer of a web page specify additional information about the document as opposed to the doc content itself using Meta data. The information that’s in the Meta data is employed by search engines like Google to upgrade their database. The Meta tags are often Situated near the top of the HTML doc in the Header tag. According to W3C, Each META element specifies a property\/value pair. The name attribute determines the property as well as the content attribute specifies the property value.

Both most crucial Meta tag for internet search engine indexing are the key words as well as the description Meta tags. The Meta tag – Key words lists the key words or key phrases that best describe the content of the webpage in question. In circumstance of Google the dominant internet search engine, Description Meta tag is a lot more significant and relevant. A webpage’s Description Meta tag supplies Google along with other search engines a summation of what the webpage is about. Unlike a page’s title that ought to ideally consist of several words, an outline Meta tag may be a sentence or brief paragraph.

The main reason the Description Meta tag is very significant is because Google might decide to put it to use as a snippet on your pages when showing your site listing on search results page. In case, Google internet search engine notices that the page text content is more useful to the user’s question then Google might show that snippet from the webpage text content. So it is advisable that webmasters and Search engine optimization consultants make the best utilization of this tag. A well crafted Meta tag might also make a difference to page rankings. When a user looks for a keyword in Google internet search engine, the results show description label by keywords in bold.

This instantly gives searcher hints if the result has the corresponding keywords and if it’s relevant. A proper Meta tag can also leads to higher click through and therefore more traffic. Few points must be kept I head when creating meta tag description. Describe the page precisely in the information tag. Description Meta tag assists both search engines and user likewise so it must match your site content and title. Avoid generic or default explanation supplied by WYSIWYG editors. Never add unrelated explanation, this is bombarding and Search Engines might not take it lightly.