menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランドエクスペリエンス/ブランディング用語

公開日:2017年01月18日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201306012000

ユーザーの遭遇がなければ、ブランドは何も意味しません。あなたは、ソフトウェアデザイナーとあなたとブランディングが関係していることを考えているかもしれません。 UIは、優れたユーザー遭遇を作成するために使用されるツールとプロセスを必要とします。私たちの設計努力は、仕事を遂行し、消費者に好意的な出会いを提供することに焦点を当てています。同じように2つの顧客の困難に接近することはできません。同様の方法でユーザーの問題を解決することもできません。多くの設計者は、UIをマーケティングとは無関係であると言い、言い換えれば、その問題ではないと考えています。インタラクションデザインを使用して一流のユーザーエンカウンターを開発したい場合は、相互作用が常にブランドと一致していることを認識する必要があります。

インターネット対応のWebサイト、アプリケーション、およびデバイスを介してクライアントとのみ通信するビジネスの場合、インタラクションデザインで効率的なブランドを約束する方法を理解することが不可欠です。関係を設計し、経験を導くことは、インタフェース設計や使い勝手の技を超えている。インターネットサイトが一流のクライアントサポートを誇っている場合、インターフェイスデザインによってスムーズかつ簡単に代理店に連絡できますが、オペレータは失礼で無益ですが、ユーザーには遭遇しますか?明らかにそうではありません。この場合、ユーザは単に騙されていると感じるので、悪い味を残しているだけではなく、全体的な経験に不満を感じるので、それはかなり悪いことです。

これがデザイナーにとって何を意味するかは、あなたの顧客が自分の仕事を違うように強制するべきではありませんが、得られることをユーザーに正確に伝えなければならないということです。マーケティングの要素と最終的にはユーザーエクスペリエンスの要素があります。これらはデザイナーとしての手によるものです。デザイナーは、ターゲットとするデザイン、審美的な配達、細部への配慮などにより、より良いユーザーエクスペリエンスを目指すための強力な進歩を遂げていることは間違いありません。インテリアデザインかインタラクションデザインかにかかわらず、デザイナーとしてのあなたの仕事は、特定の問題に対する典型的な効率的なソリューションを構築することです。それらは相互依存コンポーネントであり、ソフトウェア設計とユーザーエクスペリエンスにおいて非常に重要です。

インターフェイス設計により、ユーザーに会うか、会社の持つ情熱を説明することはできません。偉大な出会いを生み出すために明確なデザインと文脈上の単純さを使用する典型的なサイトの例を見てみましょう。確かに、アップロードパイのデザインは使えるが、優れたユーザーエクスペリエンスを作り出すには半分の戦いだった。多くのデザイナーにとって、キャラクターとキャラクターはUIデザインで対処した最後の要素になります。簡単に言えば、ユーザーの利便性を高め、楽しいものにすることができます。

Without good user encounter your brand means nothing. You might be thinking what branding has to do with you the software designer. UI calls for the tools and processes used to create a good user encounter. Our design efforts are focused at executing a job and supplying the consumer with a favorable encounter. We can’t approach any two customers difficulties the same way, nor may we hope to resolve their user encounter issues in the same fashion. Many designers think of UI as unrelated to marketing or to paraphrase: not their problem. If you desire to develop a top notch user encounter using interaction design you need to realize that interaction is constantly with the brand.

For businesses who only communicate with their clients via Internet enabled web sites, applications, and devices, it is vital to understand how to imbue an efficient brand promise in your interaction design. Designing relationships and guiding experience is over interface design or usability tricks. If an internet site boasts top notch client support, if the interface design causes it to be smooth and simple to get in touch with a representative, but the operator is rude and unhelpful, is the user encounter nonetheless good? Clearly not. In this case, it is considerably worse than simply a leaving bad taste, since now the user feels deceived and for that reason unhappy with the overall experience they’d.

What this means for a designer isn’t really that you should force your customers to do their job differently, but that you must try to accurately communicate to the user what they’ll be getting. There are elements of marketing and eventually of user experience which are simply from the hands as a designer. Designers definitely have the skill to make strong strides toward better user experience with targeted design, aesthetic delivery, and thoughtful consideration to detail. Whether its interior design or interaction design, your job as a designer is to build a typical efficient solution to a particular problem. They’re inter dependent components and are extremely important on software design and user experience.

With interface design, we don’t have a possibility to meet our users or explain the passion the company can have. Let us look at a typical example of a site that uses clear design and contextual simplicity to generate great encounter. Sure, the Upload Pie design is usable, but which was only half the battle to create a good user experience. To many designers, character and character will be the last element they addressed in UI design. In a nutshell, you build better user encounter by making it both helpful and enjoyable.