menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

企業ブランディング/ブランディング用語

公開日:2017年01月18日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

gf01a201503280600個人は最終的に座って、企業間マーケティングの動きに気付き始めました。より多くのビジネスは、戦略的なアドバイス、広告のアイデア、革新的なソリューションを提供し、Cスイートの顧客を獲得するために、専門のビジネスからビジネスエージェンシーに目を向けています。アジアでは、消費者向け広告とビジネス向け広告との差別化はあまり明確ではありません。多くのプロモーションディレクターやコーポレートコミュニケーション監督者は、ビジネスエージェンシー向けのフルサービスビジネスのプロフェッショナルサービスを求めるのではなく、プロモーション、イベント、またはPR機関に、さまざまなプロモーションサポートプロジェクトを少しずつアウトソーシングしています。

これらの企業が広告ニーズが最適に満たされていないと感じているのは驚くべきことですか?多くの従来のサービスは、消費者向け広告に根ざしており、包括的ビジネスからビジネス促進プログラムを開発するために必要な専門知識を持っていません。いくつかの重要な特徴は、企業間マーケティングと大量マーケティングを区別し、あらゆる企業間マーケティング努力に大きな差異をもたらす可能性があります。消費者向け広告では、ターゲットは人物です。ビジネスからビジネスへの広告では、意思決定の連鎖に沿って任意の数の個人をターゲットにすることができます。そのうちのいくつかはあなたと同じ国にいない可能性があります。実際の意思決定者が誰であるかを知ることは常に役立ちます。

多くのBusiness to Business広告プロフェッショナルはCスイートを対象にしていますが、サービスや製品をあなたの会社から注文する必要があるかどうかについて最高の決定を下すCEOアシスタントが時々あることに気付きません。どちらにせよ、彼女はマーケティングやセールスの試みを何人も務めるゲートキーパーである可能性があります。数百万ドルの産業用倉庫やコンサルタント・サービスを販売しているかどうかにかかわらず、顧客と接する従業員のすべてがあなたのブランドです。一方、B2B企業は、自社のブランドがブランドの大使が行ったときに顧客が去ることのないように十分に強固であることを確認する必要があります。

妥当性を検証し、価値の定量化を定量化することさえも、あらゆるB2B企業にとって非常に重要です。ビジネスから消費者へのマーケティングとは異なり、常に心に魅力的であり、心には魅力的ではありません。ある企業から他の企業への提供がほぼ均質または商品化されている成熟したB2Bセクターでは、価値の提案はコアサービスまたは製品に関するものではなく、価値の追加または改善に関するものです。企業のブランド構築は、ビジネスツービジネス企業のための新しいビジネスオファーを閉じるときに便利です。個人は、比較的知られていないものと比べて、マスターが知っている真新しいプロバイダー、ベンダーまたはアドバイザーを勧めています。

Individuals are finally starting to sit up and notice the company-to business marketing movement. More businesses are turning to specialist Business to business agencies for tactical advice, advertising ideas and innovative solutions to achieve and woo C suite customers. In Asia, the differentiation between consumer advertising and Business to business advertising is less clear. Many promotion directors as well as corporate communications supervisors are still outsourcing various promotion support projects on a piecemeal basis to promotion, event or public relations agencies as an example, rather than seeking the professional services of dedicated full service Business to business agencies.

Can it be surprising then these businesses feel their advertising needs are not optimally met? Many conventional services have their roots in consumer advertising and don’t have the expertise needed to develop all-inclusive Business to business promotion programmes. Several important characteristics distinguish Business-to-business marketing from mass marketing, and could make all the difference to any Business-to-business marketing effort. In consumer advertising, your target is a person. In Business to business advertising, you may be targeting any number of individuals along the decision making chain, a few of whom might not be situated in the same nation as you! It is always helpful to find out who’s the real decision maker.

Many Business to business advertising professionals only target the C suite, but fail to realize that occasionally, it’s the CEO assistant who makes the supreme determination on whether they should order services or products out of your company. Either that, or he\/she could be the gatekeeper who foils any number of the marketing and sales attempts. Every one of your employees who come into contact with your customer is your Brand, whether you are selling multi million dollar industrial warehouses or consultant services. On the other hand, Business-to-business companies should make sure that their company brands are strong enough that their clients do not leave when their brand ambassadors do.

Validating And much even quantifying one’s value proposition is critical for any Business-to-business company. Unlike Business-to-consumer marketing, it’s always about appealing to the mind, and not to the heart. In mature Business-to-business sectors, where the offering from one company to another is nearly homogeneous or commoditised the value proposition is not as about the core service or product and more about the value add or improvements. Corporate brand building definitely comes in handy when closing new business offers for Business-to-business companies – individuals are much more comfortable recommending a brand new provider, vendor or advisor that their masters have heard about, versus one that’s relatively unknown.