menu

UX ユーザーエクスペリエンス | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月19日 カテゴリー:WEBマーケティング, WEBマーケティング用語 タグ:, , ,

UX ユーザーエクスペリエンス

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、ある製品を使ったときに得る体験すべてのことを言います。UI(ユーザーインターフェイス)やユーザビリティなどよりも広い概念で、個別の機能や使いやすさだけでなく、ユーザがやりたいことを快適にできるかどうかを重視します。スマートフォンの指の使い方などがその典型と言えます。

user experience

事実、利用可能な広範な情報の中で、ユーザーは、ニーズと問題に正確に適合し、かつ関連性と信頼性が高い、明確で具体的なコンテンツを探しています。ブランドは、ターゲット市場を最適に分割するツールやアプリケーションを使用する際に信頼できる情報の供給源として、ユーザーが求める特別な情報を提供することに集中しています。新しいユーザーを引きつける最も効果的な方法は、彼らの献身と献身を理解し、報酬を与えることです。そして、それを使って、略奪のルールがほとんど無料のものになります。

ユーザーが作成したコンテンツはまだまだ伸び続けていますが、2016年の方が大きくなる可能性があります。デジタルツールや洗練されたアプリケーションがあれば、ユーザーは優れた写真家、カメラマン、ウイルスコンテンツのソースになるでしょう。ネットワーク上にソリューションを作成するコンテンツは、現実の人々である気持ちの良いブロガーに、気持ちの良い気持ちでコンテンツを提供することで、顧客の意見や認識、サービスや商品の画像に影響を与えることになります。誰も1分半以上の動画を読んだり、作成したり、視聴したりするのが好きではありません。

今年のコンテンツプロモーションには、ビデオコミュニケーション、ビデオ提案、ビデオが表示されます。教育、エンターテイメント、サービスや製品のデモンストレーションなど、ストーリーを伝えるビデオフォーマットは非常に人気がありますが、現在ではより短くダイナミックなタイプになっています。ますます増え続けるビデオの必要性は、ビデオコンテンツをインターネットサイト上で即座に生放送で編集することなく転送するアプリケーションによってサポートされる可能性があります。ライブストリームアプリケーションやコンテンツ、潜望鏡、blab、meerkatのプレゼンテーションの選択肢は、実際には絵からのストーリーのためのユビキタスツールであり、この2016年にはデジタルオンラインマーケティングキャンペーンの必要な部分になります。情報過多の時代に、ユーザーの関心を引きつけておくことが難しい場合、ビジュアルコンテンツの利用はデジタルコンテンツマテリアル広告戦略を改善する良い方法です。この種のコンテンツを簡単に作成するためのツールを備えたアニメーションGIFやスマートフォンの利用をFacebookに許可したことで、2016年にはコンテンツ広告戦略を完全に実装することが期待されます。

UX (User Experience) means all the experiences you get when using a product. It is a wider concept than UI (user interface) and usability, and emphasizes not only individual functions and usability, but also whether you can comfortably do what you want to do. How to use fingers of smartphone etc is typical.

In fact in an extensive range of information available, users are searching for that definite and specific content that precisely fits their needs and problems and in the same time relevant and reliable. Brands are pushing concentrate on supplying special information that users seek along with position themselves as a supply of info that may be trusted when using tools and applications which will best segment the target market. The most effective way to bring new and keep old users is to understand and reward their dedication and devotion and with it the rule of betrothal equals nearly free stuff will come true.

User generated content continues to be growing for some time now yet this year 2016 may be bigger because with reachable digital tools and sophisticated applications which will give each user the power in becoming a good photographer, cameraman and source of viral content. Content that creates solutions on the networks will make bloggers who’re real people to raise and content with good feelings will give users impact on customer opinion, perception as well as on picture of a service or merchandise. Nobody likes to read or form as well as watch videos longer than one minute and a half.

This year content promotion will be marked with video communications, video suggestions, video. Whether it comes to education, entertainment or demonstration of services and products, video formats that tell a story will remain very popular, but now in a shorter and much more dynamic type. The growing need for video may be supported by applications that transfer video content on internet sites instantly live and without editing. Live stream applications and choices for presenting content, periscope, blab, meerkat are actually a ubiquitous tool for story telling from the picture and in this 2016 they’ll be a necessary part of digital online marketing campaigns. In an age of info overload when it’s challenging to bring and keep the attention of users the utilization of the visual content is a good way to improve the digital content material advertising strategies. With Facebook that has finally allowed the utilization of animated GIFs and smartphones that are equipped with tools for easy creation of this kind of content you may expect full implementation of content advertising strategies in 2016.