menu

ブランドスタイル/ブランディング用語

公開日:2017年01月20日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

 

lgf01a201404250700あなたのブランドまたは会社の性格に関するものです。あなたが少し物事を活気づけたいなら、あなたはあなたのブランドがどんな種類の車になるか、どんな種類のビスケットか、何かを尋ねるかもしれません。これにより、企業間セグメンテーション全体で比較可能な音声のトーンが得られます。信じられないほどのブランド価値と音声のモジュレーションはフィクションの仕事にはなり得ません。あなたの声は、自分だけでなく、現実と一貫していなければなりません。それがあなたが常に書くか話す方法と調和しているならば、音声のモジュレーションを遵守する方がはるかに簡単です。

したがって、あなたのITサポート会社が崖っぷちであれば、男性的、そしてすべてのビジネスがあなたのトーンになります。語彙は単なる言葉の選択に過ぎず、あなたはどのような言葉をあなたの声調に使うことができ、使用できないのかを規定したいと思うかもしれません。音声の筆記されたモジュレーションは、まれにあらゆる状況で同じです。人々が彼らの子供にするよりも彼らの同僚と異なって話すことができるように、ブランドは様々な言葉のレジスタを持つ必要があります。

簡単に言えば、このテキストは、音声の認識可能な単一の変調を持たないため、通信はほぼ完全に無効になります。音声の記述は、書かれた言葉全体を通して表現されているように、あなたのブランドやビジネスの特性に過ぎません。トーンの声は、あなたが書いて言うこと、そしてあなたがそれを言う方法、すなわちテキストコミュニケーションの内容、ファッション、あらゆる環境、あらゆる媒体を規制します。音声の書かれたモジュレーションを処理することは、外部および内部のコミュニケーション全体にわたって統一されたパーソナリティを実現するための不可欠な部分です。ブランドやビジネスに効果的な声を与えることは、NLPの用語では、堅さ、信頼性、正直さの影響を与え、コミュニケーションを一致させる可能性があります。

反対側では、声の矛盾した音色は、無意識のレベルであっても読者が不快感を見ることになる、不協和音の自己絡みの印象を提供します。組織には、それぞれ独自の音声の変調を持つ多くのブランドが存在する可能性があります。音声のブランドトーンは、同じビジネスに属する他のブランドとはまったく同じではないかもしれません。ブランドコンテンツと企業コンテンツのオーディエンスは、完全に区別され、重複はありません。また、さまざまなタイミングで、またはさまざまなシナリオで同じオーディエンスに向けられることもあります。ボイスの個々のブランド調整はおそらく企業のトーンよりもはるかに速く発展しているかもしれませんが、企業の音声のモジュレーションはモノリシックであり、組織の変わらない価値観や企業文化を示しています。

音声のモジュレーションを考慮する最も簡単な方法です。

 

Put simply, this text doesn’t have single, recognisable modulation of voice – which makes the communication nearly totally ineffective. Written modulation of voice is just the character of your brand or business as expressed throughout the written word. Tone of voice regulates what you say in writing, and the way you say it – the content as well as fashion of textual communications, in any environment and in any medium. Handling written modulation of voice is an integral part of realizing a unified personality across your entire communications, external and internal. Giving a brand or business an effective voice provides an impact of firmness, reliability and honesty, in NLP terms, it may make communication congruent.

On the flip side, inconsistent tone of voice provides dissonant, self confounding impression that readers will see discomfiting, even when only on an unconscious level. An organization could have many brands, each with its own modulation of voice. Brand tones of voice may be completely not the same as other brands belonging to the same business, or from the company’s corporate tone. The audiences for brand as well as corporate content may be completely distinct, with no overlap whatsoever – or they may be aimed in the same audience at various times, or in various scenarios. An individual brand modulation of voice is probably to develop much faster than a corporate tone, maybe to remain consistent with shifting customer expectation, while corporate modulation of voice is more monolithic, indicating the unchanging worth or corporate culture of the organisation.

The simplest way to consider modulation of voice is with regards to the character of your brand or company. If you wish to liven things up a little, you might try asking what kind of car your brand will be, or what kind of biscuit, or whatever. This results in broadly comparable tones of voice across the Business-to-business sector. Believable brand values and modulation of voice cannot be a work of fiction. Your tone of voice must be consistent with reality, as well as with itself. It is much easier to adhere to a modulation of voice if it is in harmony with they way you constantly write or speak.

Therefore if your IT support firm is bluff, masculine and all business make that your tone. Vocabulary is merely the selection of words, and you may like to stipulate what kind of words can and cannot be used in your tone of voice. Written modulation of voice is seldom the same in every situation. Just as people might talk differently to their co-workers than they do to their kids, so brands need to have various verbal registers.