menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

アドテクノロジー | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月21日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:,
69064141 - business, technology, internet and network concept. young businessman working in virtual reality glasses sees the inscription: ad campaign

business, technology, internet and network concept. young businessman working in virtual reality glasses sees the inscription: ad campaign

ソーシャルネットワークチームは、多くの個人がNeweggにTwitterメッセージを送ったということを多くの人が知らせていたことを、Breitbart News Networkに掲載した理由を疑問視しています。これは、Alt権利で人気のあるポピュリズムのウェブサイトで知られています。白い覇権の教義か、彼らは従来の保守主義を拒絶すると言います。この会合では、Twitterのメッセージが大声で読み上げられました。あなたの広告は、憎悪を伝播し、白人の国家主義のBreitbartニュース記事に挿入されます。NeweggはBreitbartの広告を知らなかったが、同社はAlegabet Inc.のGoogleと提携した自動広告購入の一環として広告が急速に発見されたと付け加えた。サイトの

Neweggはそれ以来、Breitbart Newsに広告を掲載する必要のないウェブサイトの要約にBreitbart Newsを追加したという。他の広告主は、食品事業ケロッグ(Kellogg Co.)、保険会社Allstate(Allstate)、アイウェア事業のウォービー・パーカー(Wearby Parker)を含むソーシャルネットワークを使用している個人からの圧力を受けて、Breitbartから広告を引っ張ったと言います。グルーミング機器事業を含む他の企業ブラウンも、Breitbartでのマーケティングを中止したとの声明をTwitterに掲載している。Allstateは、Breitbart Newsを今後自動化された広告購入から除外するとのトゥイートを述べた。ウォービー・パーカーのスポークスマンは、同社はBrietbartに広告が掲載されることを積極的に防止するようになったと述べた。

眼鏡会社は、その広告は、それが動作する第三者の広告会社を通じてサイトに掲載されたと述べた。Breitbartの最高経営責任者(CEO)、ラリー・ソロフ氏は、Neweggの会合で大声で読んだツイートについて、私たちは白人ナショナリストではない、と語った。Digidayは以前、Breitbartから広告を取り除くマーケティング担当者について書いていました。Breitbartの状況は、広告技術の問題と起業家のためのリスクに焦点を当てています。洗練されたオンライン広告購入技術を使用して、多くのマーケティング担当者は特定のウェブサイトに広告を掲載するのではなく、特定のユーザーの前に広告を掲載して、ウェブを移動します。

この技術は、マーケティング担当者が積極的にそこに現れないようにしなければ、意図しない場所で広告が表示されることがあるため、リスクがあります。意図しないウェブサイトでの広告宣伝広告主のバイヤーの一人は、購入するプログラマティックなものがあるかどうかは、コントロールの欠如に関する疑問をもう一度提起する。広告会社の専門家によると、マーケティング担当者が自動広告を表示するサイトを指定しない限り、特定のサイトに広告が表示されないようにするための安全な方法はありません。オンライン広告会社は、実際に広告が表示されるウェブサイトを偽装するかマスクすることがあります。

The social network team alerted the group that many individuals had sent Twitter messages to Newegg wondering why the business was marketing on Breitbart News Network, a website known for scorched earth populism that’s popular with the Alt right, a lose conglomerate of far right groups that espouse tenets of white supremacy or say they reject conventional conservatism. Throughout the meeting, a Twitter message was read out loud saying: Your ads are inserted in hate propagating, white nationalist Breitbart news articles. Newegg didn’t know its advertisements were on Breitbart, the individual said, adding that the company rapidly discovered the advertisements got there as part of an automated advertisement purchase Newegg had placed with Alphabet Inc.’s Google, which helps marketers put ads across thousands of sites.
Newegg has since added Breitbart News to a summary of web sites on which it doesn’t need its advertisements to appear, the person said. Other advertisers say they’ve pulled advertisements from Breitbart following mounting pressure from individuals using social network, including foods business Kellogg Co., insurer Allstate and eyewear business Warby Parker. Others, including grooming equipment business Braun also have posted statements on Twitter saying they’ve ceased marketing on Breitbart. Allstate said in a tweet that it’d exclude Breitbart News from its automated advertising buys in the future. A Warby Parker spokesman said the company has become actively preventing its advertisements from appearing on Brietbart.

The eyewear company said its advertisements appeared on the site through a 3rd party advertising company it works with. Traffic to the website happens to be at an all time high, Mr. Regarding the tweet read out loud at the Newegg meeting, Breitbart chief executive Larry Solov said, We are not a white nationalist site. Digiday earlier wrote about marketers removing advertisements from Breitbart. The situation at Breitbart is bring into sharp focus the problems of advertisement technology and the risks for entrepreneurs. Using sophisticated on-line ad buying technology, many marketers now pay to place advertisements in front of particular users as they move around the web, as opposed to placing advertisements on specific websites.

The technique presents risks, as advertisements can occasionally appear in some unintended places, unless marketers proactively prevent from appearing there. Advertising turning up on unintended web sites Raises yet again questions regarding the lack of controls there certainly are with programmatic to purchase, said one major ad buyer. According to ad company professionals, unless marketers specify which on sites their automated advertisements should appear, there isn’t a fail safe way to quit advertisements from appearing on specific sites. Online advertisement firms sometimes disguise or Mask the web sites on which advertisements will in fact appear.