menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランド企業の利点/ブランディング用語

公開日:2017年01月21日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

20151225171856

広告の世界では、ブランディング、ブランド再構築、ブランド戦略が重要です。定義済みのブランド戦略がなければ、広告キャンペーンを成功させることは期待できません。一部の企業は大規模なブランディングキャンペーンを実施しており、一部は無視されており、他の企業はマーケティング担当者が想像していたよりも成功を収めています。あなたが会社のブランド化が急務である場合は、おそらく非常に成功したブランド再構築キャンペーンがあなたに影響を与える可能性があります。マクドナルド・ノー・ワンはラヴィン・イットです。問題:マクドナルドは、世界的に好まれるジャンクフードの飲食店だったが、1990年と2000年にかけて、公的敵1番となった。

コーヒーや漬け物は貧弱でしたが、人々が食品の栄養価に集中するようになると、物事はひどくなりました。 Morgan Spurlockの「Super Size Me」ドキュメンタリーが暴走したとき、このジャンクフードの巨人は数十億ドルの売り上げを失うように見えました。マクドナルドを1ヶ月間摂取したものがスパルロックに行ったことを個人が見たときに、人々はスーパーサイズのビッグマックを引き出し、嫌悪感を持って揚げていた。 Spurlockが栄養上の問題のみに焦点を当てていた場合、その結果は悪くないかもしれませんが、彼はマーケティングにおける子供の競争力のあるターゲティングのために会社を攻撃しました。

両親がマクドナルドが脳を洗って糖尿病を発症していることを知ったとき、マクドナルドは大きな人口を失う前にすぐに行動することを知っていました。ブランド戦略:健康食品の宣伝、健康的なメニューオプションの追加、家族に集中する広告の拡大、遠くの健康的な幸せな食事の子供のターゲット設定。結果:多くの人がマックドナルドのサラダ、スムージー、グラノーラに脂肪と砂糖を摂取していると批判しましたが、ブランド変更キャンペーンは夢のように機能しました。笑顔と幸せにサラダを食べるさまざまな背景の人を見せてくれた皆さんは、ミッキー・デーをオープンアームで迎えてくれることを嬉しく思います。彼らはまた、彼らのマーケティング計画を少し微調整することによって、彼らの子供のマーケティングのジレンマを巧みに解決しました。彼らは同じレベルの広告を維持しましたが、コンテンツは変わりました。彼らは子供たちに食べることの利点を示していることを考えれば、はるかに少ない人々が彼らの昇進実践を批判しています。教訓:批評を無視したり、目に見えないようにしようとするのではなく、マクドナルドは賢明であり、個人が何を言っているかに注意を払っていました

In the world of advertising, branding, re branding, and brand strategies are king. Without a defined brand strategy you should not expect to have any sort of successful advertising campaign. Some companies have executed grand re branding campaigns, some have neglected and others happen to be more successful than marketers imagined they could ever be. If you are company is in urgent need of a brand makeover, perhaps a story about an extremely successful re branding campaign can inspire you. McDonald’s-No One is Lovin It. Problem: McDonald’s used to be the world’s favored junk food eatery, but throughout the 1990 and 2000 they became public enemy number one.

Scalding coffee and pickles were poor enough, but when folks started focusing on the nutritional value of their foods things got horrible. When Morgan Spurlock’s Super Size Me documentary became a runaway hit, it seemed like this junk food giant was going to lose billions in sales. When individuals saw what eating McDonald’s for 1 month did to Spurlock, people were pulling out their super sized Big Mac and fries with disgust. If Spurlock only focused on nutritional problems the consequence may not have been as bad, however he also attacked the firm for their competitive targeting of kids in their marketing.

When parents found out that McDonald’s was brain washing their children and giving them diabetes mellitus, McDonald’s knew they’d to act quickly before they lost a big demographic. Brand Strategy: Promote health foods, Add healthful menu options, Make more advertisements that concentrate on families, Target children with far healthy happy meals. Outcome: Although many individuals criticized McDonald’s salads, smoothies, and granola for being loaded with fat and sugar, their rebranding campaign worked like a dream. When they showed individuals from diverse backgrounds smiling and happily eating their salads, folks were happy to welcome Mickey Ds back with open arms. They also cleverly solved their kids marketing dilemma by slightly tweaking their marketing plan. They maintained the same level of advertising, however the content got a makeover. Given that they are showing children the advantages of eating well, far less folks have been critical of their promotion practices. Lesson Learned: Rather than ignoring critique or attempting to stamp it out of sight, McDonald’s was smart plus they paid attention to what individuals were saying.