menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

デジタル広告

公開日:2017年01月22日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:

digital advert

デジタル時代のマーケティングは過去とはまったく異なっています。商品の種類、キャンペーンの目標、ターゲットオーディエンスの性質と正確な位置、予算、競合に基づいて、広告主の意思決定手続きに影響を与えるさまざまな新しい変数があります。有料メディアは、広告主が特定のスペースまたは時間を購入する従来のマーケティングを指す。2つの広告時代のジャーナリストがそれを述べると、獲得したメディアの行動は、プロのジャーナリストのレポートから、インターネットサイトとともにブログのパターンまでのすべてを構成します。次の段落では、起業家が現在の顧客や将来の新規顧客にアピールするための主要な道を示します。検索エンジン、プレミアムマーケティング担当者、マーケティングネットワーク、マーケティング取引所、ソーシャルネットワークを通じて、

検索は、フラットスクリーンテレビのような商品や、豚インフルエンザの死などのニュース科目の両方で行われます。マーケティング担当者にとっては、オーガニック検索でトラフィックを集めるだけでなく、マーケティング担当者が最終的にそのサイト運営者のオーディエンスを達成できるチャンスを提供することができます。検索者が検索フィールドで豚インフルエンザ死亡者を入力したときにペーパー記事へのリンクが表示された場合、検索者がペーパーリンクをクリックした場合、その論文は、ページ。ニュースパブリッシャーの問題の中には、検索された言葉が現在のイベントに頻繁に適合しないということがあるため、インターネット検索エンジン広告の機会が少なくなっています。

したがって、多くのマーケティング担当者は有料検索広告の第2の戦略にも目を向ける。Googleは、インターネット検索エンジンに接続したマーケティングを通じて収益の最大パーセンテージを獲得しているにもかかわらず、YouTubeやGoogle Mapsなどのサイトを通じて広告を出版社として販売することにも大きく関わっています。オンライン広告の世界は、広告主がプレミアムとして特定するマーケティング担当者と、オーディエンス企業が望む他のマーケティング担当者の間で、メディア購入者と直接つながる能力はほとんどないマーケティング担当者に分かれています。一部のマーケティング担当者は、マーケティング担当者に、クリックごとの費用またはアクティビティごとのコストを提示します。

ほとんどの出版社は、広告インプレッションを1,000インプレッションあたりのコストで販売しています。インタラクティブなビジネスは、PCに配信される基本的なマーケティングユニットとしてのインパクトを定義します。多くの場合、サイト運営者は視聴者の名前と電子メールアドレスを知っているかもしれませんが、広告主からこのような個人を特定できる情報を保持しています。目標は、マーケティング担当者が特定のタイプの人々を匿名で達成するのを支援することです。サイトは、オーディエンスサイエンスのような分析会社を利用して、マーケティング担当者がなぜ興味をそそられているのかを知るために、視聴者情報を網羅的に分析しています。

Marketing in the digital era works very differently than in the past. A number of new variables weigh in on an advertiser’s decision making procedure based on the merchandises, goals of the campaigns, nature and precise location of the target audiences, budgets, and rivalry. Paid media refers to traditional marketing, wherein advertisers buy particular space or time. As two Advertising Age journalists put it, earned media actions comprise Everything from the reportage of professional journalists to the patter of blogs along with internet sites. The next paragraphs sketch key avenues by which entrepreneurs are now reaching out to current clients and prospective new customers! through search engines, premium marketers, marketing networks, marketing exchanges and social network.

Searches are done both for merchandises like Flat screen tvs as well as for news subjects like Swine influenza deaths. For marketers, the organic search may bring them traffic as well as finally offer a chance for marketers to achieve that publisher’s audience. If a link to a paper article turns up when a searcher types Swine influenza deaths in the search field along with if the searcher clicks on the paper link, the paper has a chance to earn advertisements revenue by serving an advertisement to the individual going to the page. Among the problems for news publishers is the words searched do not frequently fit with current events, and so there’s less opportunity for internet search engine advertising.

Many marketers therefore also turn to the second strategy, paid search advertising. Despite the fact that Google makes the largest percentage of its revenues through marketing connected to its internet search engine, it is also greatly involved with selling advertisements as a publisher through its sites like YouTube and Google Maps. The on-line advertising world is divided between marketers that advertisers identify as Premium and an ocean of other marketers with audiences companies might want, but with much less capability to connect with media buyers directly. Some marketers provide positions to marketers on an expense per click or cost per activity basis.

Most publishers sell advertising spots on a cost per thousand impressions basis. The interactive business defines an impact as a fundamental marketing unit that’s delivered to a pc. In a lot of cases, the publisher may know an audience member’s name and e-mail address, but keeps such personally identifiable info from the advertiser. The goal is to assist marketers achieve certain types of people anonymously. Sites hire analytics firms like AudienceScience to perform exhaustive analysis of their audience information with an eye toward showing why marketers must find their visitors especially intriguing and therefore pay a lot to reach them.