menu

ブランド拡張/ブランディング用語

公開日:2017年01月22日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201501050400

ブランド拡張は、現在、多くの企業にとって普遍的な増加戦略です。その使用に対する懸念は、メーカーブランドにとって十分に記録されています。商人がブランドをどのように拡張するかについてはほとんど知られていません。小売業者は、製造業のブランドを拡大するためにはっきりとした選択肢を持つこととは全く異なる立場にあるにもかかわらず、ブランド拡張を戦略的な計画ツールとして機能させることに焦点を当てた研究はほとんどなく、特に商人にとっては援助はほとんどありません。従来のカテゴリ分類モデルは、小売市場の現代的な洗練を反映しておらず、小売業者が現在ブランド拡張を得るために必要なすべての可能性について適切な指針を与えるものではない。

すべてのブランド拡張が商品エントリーの一種であるにもかかわらず、すべての商品エントリーがブランド拡張ではありません。お問い合わせは – これらの小売業者はどのようにブランドを拡張できますか?いくつかの作家は、ブランド拡張は、ある商品クラスで作成されたブランド名を使用して別の商品コースを入力することを含み、ライン拡張は同じ商品タイプで新しい商品として認識されたブランド名を使用することを示唆している。したがって、ラインエクステンションには、コカコーラ、ダイエットコークス、ダイエットカフェインフリーコークスなどのブランド名の下で、同じクラスまたは製品クラスによる新製品の発売が含まれます。

ブランド拡張の代替的な視点は、ブランド拡張が、1つのセクションまたはステーションが同じワイド・マーケットプレイスに別のセクションまたはステーションに進入するために適切に確立されたブランド名を利用することを意味する、市場およびチャネルの視点である。この場合、同じ幅広い市場という用語の意味は不明です。第3の視点は、ブランド拡張が2つの主要なタイプ、すなわち垂直および水平にあることを示す。水平的なブランド展開とは、ブランド名が、関連する製品クラスの新規サービスまたは製品や、FHM Magazineがクレジットカードを使用するなど、まったく新しい商品クラスに適用された場合です。

 

Brand extensions are now a commonplace increase strategy for many businesses. Concerns for their use are well recorded for maker brands. Very little is known about how merchants may extend their brands. Despite retailers being in an extremely different position to manufacturing companies in having distinct selections for expanding their brands, little studies have focused on categorising brand extensions to act as a strategic planning tool, and there is virtually no assistance especially for merchants. Conventional models of categorisation don’t reflect the modern sophistication of the retail marketplace or give adequate guidance on all the possibilities a retailer now has to get brand extensions.

Even though all brand extensions are a type of merchandise entry, not all merchandise entries are brand extensions. The inquiry arises – How can these retailers extend their brands? Some writers suggest that brand extensions involve the employment of a brand name created in one item class to enter another item course, while a line expansion uses the recognized brand name for a brand new offering in the same product type. Line extensions thus involve the start of new products through the same class or product class under a recognizable brand name like Coca Cola starting Diet Coke and Diet Caffeine Free Coke.

An alternative perspective of brand extension is the marketplace and channel point of view, which indicates that the brand expansion means utilizing a brand name properly established for one section or station to enter another in the same wide marketplace. What’s meant by the term same broad marketplace is unclear in this case. A 3rd viewpoint indicates that brand extensions come in two main types: vertical and horizontal. A horizontal brand expansion is when a brand name is applied to a brand new service or product in a related product class or in an item class completely new to the company, for instance FHM Magazine starting a credit card.