menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

コンテンツターゲティング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月29日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,
56102116 - surprised couple meeting in a coffee shop watching media content in a smart phone

surprised couple meeting in a coffee shop watching media content in a smart phone

コンテンツターゲティングは、商品に興味を持っている視聴者にマーケティング活動を直接誘導することを目的としています。その核となるのは、革新的な状況のオンラインマーケティング、またはインターネットサイトで提供されているコンテンツに基づく良いタイプの状況広告です。コンテンツターゲットの目標は、商品やサービスに興味を持っている人々にのみアプローチできるように、商品を明示的に扱うウェブページに広告を掲載することです。あなたは売っている。コンテキストターゲティングの優れた例は、ウェブページのコンテンツをチェックし、その後に直接関連するページに広告を配置することによって動作するアドワーズド(Adwords)である。

たいていの場合、ホットドッグについてのインターネットサイトにアクセスすることは可能ですが、犬についての広告を受け取る代わりに、犬という言葉の条件と状況を区別するのに十分なほどスマートなので、食品に関する広告が表示されます。コンテクストターゲティングを提供するグループの手にプロモーションプロジェクトを配置するか、コンテンツターゲットを使用してウェブサイトに広告を掲載することは、ターゲットオーディエンスに直接焦点を絞ってビジネスをより高い利益を得るための優れた方法です。

明らかに、コンテキストターゲティングの背後には人間の論理があり、その多くは広範な行動研究から来ている。人々がウェブをブラウズする方法を決定することにより、ターゲットとする視聴者を達成するためにどのようなコンテクスト広告場所が最良であるかを認識することがより容易になる。もちろん、広告ベンチャーにはコンテキストターゲティングの主観がありますが、信頼性の高いサービスやアドバイザーの会社が採用されている場合、通常はコンテキストターゲティングの結果には2倍の利益が含まれます。特にGoogleがサービスを提供していることから、コンテキストターゲティングが認知度を高めているため、すべてのオンラインマーケティングタスクや、競争の激しい市場でのリスクの一部をコンセプトの一部として活用することはほぼ重要です。

Contextual targeting is the exercise of aiming your marketing efforts directly in the audience who’s intrigued in your merchandise. At its core, it is an innovative type of circumstance marketing on-line or a good type of circumstance advertisements based on the content that’s supplied in an internet site. The goal of contextual targeting is to put your ads on webpages that deal expressly with your product in order that you reach only people who’re intrigued in your service or product as an alternative to a wide range of these who can have little interest in what you’re selling. An excellent example of contextual targeting is Adwords which operates by checking the content of the web page and after that placing ads on the page which are directly related.

It’s possible for you to visit an internet site that’s mostly about hotdogs, but instead of receiving ads about canines, you get advertisements about the food item since contextual targeting is Smart enough to determine the distinction in the terms and circumstance of the word Dog. Placing your promotion projects in the hands of the group which offers contextual targeting or placing ad on your web site using contextual targeting is an excellent way to receive higher gains for the business as you’re focused directly on your target audience.

Obviously, there’s some human logic behind contextual targeting along with a lot of which comes from extensive behavioural research. By determining the method people browse the web it becomes easier to recognize what contextual advertising places are the best for achieving a target audience. There’s of course some subjectivity in contextual targeting as there’s in any advertising venture, but if a reliable service or advisor company is employed than usually the outcomes of contextual targeting include doubling gains by at least half. With contextual targeting growing in recognition, particularly since Google offers the service, it’s nearly important to utilize a part of the concept in all on-line marketing tasks or risk falling behind in the market competitive.