menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

ブランドポリス/ブランディング用語

公開日:2017年01月29日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

PPS_sakuranoenburemu_TP_V

torchbearersは、英国の小さな村、町、都市を通ってオリンピックの火をとっているので、後援者は途中で彼らを応援するルートにいる。これらの象徴的な瞬間よりもずっと前に、オリンピックのロンドン組織委員会は引き続きトーチの道をめぐり、道を塞いで、目立たないショーの参加(またはブランディング)が芽に挟まれていることを確認します。それは、地元のコミュニティのために彼らの飽きのこもった仕事のためにトーチを取る権利を主に獲得した8,000人の人々を賞賛した客員が、オリンピックの朝食や無認可の旗を提供する控えめなカフェの看板を見たら、このタイプの総クランプダウンは、北京の2008年の試合で共産主義制度の下で予想されたかもしれないが、ロンドン? 2012年に?ロンドンの制約は、4年前に比べて厳しいものでした。

無駄にすることができないのはオリンピックの名前だけではありません。マクドナルド・コーポレーション、コカ・コーラ、ブリティッシュ・エアウェイズ、アディダスなどのスポンサーは、ゲームに参加する権利として10億ドルを支払っており、2週間にわたる長いイベントを通じて一流のレベルの独占権を要求していますLOCOGのニーズは、Webサイトに明確に記載されています。利用者を守るために、公式のパトロンブランドと競合するブランドは宣伝することができないため、35日間、1つの距離のブランド除外ゾーンをすべてのオリンピック会場に適用することができます。

マラソンや自転車のような道路イベントの場合、除外エリアはトラックの両側に2メートルまで広がっています。 2006年にオリンピック競技大会とそのスポンサーに既存の著作権と契約法を超えたさらなる保護を提供する新しい法律を可決しました。最大の変更は、利用者だけがGames、2012、Twentytwelve、またはTwo and twelveという言葉を使用できるようにするため、Associationの締め切りです。あなたが刑事告発に直面して組織されていない限り、メダル、ゴールド、シルバー、ブロンズという言葉から離れないことが最善です。警察に放棄されて以来、ほとんどのブランドが長い間持っていたソーシャルネットワークでさえ、オリンピックの支配から解放されていません。

LOCOGがロゴの使用を報告した後、Twitterは風刺的自然主義グループSpace Hijackersのアカウントを停止した。アスリートはまた、厳しいソーシャルネットワークの監視下に置かれます。彼らは画像や映像をアップロードすることはできませんし、自分自身や他人のパフォーマンスに関するレポートを投稿することはできません。 LOCOGのボランティアの70,000人の強力なパフォーマンスは、ソーシャルネットワーク上でゲームについて何も投稿しないように指示されました。彼らはアスリート、VIP、またはその場所に関する情報を開示することを禁止されています。

As torchbearers take the Olympic flame through Britain’s little hamlets, towns and cities, patrons are on the route to cheer them on their way. Well ahead of time of those iconic moments, the London Organising Committee of the Olympics continues to be swooping onto the torch path, clearing up the roads to make sure that any unscripted shows of involvement – or branding – are nipped in the bud. Does it make a difference if patrons, applauding 8, 000 people who’ve largely won the right to take the torch due to their tireless work for the local community, see a makeshift caf sign providing an Olympic breakfast or an unsanctioned flag? This type of total clampdown may have been anticipated under the Communist regime throughout the 2008 games in Beijing, but London? In 2012? The London constraints are severer than they were in China 4 years ago.

It isn’t only the Olympic name that can’t be taken in vain. Sponsors – including McDonald’s Corp., Coca Cola, British Airways and Adidas – who have together paid $1 billion for the right to be a part of the games, demand extreme levels of exclusivity, creating a kind of business strength throughout the two week long event beginning July 27. LOCOG’s needs are clearly laid out on its web site. To defend patrons, a 35 day, one distance Brand Exclusion Zone may be applied around all Olympic venues, inside that no brands that compete with official patron brands can advertise.

For road events like the marathon and some of the biking, the exclusion area extends to two meters on each side of the track. The U.K. Passed new legislation in the year 2006, giving the Olympic games and their sponsors an additional degree of protection beyond existing copyright and contract law. The largest change is the clampdown on Association, to ensure that only patrons may use the words Games, 2012, Twentytwelve or Two thousand and twelve. Unless you are organized to face criminal charges, it is best to stay away from the words Medal, Gold, Silver and Bronze. Even social network – which most brands have long since given up attempting to police – isn’t free of Olympic control.

Twitter suspended down the account of satirical naturalist group Space Hijackers after LOCOG reported on the use of its logo. Athletes will also be under strict social network observation. They cannot upload images or footage, and\/ or post reports about their own-or anyone else’s performance. LOCOG’s 70, 000 strong performance of volunteers were instructed not to post anything about the games on social networks. They’re banned from disclosing info on athletes, VIPs or their locations.