menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

単純接触効果(ザイオンス効果) | WEBマーケティング用語

公開日:2017年02月02日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

Zajonc effect

単なる脆弱性の影響は、これまで知られていなかった刺激の継続的な提示の結果として、肯定的な影響の上昇と定義されています。それはZajoncによって最初に文書化されて以来、刺激の多様な選択を含む200以上の実験で示されています。これらの研究の多くは、肯定的な影響でエスカレーションを行うために潜在的な刺激を使用しています。BornsteinとD’Agostinoは、単なる宣伝効果が2つの手続きを組み合わせることによる結果に影響するという仮説を立てた。

第1に、刺激に対する継続的な曝露によって知覚流暢感の上昇が誘発される。第二に、被験者は知覚的な流暢感の結果が、実験者によって供給される文脈的な手がかりに基づいて刺激することを好むという結果に帰するということである。強力な可能性は、彼らの魅力が、客観的に認識可能な刺激のための私たちの味を表しているということです。これまでに見られた刺激は、新しいものよりも確実に判断され、脆弱性として知られています。政府への繰り返しの暴露は、このような政府をより良くすることができます。これまでの所見は、個人が意識的に刺激にさらされていることを意識していなくても、この脆弱性の影響が起こることを示唆しています。

したがって、無意識の精通は、MEEのために非常に不可欠であり、意識的認識よりもさらに重要です。単なる脆弱性の影響を受ける量は、構造に対する個人の要求と正の相関があると予測されました。単なる宣伝の影響によって期待されるように、選手の脆弱性が高いほど、言葉がより楽しく評価されました。個々のPNSスコアは、個人的な単なる脆弱性スコアと相関し、PNSが高い人ほど単なる脆弱性の影響を受けた。自己生成視覚画像が単純露出刺激の好きな評価を変えるかどうかを確かめるために、大学生79人がウサギの姿に繰り返し触れられた。

個人が両方の曖昧さのないバージョンの好きな評価をしたとき、以前のコードと一致するエディションを異なるバージョンよりも積極的に評価しました。同じ期間を通じて、研究は単なる脆弱性の影響にも焦点を当てている。2つの領域がかなり個別に開発されているにもかかわらず、いくつかの報告では暗黙の記憶などの単なる宣伝効果が説明されています。彼らの敬意の中にある暗黙の了解は、インパクトがより具体的には繰り返しプライミングの実証であるという前提です。付与効果は、オブジェクトの評価を高めたが、オブジェクトの優先度を高めたものではなかった。単なる暴露効果は、オブジェクトの好みを高めたが、オブジェクトの評価は高めなかった。

したがって、無意識のレベルでは、オブジェクト優先度の上昇は、ターゲット評価値の上昇につながることはなく、オブジェクト評価値の上昇は、オブジェクト優先度の上昇につながりません。

The mere vulnerability effect is defined as a rise in positive affect, resulting from the continued presentation of formerly unfamiliar stimuli. It’d been first documented by Zajonc and has since been shown in over 200 experiments including a diverse selection of stimuli. Numerous these research has used subliminal stimuli to make the escalation in positive affect. Bornstein and D’Agostino hypothesized the fact that the mere publicity impact outcomes from the combination of two procedures.

First, a rise in perceptual fluency is induced by continued exposure to a stimulation. Second of all, subjects attribute perceptual fluency results to liking for a stimulation based on contextual cues supplied by the experimenter. A powerful possibility is that their appeal represents our taste for objectively recognizable stimuli. Stimuli which were seen before are judged more definitely than new ones, a phenomenon known as the Mere vulnerability effect. Repeated exposure to a government could make people like this government better. Previous findings suggest that this mere vulnerability effect happens although individuals are not knowingly conscious of having been exposed to the stimulation.

Therefore, unconscious familiarity can be very essential for the MEE – even more essential than conscious recognition. It was forecast that the amount one is influenced by mere vulnerability will be positively correlated with their Personal requirement for Structure. As expected by the mere publicity impact, the greater the players vulnerability, the more enjoyable the words were rated. Individual PNS scores correlated with personal mere vulnerability scores such that individuals who were higher in PNS were more influenced by mere vulnerability. To ascertain whether self generated visual imagery alters liking ratings of simply exposed stimuli, 79 university students were repeatedly exposed to the figure of rabbit figure.

When individuals made liking ratings of both disambiguate versions of the figure, they rated the edition consistent with previous encoding more positively than the different version. Throughout the same period, studies have also focused on the mere vulnerability effect. Even though the two areas have developed fairly individually, a number of reports has explained the mere publicity effect, for example, of implicit memory. Tacit in their respect is the assumption that the impact is more particularly a demonstration of repetition priming. The endowment effect elevated object valuation, but not object preference. The mere exposure effect elevated object preference, but not object valuation.

Therefore, at the unconscious level, a rise in object preference doesn’t lead to a rise in target valuation, nor does a rise in object valuation lead to a rise in object preference.