menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

プラセボ効果 | WEBマーケティング用語

公開日:2017年02月02日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:,
38306150 - placebo. plastic container with yellow gel capsules on a pharmacy counter

38306150 – placebo. plastic container with yellow gel capsules on a pharmacy counter

プラセボ効果に関する記事の2番目の記事があります。ノセボは、プラセボ・ワイルド・ツイン、またはネガティブ・プラセボ・インパクトとも呼ばれる。プラセボの他の側面とも言われることもあります。ノーチェボ効果は、治療が不活性であっても、治療後に生じる悪影響として定義することができる。これは、薬物の副作用として報告されている活性物質を服用したときに見られる悪影響が、少なくとも部分的には材料の成分の結果とノエボ効果の結果との組み合わせに起因することがあることを覚えておくことが重要である。研究によれば、ノーチェボ効果は、広範な種類の医学的徴候、臨床研究および健康管理における有害事象、および公衆衛生に相当な影響を及ぼすことが示唆されている。

頻繁に議論されるノエボ効果の主要なメカニズムには、否定的な示唆や期待が含まれる。他のメカニズムが頻繁に否定応答に関与している。この用語は、ヘンリー・ビーヒャーがプラシーボ・インパクトに関する彼の精神的な論文を発表してから数年後に導入されました。ケネディはノセボ効果のようなものはないと強調し、ノセボ反応しかないと強調した。多くの人がこの用語を同じ意味で使用しています。プラセボについても同じことが言えるが、一部の研究者はプラセボ効果とプラセボ反応を区別する。これらの区別については、この記事では説明しません。現在の議論のために、条件が交換可能であると仮定してみましょう。

ケネディは、ノーセボの反応が問題を中心としており、ノセボの反応という用語は、治療法とは対照的に、患者の内在性が優れていることを明示していると主張した。Stewart WilliamsとPoddは、反対の用語であるプラセボとノセボを利用することは逆効果であると主張している。用語を二分するときには、2つの重要な問題があります。

第1に、同じ治療が鎮痛および痛覚過敏を引き起こし得る。鎮痛薬はプラセボになり、痛覚過敏症はノンセボ薬になります。第2の問題は、ある人にとっては同じ効果が望ましく、他の人にとっては好ましくないことである。前者の場合、影響はプラセボであり、後者では、ノーセボである。プラセボの二分法の批判で、Stewart Williams&Poddはさらに2つの大きな問題について議論する。これらの科学者の作業、The Placebo Effect:Psychological Bulletinに掲載されているExpectancyとConditioning Debateの解説を参照して、詳細な議論を得る。

Here is the second in a couple of articles on the placebo effect. Nocebo may also be referred to as Placebo evil twin, or the Negative placebo impact. It is also sometimes described as other side of placebo. The nocebo effect might be defined as an adverse effect occurring after getting treatment, even when the treatment is inert. This is an important to remember that bad effects seen when taking active materials, reported as drug adverse effects, can often be at least partially attributed to a combination of results from the material’s components, and those from nocebo effects. Studies suggest that nocebo effect can contribute appreciably to an extensive variety of medical signs, adverse events in clinical studies and health care, and public health Mass psychogenic illness outbreaks.

Primary mechanisms of the nocebo effect which are frequently discussed include negative suggestions and expectations. Other mechanisms are frequently involved with the negative response. The term was introduced several years after Henry Beecher published his seminal paper on the placebo impact. Kennedy stressed that there isn’t any such thing as a Nocebo effect, there is only a Nocebo reaction. Many people use the terms interchangeably while some identify. The same could be said concerning placebo, some researchers differentiate between placebo effect and placebo response. Those distinctions won’t be discussed in this article. For the interest of our present discussion let’s hypothetically say the conditions are interchangeable.

Kennedy claimed that the nocebo response was issue centered and that the term nocebo response expressly referred to an excellent inherent in the patient as opposed to in the remedy. Stewart Williams and Podd argue that utilizing the opposite terms placebo and nocebo is counterproductive. There are two key issues when dichotomizing the terms.

First, the same treatment may produce analgesia and hyperalgesia. Analgesia by definition will be a placebo while hyperalgesia will be a nocebo. A second problem is the same effect can be desirable for one individual while unfavorable for others. At the former case, the impact will be a placebo, and in the latter, a nocebo. In their criticism of the placebo nocebo dichotomy, Stewart Williams & Podd go on to discuss two more major problems. Refer to these scientists work, The Placebo Effect: Dissolving the Expectancy Versus Conditioning Debate, published in the Psychological Bulletin, to get a detailed discussion.