menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

サブブランド/ブランディング用語

公開日:2017年02月05日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,
44494934 - infographic flat contour illustration of brand strategy - four items.

44494934 – infographic flat contour illustration of brand strategy – four items.

 

あなたが広告をしているなら、サブマーケティングとブランド拡大の条件を聞いたことがあります。サブブランディングとはサブマーケティングは、プライマリブランドが子会社または副ブランドを作成するときです。この新しいブランドの特徴はユニークでありながら、主要ブランドに関連しています。サブブランドは、独自のブランド基準、ロゴ、色処理などをしばしば持っています。サブ商標の中には、親ブランドと同じアイデンティティーを表すものもあります。サブブランディングのマスター:成功したサブブランドは、親ブランドの宣伝を促進し、向上させるのに役立ちます。プライマリブランドを信頼する消費者は、プライマリブランドの下で新しい商品を販売しようとします。 個人はアップルをブランドとして信頼し、彼らが作る商品を信頼します。これらのサブブランドアイデンティティには、プライマリブランドのロゴの下に親切な色のトリートメントが施されていました。サブマーケティングの短所:サブブランディングの欠点には、新しいブランドの市場投入、奨励、維持にかかる費用が含まれます。サブブランドは、新しいブランドとそのアイデンティティーを適応させるために、企業のリストラを必要とする可能性もあります。プライマリブランドとサブブランドアイデンティティの間に混乱が生じるかもしれません。 Virgin:Virgin Groupはブランドを何度も延長してきました。プライマリブランドとサブブランドのアイデンティティの間に混乱があります。 さまざまなビジネス分野における製品の多様性は、プライマリブランドの混乱と否定的な表現につながります。ブランドの拡張機能とは何ですか?ブランド展開は、あるクラスのブランドが別のクラスに拡張されている場合です。成功したブランドは、そのブランドが潜在的に適合する可能性のある分野に挑戦します。ブランド拡張の利点:初期ブランドが成功すれば、ブランドが探索する可能性のある領域は論理的に決定されなければならない。ブランド・パッケージングが指摘するように、ブランド適合性と影響力は、ブランド拡張を成功させるために不可欠です。あなたのブランドが適合するかもしれない別のクラスを認識することは、戦略のわずか50%です。ブランドは、新しいクラスのメリットと、このクラスがどのようにブランドを成功させるのかを判断する必要があります。 ブランド拡張のほとんどは、親ブランドと同じブランド基準を使用しています。ブランドエクステンションの短所:時折、ブランドは自然なフィットではない地域にも広がります。サブブランディングと同様に、ブランド拡張は高価な場合があります。新しいブランドを促進し、それに追いつくためには追加費用が必要になります。 Pepper Marinade:種類豊富な清涼飲料水の一つとして認識され、このブランドはそのプラットフォームをバーベキューマリネ

 

 

If you are in advertising, you can have heard the conditions sub marketing and brand expansion. What’s sub branding? Sub marketing is when a primary brand creates a subsidiary company or secondary brand. This new brand’s characteristics are unique, yet related to the major brand. Sub brands frequently have their very own brand standards, logo, colour treatment, etc. While some sub trademarks represent the same identity as the parent brand. Masters of sub branding: Successful sub brands might help promote and improve publicity for the parent brand. Consumers who trust a primary brand are more inclined to attempt a brand new merchandise under the primary brand.

Individuals trust Apple as a brand and in turn trust the merchandise they make. These sub brands identities were given a kind and colour treatment beneath the primary brand logo. Cons of sub marketing: Some drawbacks to sub branding include the expenses to market, encourage and keep up with the new brand. Sub brands could also need corporate restructuring to adapt the new brand and its identity. There may be confusion between the primary brand and sub brand identity. Virgin: The Virgin Group has prolonged their brand multiple times. There is confusion between the primary brand and sub brands identities.

The multiplicity of products in various business sectors adds to the confusion and negative expression of the primary brand. What’s a brand extension? Brand expansion is when a brand in one class extends itself into another classification. Successful brands then venture into the areas their brand may potentially fit. Pros of brand expansion: Upon success of the initial brand, the areas the brand might explore would have to be logically determined. As Brand Packaging notes, a brand fit and influence are essential to successful brand extensions. Recognizing another class your brand might fit is only 50% of the strategy. Brands need to determine the benefits of a brand new class as well as how this class will bring success to the brand.

Most brand extension use the same brand standards of the parent brand. Cons of brand extension: Occasionally brands extend into areas which aren’t natural fits. Like sub branding, brand extensions may be expensive. Additional costs will be necessary to promote and keep up with the new brand. Pepper Marinade: Recognized as an one of kind soft drink, this brand expanded its platform into barbecue marinades