menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

ビジュアルアイデンティティ | ブランディング用語

公開日:2017年02月05日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, , , ,

visual identity

Robin Landaが独自のブランドを構築したこの抜粋は、あなたの個人的なブランド戦略を作成するためのアイデアを研究するのに役立ちます。あなたの才能や能力だけでなく、色だけに基づいて評価することができる場合はどうなりますか?1つの視覚的なシンボルであなたのエッセンスを理解することができたらどうでしょうか?または、簡単なソーシャルネットワークプロファイルですか?これは仕事です – 表現力のあるグラフィックコンポーネントと部品から独自のブランドとビジュアルアイデンティティーを構築することです。個々のアイデンティティコミュニケーションの問題に対する視覚的かつ口頭的な答えを開発して作成するには、情報から意味を識別し、情報、研究、および開発の反復を解説した革新的かつ概念的な手順を進め、意味の層。

ジェニファー・ロペスやジョン・グリシャムのような有名な人たちのためのものではなく、人々のためのブランディング・タームを利用する大きなファンではないかもしれません。創造的なキャリアを獲得するには、識別可能な種類のものでなければなりません。辞書のようなものはブランドを定義します。独自のブランドを開発することは、あなたのデザインの専門知識を活用して、本物のビジュアルな個性と口頭でのアイデンティティを創造することを意味します。あなたは組織ではないので、あなたのアイデンティティは企業のアイデンティティのように見えるべきではありません。タイポグラフィー、構造、コピーには、デザインのセンスと感性が反映されている必要があります。個人的なマーケティングに参加することで、あなたのことを知らせることができます。トランスミディメディアの個別マーケティング計画を立てることは、すべてのメディアが視聴者のために顕著なブランドエクスペリエンスを提供できることを理解しつつ、メディア全体のすべてのビジュアルと言葉の要素を通して共通の糸を編むことを必要とする。

孤立したデザインソリューションとして特定のフォーマットに近づくのとは対照的に、視覚的識別からブランド全体への貢献者としてのすべての表現とプラットフォームを見ることは戦略的に不可欠です。この結束的なアプローチは、あなたの独特な視覚的な言葉の存在に基づいて経験を作り出すために不可欠です。ブランドの歴史は、あなたが誰で誰であるかを正確に世界に伝えます。歌詞、フィクション、映画、ドキュメンタリー、ビデオゲームのいずれの形であろうと、人々は物語を愛し、物語の中で意義を見つける。物語を伝えるために、あなたは作家である必要はありません。画像と言葉は、マーケティングや単一パネルの漫画、本の表紙やカードのように、物語を語るかもしれません。

This excerpt from Construct Its own brand by Robin Landa will help you research ideas to create your personal branding strategy. What if people could assess your talent and ability based only on colours as well as shapes? What if people could comprehend your essence through one visual symbol? Or a brief social network profile? that’s the job – to build your own brand and visual identity from representational graphic components and parts. To develop and create a visual and verbal answer to an individual identity communication trouble, you should discern meaning from info, proceed through innovative and conceptual procedures drawing upon information, research as well as iterations of developments boiled down into an answer, that’s been shaped by layers of meaning.

You might not even be a large fan of utilizing branding terms for people – not really for famous people like Jennifer Lopez or John Grisham. To procure a creative career you’ve to be a Identifiable kind of something, which is like a dictionary defines brand. Developing your own brand entails utilizing your design expertise to create an authentic visual individuality and verbal identity for yourself. You’re not an organization so your identity shouldn’t look like a corporate identity. Your typography, structure and copy must reflect your design sense and sensibility. Participating personal marketing can assure notice of yours. Making a transmedia individual marketing plan entails weaving some common threads through all visual as well as verbal elements across media, with the understanding that every medium can provide distinguishing brand experiences for the audience.

As opposed to approaching specific formats as isolated design solutions, it’s a strategic imperative to see every expression as well as platform from the visual identification to the whole branding a contributor to the entire branding. This cohesive approach is crucial to creating an experience based on your distinctive visual and verbal presence. A brand history tells the world exactly who you’re and what you’ve to offer. Whether in the shape of song lyrics, fiction or movies, documentaries or video games, folks love stories and find significance in stories. To tell a tale, you do not need to be a writer. Image plus words may tell a tale, as they do in marketing or single panel cartoons or on book covers or cards.