menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

効果的なウェブブランディング | WEBマーケティング用語

公開日:2017年02月07日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

effective web brabding

私たち全員が知っているように、マーケティングは、テレビや新聞の広告からダイレクトメールやメールに至るまで、多くの味が出てきます。どのように今日のトップ・マーケティング担当者は、他のメディアと一緒にこれらを活用して、マーケティング費支出からROIを引き上げてビジネス利益を上げていますか?簡単な答え:成功したマルチチャネルマーケティングの統合を通じて。チャンネル特有の取り組みとして展開されると、宣伝作品は将来の価値の一部のみを提供します。プロフェッショナルマーケティング担当者は、プロモーションに全体的なアプローチを採用することで、効果的な消費者の専門知識を提供し、忠実な顧客基盤を構築することで、相手をペースできるようになります。化粧品業界は、最近リリースされた顔用モイスチャライザーの新しい顧客をターゲットにしたいと考えています。

現在および今後の顧客に収集されたすべてのデータを使用して、ビジネスは、明確なターゲットオーディエンスに適したグラフィックスとイメージを使用する美しいフルカラーのリーフレットをまとめます。開幕ダイレクトメールでの発呼活動は、ウェブサイト内のカスタムタッチダウンウェブページを訪れただけで、特定の購入オファーで自分の商品ラインに新しい追加を宣言します。印刷された直接の投稿は、同じURLへのリンクと共に、メッセージングと一緒に見分けがつかないブランディングで、現在のオプトインクライアントベースの電子メールキャンペーンで構成されています。彼らは、訪問者の質問に答えるためにウェブサイト上にライブチャット機能を含んでいます。

新製品は、ウェブページ全体で便利に購入することができます。2ヵ月後、新しく購入したモイスチャライザーが通常空に近づく頃に、電子メールアプリケーションは歓迎された注文リマインダを自動的に送り、オンラインクーポンにはウェブサイトのショッピングカートへのリンクとディスカウントすでにクライアントの購入に適用されています。電子メールはまた、この特別な申し込みを、元の受信者がそれを送信する必要があるすべての友人にまで広げ、その後、これらの友人に自分の将来の郵送を選択させるよう促す。各広告キャンペーンの特有の圧迫のページを考慮すると、オンラインで簡単に売上を追跡することができます。

マーケティング担当者は、キャンペーンの効果を簡単に測定し、最も効率的であることを証明する形式やメッセージに基づいてリアルタイムで最適化することができます。特定のキャンペーンからの売上によって広告費用をより効率的に追跡できます。IABのクロスメディア最適化調査では、不可欠な戦略がブランド意識と画像を8%~34%向上させる可能性があることが判明し、購入意思がさらに影響を受ける可能性があります。複数のコーディネートされたマーケティングチャネルを使用することで大きな乗数効果を特定することは重要です。このように、マルチチャネルのマ​​ーケティングキャンペーンを効率的に実施することにより、企業間だけでなくビジネスから顧客まで、幅広い企業の企業が恩恵を受けています。

As all of us know, marketing comes in many flavours from TV and advertisements in newspapers to direct mail and email. So how are present day top marketers leveraging these along with other mediumship to drive incremental ROI from their marketing spends and giving to business gains? The straightforward answer: through successful multi channel marketing integration. When deployed as channel specific efforts, advertising pieces deliver only a portion of their prospective value. By adopting a holistic approach to promotion, professional marketers can out pace their opponents by delivering an efficient consumer expertise while developing a loyal customer base. A cosmetics business wants to target new clients for their recently released facial moisturizer.

Using all the gathered data on their current and prospective customers, the business puts together beautiful full colour leaflets that use graphics and images suitable for their well defined target audience. The call-to activity in an opening direct mail piece is just a visit to a custom touchdown web page within their web site declaring the new adding to their product line with a particular purchase offer. The printed direct posting is organized with an e-mail campaign to their current opt-in client base with indistinguishable branding along with messaging along with a link to the same URL. They contain a Live Chat feature on the website to answer any visitors questions.

The new products may be conveniently purchased right there throughout the webpage. Two months later, about the time the newly bought moisturizer would usually get close to empty, the e-mail application automatically sends out a welcoming reorder reminder and includes an on-line coupon with a link to the web site shopping cart along with the discount already applied to the client’s purchase. The e-mail also extends this special offer to all friends to whom the original recipient needs to transmit it and after that encourages these Friends to choose-in for their very own future mailings. Sales may easily be tracked on-line given the distinctive squeeze pages for each advertising campaign.

Marketers may easily measure the effectiveness of the campaigns along with optimize them in real time based on the format or messaging that proves the most efficient. They can more efficiently track advertising expenses with the sales generated from particular campaigns. The IAB’s Cross Media Optimization Study found that an integral strategy may raise brand consciousness and picture by 8% to 34%, and purchase intention may be influenced even more. It’s significant to identify the great multiplier effect from the use of multiple, coordinated marketing channels. Companies in a broad range of companies – both business-to business as well as business-to customer – are benefiting from this efficient approach to running multi channel marketing campaigns.