menu

ハイスピード | WEBマーケティング用語

公開日:2017年02月07日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

high speed

2014年には、インドのEコマースという異常な現象が増えました。革命は国家ばかりでなく、世界の嵐によってもあり、消費者、提供者、起業家の創造的思考を捉えました。電子商取引の好きなスペースは、おそらくこの分野で最も急成長しているオンライン小売店です。Eコマース部門の現在の傾向は、特にモバイルとスマートフォンの普及率の増加、高速ブロードバンドネットのアクセス、人口が主に18〜30年の人口、大規模なオンライン人口など、複数の要素から生まれています。Eコマースアクセス可能なブランド市場、そのコスト、特性、最良の選択肢、コメントやレビューなどの種類の項目の最初の手の情報について、個人を教えることに大きな役割を果たしてきた

ように、Eコマースは、それが持っていると推論することができますインドで消費者主義を創造しました。収入と生活の必要性の高まり、ビジーな日常生活や都市交通への不十分な時間、オンラインポータル上の多数の商品へのアクセスによってもたらされる市場は、ビジネス。インドのEコマース事業は、当社が保有する市場の価値のわずか50分の1であり、中国の市場価値の10分の1未満です。インド市場は、実際には都市部での認知で初期段階にあります。

世界中で第3位の携帯電話ユーザー基盤を持っているにもかかわらず、インターネットの普及率はかなり低いままです。現在の数字によれば、国民の80%近くが携帯電話を使用し、40%は携帯電話やタブレットを使用して、この技術を利用している人がかなりいることを示しています。10年の終わり、携帯電話の普及率は、より良いマーケティングとより高いメディアの注目を集め、Eコマースが本国で本格化する段階を迎え、ますます増加する可能性があります。国の人口は主に青少年であり、新しいアイデアやサービスを導入し、それらの方法で取り入れることによって文化的社会的経済的および地理的障害を打ち砕く準備ができている多くの教育を受けた若者です。興味深いことに、Eコマースの革命は、最大のシェアを持つ電子商取引が全潜在能力を理解しているにもかかわらず、国で占有できる最大20%に過ぎないため、市場シェアを支配することは決してできません。したがって、eコマースのような現象は、ほとんどの場合、オフラインの小売店が一部の市場シェアを失うだけです。

The year 2014 saw the increase of an extraordinary phenomenon called E Commerce in India. The revolution had not only the nation, but also the globe by storm and has captured the creative thinking of consumers, providers and entrepreneurs. A favorite space in E Commerce is on-line retail that’s arguably the quickest growing segment in this domain. The present trend in the E Commerce sector is born to multiples elements, specifically the increased mobile and smartphone penetration, access of high speed broadband net, a demography with a population mainly between 18 to 3 decades, large on-line population etc. E Commerce has played a large role in teaching individuals about the brands accessible the marketplace, its cost, characteristics, best options, first hand info of the item in the type of comments and reviews etc.

In a way it may be reasoned that E Commerce it has createdinformed consumerism in India. The marketplace that’s driven by the rising degrees of income and requirements of living, the insufficient time to go shoppingdue to busy routines and urban traffic, as well as the access to large number of goods on the on-line portals are the main drivers of the business. The E Commerce business in India is only one-fiftieth of the value the marketplace holds in the Us and less than one 10th the market value of China. The Indian Market is actually in its infancy with recognition in the urban areas.

Despite having the 3rd largest mobilephone user base in the globe, the penetration of the internet continues to be pretty low. Current figures indicate that nearly 80% of people of the nation uses mobiles and 40% use mobile phones or tablets indicating a significant number of individuals utilizing the technology. By the end of the decade, cellular telephone penetration is likely to be much increased with better marketing as well as higher media attention, setting the stage for E Commerce to roll in full swing within the country. The demography of the country are mainly the youth, and more so a lot of educated youth who’re ready to break cultural social economical and geographical obstacles by implementing new ideas as well as services as well as incorporate them in their ways. Interestingly, the E Commerce revolution will never be capable to dominate the total marketplace share in retails since the maximum share ecommerce can occupy in a nation is only up to 20% even when it understands its full potential. Therefore a phenomenon like ecommerce will only force off-line retails to lose some marketplace shares, at the most.