menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランドの再活性化/ブランディング用語

公開日:2017年02月08日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, , ,

lgf01a201411071700

サービスや商品の過剰供給、ビジネス統合、輸入の脅威、コストの削減、利益率の低下などの話があったにもかかわらず、いくつかの優れた企業は、ますます多くの顧客に耐性を持たないブランドを作る方法を見つけました。彼らは、異常に速い方法でそれをやってきました。明らかにどこからも出てこないので、基本的に市場を所有しています。たとえば、3年で本当にナンセンスな言葉から国際的な動詞や超新星にいたるGoogleから、8,000万ドルの時価総額で自由に取引されるビジネスになったGoogleを考えてみましょう。または、TiVoという名前のガジェットは、通常のセールスとマーケティングチャンネルの外に騒ぎを起こして、何百万人ものアメリカ人家族のためにTVスクリーニングを永遠に変えました。

アメリカン・ガール、グーグスト・バイ、チコ、ハード・プランク、ワシントン・ミューチュアルのような数々の驚くべきブランドも、生産から卸売、小売まで幅広い分野で盛んであり、さらにはるかに迅速かつ安価に製造されています従来の戦略、特にマーケティングにのみ依存しています。これらの有名人はどのようにそれをするのですか?彼らは過過ぎると同時に過配達する。私がTouchPoint Brandingと呼ぶコンテストを制覇する新しい、より速く、より安い戦略です。簡単に言えば、彼らは顧客に大きな約束をしてくれました。さらに、3つの重要な相互作用点で大きな方法でそれらを提供しています。

タッチポイントブランディングは、ビジネスをライバルと大きく差別化するブランドの約束を特色としています。 Googleは、0.2秒であなたが知りたいと思うものにあなたを連れて行くことを約束します。 TiVoの約束は:テレビ - あなたの道!アメリカン・ガールは女性に魅了される人形を保証し、本当に人生の中で生きる方法を教えます。誰もが同じメッセージを同時に叫んでいるように見えるぎっしりとしたビジネス環境では、驚異的な画期的なブランド保証が、群衆から守る最善の方法です。新しい企業は、市場への道を切り開くためだけに、独特のブランド約束を開発しなければなりません。

新興企業との戦い、相手との差別化に直面している確立された企業は、環境、ライバル、顧客の変化に適応するために、ブランドの約束を定期的に更新する必要があります。独創的なブランドの約束や過認定を行うだけでは不十分です。あなたが過度に賞賛すると、あなたのブランドが実行すると確信していると言います。あなたは、数百、数千、おそらく何百万人もの顧客と本当に厳粛な合意をして、ライン上で正直のためのあなたの評判を全面的に置くでしょう。

Despite all the talk now of an oversupply of services and goods, business consolidation, menacing imports, stalled costs, and shrinking margins, a few outstanding companies have found how to make their brands resistless to increasingly more customers. They’ve done it in unusually speedy manner, apparently coming out of nowhere to basically own their marketplaces. Consider, for instance, Google, which went from truly being a nonsense word to an international verb and supernova of the Web in only 3 years, which in turn led to its becoming a freely traded business with an $80 million market cap. Or how about the gadget named TiVo, which changed TV screening eternally for millions of American families by creating hoopla outside the normal sales and marketing channels.

Dozens of likewise surprising brands – names like American Girl, Greatest Buy, Chico, Hardiplank, and Washington Mutual – are flourishing in a variety of sectors, from production to wholesale to retail, plus they’ve been constructed far more quickly and cheaper than brands that rely solely on conventional strategies, most notably marketing. How do these luminaries do it? They overpromise plus they overdeliver. It’s new, faster, and cheaper strategy to beating the contest I call TouchPoint Branding. To put it simply, they’ve made big promises to their customers, plus they’re delivering on them in large manners at 3 significant points of interaction.

TouchPoint Branding starts with a distinctive, attention of brand promise that significantly differentiates a business from its rivals. Google vows to take you to virtually anything you would like to know, in 0.2 seconds. TiVo’s pledge is: Television – your path! American Girl guarantees dolls that enchant women and teach them how to live truly a life of material. In a glutted business environment wherein everybody appears to be screaming the same message simultaneously and at peak volume, thrilling, breakthrough brand guarantees are the best way to stick out from the crowd. New companies must develop distinctive brand promises only to fight their way into the marketplace.

Established companies, faced with fighting off upstarts and distinguishing themselves from their opponents, have to periodically renew their brand promises to adapt to changes in their environments, their rivals, and their clients. Simply coming up with a distinctive brand promise, or overpromise, isn’t enough. Whenever you overpromise, you’ll be saying that you’re confident your brand will perform. You’ll be placing your entire reputation for honesty on the line, making truly a solemn agreement with hundreds, thousands, perhaps even millions of customers.