menu

ブランド危機/ブランディング

公開日:2017年02月08日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201410120100クリエイティブはどれくらい小さいか大きいかにかかわらず、すべてのブランドに発生します。業種は重要ではありません.Business-to-Businessブランドは、ビジネス対消費者または非営利団体と同様に、緊急に緊急に直面する可能性があります。できますが、準備と計画が必要です。後日とは対照的に、今や危機的なコミュニケーション計画を立てる。 Burston Marstellarによると、最も早く検索して回復するブランドは、十分に文書化されたガイドラインを持つブランドです。危機管理には、危機前、危機の中期、危機後の段階が伴う。それらのそれぞれは非常に重要ですが、危機後はその瞬間の懸念事項の1つになる可能性があります。 公式声明を出すことは不可欠な初期段階ですが、活動を伴わなければなりません。あなたのブランドを絶対に評価したい場合は、行動を起こしてください。可能であれば、行動は起こった危機に関連していなければならない。良い行為をしているときに、諺のマイクから恥ずかしがらないでください。公的危機には公衆の謝罪と公的活動が必要です。より多くの危機的なコミュニケーションアドバイスをしたいですか?無料チップシートを今すぐ入手しよう!キャンペーンを決定し管理するためには、いつでも指標を使用する必要があります。データは危機の時代とそれと同じくらい重要である。 どのようなメッセージングが機能しましたか?どうしたの?危機は定量的にブランドにどのような影響を与えましたか?あなたの仕事は、その数字にどのようにプラスまたはマイナスの影響を与えますか?メトリクスがPRプロジェクトを推進するのと同じように、彼らは対応計画を推進すべきです。比較分析は、業界のベストプラクティスと新しい戦略の上に留まるために不可欠な手段です。新しいプランは、どこにいてもサーバーに定着するように残されていればうまくいかない。オンラインで与えられた日の間に無反応のウェブサイトとしての技術的危機は問題ではありません。これが発生すると、最初のレスポンダーはイントラネットまたは他の共有サービス上の共有ファイルにアクセスできなくなる可能性があります。危機の最中に個人が自分の活動や教訓を分かち合うと、誰もが利益を得ることができます。

Crises occur to every brand, regardless of how small or big they’re. Verticals do not matter, a Business-to-business brand is simply as likely as a Business-to-consumer or non-profit to face an emergency sooner or later. You can, but it will require preparation and planning. Establish a crisis communication plan now as opposed to later. According to Burston Marstellar, the brands that retrieve and recover the fastest are the ones with well documented guidelines. Crisis management entails pre crisis, mid crisis and post crisis stages. Each of them is very important, but the post crisis can be the one of concern at that moment.

Issuing a public statement is an essential initial step, however it needs to be accompanied by activity. If you would like your brand to be appreciated absolutely, take action. If possible, the action must relate to the crisis which has taken place. Do not shy away from the proverbial mic when doing a good deed. A public crisis needs a public apology and public activity. Want even more crisis communication advice? Get our free tip sheet now! Metrics should be used at any time to determine and manage campaigns. Data is simply as important in and following a time of crisis.

What messaging worked? What did not? How has the crisis quantifiably influenced the brand? How’s your work positively or adversely affecting that number? Just as metrics drive PR projects also, should they drive the response plan. [] comparative analysis is an essential instrument to remain on top of industry best practices and new strategies. The new plan does no good if left to settle in the server anywhere. Technology crises as an unresponsive web site during an on-line giving day aren’t out from the question. When that occurs, your first responders might not be capable to access a shared file on the Intranet or other shared service. Everybody benefits when individuals share their activities and lessons learned during a crisis.