menu

ブランド選択/ブランディング用語

公開日:2017年02月16日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

MOK_susitumeawase-thumb-autox1600-13574

強力なブランドを構築するための不可欠な要素の中には、色の選択肢があります。すべての色は、別の感触と異なる組織を持っています。あなたのブランドアイデンティティのために色か色の組み合わせを選ぶことによって、あなたはそれらの関連を取ります。色はあなたのブランドに対して一定の感情を呼び起こすかもしれませんので、あなたのアイデンティティを効果的に表現する色を選択することが不可欠です。研究によると、個人は、最初のスクリーニングから90秒以内に個人、周囲、または商品について潜在的な判断を下すことが明らかになり、評価の62%から90%は色のみに基づいています。あなたの業界で色を所有している場合、この色はあなたの製品を象徴するでしょう。

色は、プロモーションメディアやロゴでも識別できます。 Cymbolismという色の選択に役立つ素晴らしいツールがあります。色と言葉の関係をインタラクティブに調査します。これらは各色を象徴するトップ10の単語ではなく、これはCymbolismによって入力され準備された単語だけでなく、上に出てきました。一部のブランドは、1つの色に自分自身を関連付けることを選択しません。 2色または3色ではなく、4色以上を選択します。また、リストに表示されていない色がさらに2色あります:白と黒。

これらはおそらく実際の色ではなく、あなたが選んだものについてはうまくいくでしょう。ブラックは優れた補色であり、多くのブランドは中立で厳しい黒のテキストセットを選択します。上の表を見て、各色の意味をすぐに見てください。あなたのブランドのキャラクターはどのような色を表していますか?どの色があなたのプロダクトの特徴/サービスに合っていますか?競技者はどのような色を使用しますか?色は特定のビジネスにリンクされていませんが、一部のサービスは他のサービスよりも適しているかもしれません。ブランドのキャラクターを最もよく表す色を選択することを目指す必要があります。 eBayのようないくつかのブランドは、多様性を表現するために多くの色を選択しますが、一緒にうまく機能するいくつかの色を選択することもできます。色の文化的解釈の違いを考慮してください。

Among the essential components to build a strong brand is colour choice. Every colour has another feel and different organizations. By choosing a colour or a combination of colours for your brand identity, you’ll take on those associations. Colors may evoke certain emotions towards your brand so it’s vital to choose a colour which will represent your identity effectively. Research reveals individuals make a subconscious judgment about an individual, surroundings, or merchandise within 90 seconds of initial screening and that between 62% and ninety percent of the evaluation is based on colour alone. If you own a colour in your industry, this colour will symbolize your product.

The colour may also be identifiable on any promotional media as well as your logos. There’s a great new tool that might help out with colour selection called Cymbolism. It is an interactive survey of colour and word associations. These are not the top ten words that symbolize each colour, these are only the words that occurred to happen to be entered and prepared by Cymbolism as well as came out on top. Some brands select not to associate themselves with one colour. Rather than two or 3 colours, they choose four or more. There are also two more colours that have not made it on the list: white and black.

These are perhaps not really colours, plus they’ll go well with just about whatever you choose. Black is an excellent complementary colour to use and lots of brands select to get the text set in black as it is neutral and severe. Look throughout the table above for an instant overview of what each colour stands for. What colour represents your brand’s character? What color suits the features of your product\/service? What colour does your competitor use? Colors aren’t linked to any specific business – although some might be more suitable for some services\/products than others. You must aim to choose a colour which will represent your brand’s character best. Some brands like eBay select to go with lots of colours to represent variety – but you could also select a number of colours which work well together. Consider differences in cultural interpretations of your colour.