menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランド防御/ブランディグ用語

公開日:2017年02月19日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201306232200

 

ブランディングは、しばしばブランド消費者の心と心の宣伝戦として運営されています。宣伝は実際には真実についてではなく、精神を決めることに関するものであり、そのような行為は、省略の誤り、特定の真実、それ自体の出来事を作るためのわら男の誤りのようなさまざまな戦術に頼るかもしれない。興味深いことに、マーケティングと宣伝の歴史を見ても、第一次世界大戦中とそれに続く大量説得の自動車としての時代は、人間の行動に関する同じ重要な観察に引き続き依存し続けています。プロパガンダとその欺瞞的な習慣への依存は、確かに、ブランド消費者の心と心を勝ち取る自らの能力において、事実がブランドの武器として最も強力なツールであるというブランド化に関する当社の全体的な立場と一致しています。

これらのストライキに直面して、挫折を克服する能力は、明確で、一貫性のある一貫したブランドの欠如によっていくらか制限されています。彼女のブランドは、それが害を望む人々の攻撃を受けていました。この攻撃は、ほぼ遍在したわら男の誤謬を含むさまざまな戦術を使用します。人気のある議論とプロパガンダは、男性と女性の怠け者傾向に全面的に恩恵を受ける。彼らに何が言われているのか疑問を呈さず、頻繁に聞いたからといって信じている。虚偽は明らかにする努力を払い、すべての宣伝者とマーケターは、個人が本質的に怠け者であることを知っています。

したがって、ブランド攻撃の犠牲者の1つのリスクは、守るためのブランドが不十分で不正確であることです。ブランドの明確さの欠如は、わらの男性を構築するための十分なチャンスを与えます。あなたの労働者、信者、そしてあなたを知っているすべての人が、そのような攻撃に対する強力な防衛として立っている、安全に管理された真のブランドです。その鍵は、あなたのメッセージや自己定義において積極的に明確で一定であること、そして容易に理解できる方法でこれを説明することです。悪い定義されたブランドによって残されたギャップや空いているスペースに、抵抗はすべての方法で真実でないものに入るかもしれません。それは、ビジネスに直面している選択肢がブランドをよくすること、または他の人がブランドにすること、そして他の人があなたの最大の利益を念頭に置いているかもしれないし、そうでないかもしれないケースです。そのような攻撃の後に実際に爆発するビジネスの非常に公然かつ顕著な例は、一度400,000人のメンバーと1,200人以上の近隣の章があったACORNです。

 

Branding is often operated as a propaganda war for the minds and hearts of brand consumers. Propaganda is not actually about the truth, but about determining minds, and so might resort to a wide variety of tactics like errors of omission, particular truths and the straw man fallacy to make its own event. Interestingly, if you look in the history of marketing and propaganda, they both came of age as automobiles of mass persuasion during and following World War I plus they continue to depend on the same important observations about human behaviour. Propaganda and its dependence on deceptive practices is certainly from alignment with our overall position on branding that facts are the most strong tool in the arsenal of the brand in its own ability to win the minds and hearts of the brand consumer.

In the face of these strikes their capability to perry the setbacks is restricted somewhat by their lack of a definite, cohesive and consistent brand. Her brand was under attack by people who wish it harm. The attacks use various tactics including the nearly omnipresent straw man fallacy. Popular debate and propaganda takes full benefit of men and women propensity to be lazy, to not make the attempt to question what they’re being told and also to believe things just because they’ve heard them often. Falsehoods take effort to reveal and all propagandists and marketers know that individuals are essentially lazy.

So one risk for the victim of the brand attack is having a poorly defined or inaccurate brand with which to defend. Lack of brand clarity gives ample chance for building straw men. A securely managed and true brand, understood and internalized by your workers, followers and all who know you stands in comparison as a strong defense against such attack. The key is to be positively clear and constant in your message and self definition, and also to explain this in ways which are easily understood. Into gaps and unoccupied spaces left by an ill defined brand the resistance may enter all manner of untrue things. That is a case where the selections facing a business are to brand well or to be branded by others, and people others might or might not have your best interests in mind. One extremely public and striking instance of a business actually implode following such an attack is ACORN which once had 400, 000 members and more than 1, 200 neighbourhood chapters.