menu

ブランド棚卸/ブランディング用語

公開日:2017年03月03日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,
9519407 - taking inventory

9519407 – taking inventory

ブランド在庫の目的は、ビジネスで販売される製品とサービスのそれぞれがどのように販売されブランド化されているかについての最新の完全なプロファイルを提供することです。各サービスまたは製品をプロファイリングするには、関連するすべてのブランドコンポーネントとサポートマーケティングプログラムを特定する必要があります。この情報は、正確で完全でタイムリーなものでなければならず、視覚的および口頭の形で記載されていなければなりません。ブランド在庫の一環として、ブランディングや広告の試みに関して、できるだけ詳細にブランドの競合企業をプロファイルすることも強く推奨されています。マーケティング担当者は、ブランド名を共有する別個の商品またはサービスのすべての統一性を評価することができます。

物理的な市場、マーケットセグメントなどに応じて、異なるブランドコンポーネントが一貫した方法で利用されているのか、それとも数多くの異なるエディションとバリアントがありますか?同様に、サポートする広告プランは、関連するブランド間で論理的で一貫性がありますか?ブランドの探索は、顧客がブランドについてどのような考えや気持ちで感じているかを把握するための調査活動であり、ブランド・エクイティの源泉を認識するための製品カテゴリです。いくつかの予備的な活動は、探索的なブランドに役立ちます。また、ビジネス従業員にインタビューして消費者の理解についての信念を理解することも有用です。

これらすべての内部インタビューから一般に出てくる様々な意見は、多くの機能に役立ちます。それは、有用な観察または思考が生成される確率を高め、さらに内部の不一致または誤解を指摘する。これらの予備的な活動が有用な発見をもたらし、特定の仮説を示唆しても、それらはしばしば不完全である。クライアントがサービスや製品を購入し、使用する方法や、さまざまなブランドについてどのように考えるかをさらに理解するためには、さらなる研究が必要となる場合があります。幅広い問題をカバーし、より深いところでいくつかの問題を追求できるようにするために、ブランド探索では、言葉の関連付け、射影技術、創造、ブランドの人格づけ、はしご付けなどの定性的な研究手法を頻繁に使用します。多くの企業は現在、従来のフォーカスグループを統合するために民族誌を使用しています。彼らは、自宅、職場、遊び場、またはショッピングで毎日の生息地で顧客を勉強しています。例えば、民族誌の調査によると、Duracellは、個人が補聴器の電池からタブを取り除くことが困難であることを知っていました。

The purpose of the brand stock is to provide a current, complete profile of how each of the products and services sold with a business are marketed and branded. Profiling each service or product requires identifying all associated brand components and also the supporting marketing program. This information must be accurate, complete, and timely, and described in both visual and verbal form. As part of the brand stock, it is also strongly advised to profile brands competitors, in as much detail as possible, with regards to their branding and advertising attempts. Marketers can assess the uniformity of all of the distinct merchandise or services sharing a brand name.

Are the distinct brand components utilized in a consistent way or is there numerous distinct editions and variants – maybe for no apparent reason – depending on physical marketplace, marketplace segment, etc? Likewise, are the supporting advertising plans logical and consistent across related brands? The brand exploratory is research action conducted to perceive what customers think and feel about the brand and its own accompanying product category to recognize sources of brand equity. Several preliminary activities are helpful for the brand exploratory. It is also helpful to interview business employees to gain a comprehension of their beliefs about consumer understandings.

The variety of opinion that generally emerges from all these internal interviews serves many functions. It increases the probability that useful observations or thoughts will be generated, in addition, it points out any internal inconsistencies or misconceptions. Even though these preliminary activities might yield useful findings and suggest specific hypotheses, they’re frequently incomplete. Additional research can be required to further understand how clients shop for and use services and products and what they think of various brands. To allow a wide range of issues to be covered and also to allow some issues to be pursued in greater depth, the brand exploratory frequently employs qualitative research techniques, like word associations, projective techniques, creation, brand personification, and laddering. Many companies are now using ethnography to integrate traditional focus groups. They study customers in their every day habitats at home, at work, at play, or shopping. Based on ethnographic research, Duracell, for instance, learned that individuals had trouble removing a tab from its own hearing aid batteries.