menu

傘ブランド/ブランディング用語

公開日:2017年03月05日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201402021700

一部の企業は、異なるブランド名で異なるサービスまたは製品を販売しています。他の企業は、傘や家族のブランドと呼ばれるただ1つのブランド名で製品ラインを組み合わせています。傘ブランドは、作成および保守に費用がかかる可能性がありますが、小規模な企業であっても利益をもたらします。傘のブランドは確固とした評判を持っています。つまり、ビジネスは新しいサービスをラインに追加し、以前のマーケティング活動のすべての利点を引き出すかもしれません。過去に税金準備事業に数多くのマーケティングキャンペーンが導入され、消費者との素晴らしい評判があるとします。同社は、製品ラインにもう1つサービスを追加することを決めました。

彼らのブランド名を新しいサービスに単に接続するだけで、サービスはそのブランドに既に存在する公共の親善の利点を得ることができます。対照的に、タックス・プロダクション・ビジネスがブランド独創的なブランドとしてその退職プランニング・サービスを販売しようとした場合、そのブランドの評判をゼロから構築しなければならなくなるだろう。さまざまな製品に対して多数のキャンペーンを運営する代わりに、ビジネスは1つのブランドのマーケティングに専念することができます。企業は、傘のブランドイメージを開発する顧客の声を特徴とする単一のラジオキャンペーンを実行することができます。

対照的に、ブランドイメージを個別に開発したい場合は、さまざまな製品ごとに代替広告を設計して運用する必要があります。傘ブランド内の1つの商品の成功は、同じブランドの他の商品に対する公の親善につながる可能性があります。ベーカリーには、焼き菓子、キャンディー、アイスクリームなどの傘ブランドが付いているとします。アイスクリームが絶賛を浴びた場合、消費者は一度リンクを作ると、焼いた商品やキャンディーを購入する傾向があります。すべての製品が異なるブランドの下に存在する場合、その製品の成功は他の製品に影響を与えません。傘のマーケティングを使用しても、お客様の製品に幅広い技術を使用することが妨げられるわけではありません。企業は大規模な一般市民意識キャンペーンで傘ブランドを宣伝すると同時に、小規模なキャンペーンを適用して個別に商品を宣伝する場合があります。

Some businesses sell different services or products under different brand names. Others combine their product lines under just one brand name, which is called the umbrella or family brand. Umbrella brands could be expensive to create and maintain, but they do provide benefits, even for smaller businesses. An umbrella brand has a solid reputation, meaning a business may add new services to its line and draw on the advantages of all previous marketing efforts. Suppose a tax preparation business comes with implemented numerous marketing campaigns in the past and comes with a fantastic reputation with consumers. The company decides to add one more service to its product line: retirement planning.

By simply connecting their brand name to the new service, the service gets the advantage of the public goodwill that already exists for that brand. In contrast, if the tax preparation business tried to market its retirement planning service as a brand new and unique brand, the business would have to build that brand’s reputation from scratch. Rather than running numerous campaigns for various products, a business alternatively may focus its efforts on marketing just one brand. A company could run a single radio campaign featuring client testimonials that develop the umbrella brand image.

In contrast, the business would have to design and operate an alternative ad for each of its various products if it wanted to develop their brand images individually. The success of one item inside an umbrella brand can result in public goodwill for other products under the same brand. Suppose a bakery comes with an umbrella brand which includes baked goods, candy and ice cream. In case the ice cream gets rave reviews, consumers could be more prone to purchase the baked goods or candy once they make the link. If every product existed under a different brand, the success of one would have no impact on the others. Using umbrella marketing doesn’t prevent you from utilizing a wide range of techniques for your products. A business might promote its umbrella brand with a big scale public consciousness campaign while simultaneously applying small scale campaigns to promote products individually.