menu

共同ブランディング/ブランディング用語

公開日:2017年03月06日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

gf01a201503250600

ブランドは常に立場を確立するのを助け、ブランドの認識に悪影響を及ぼします。他のすべての形式の広告行為と同様に、ケースバイケースで動作します。

ブランドを結びつける良いアイデアがあるときに理解し、そのような機会を拒否したいと思ったら、7つの質問と解決策があります。私たちのブランドを他のブランドと結びつけることで、私たちの評判を危険にさらすことはできますか? Coブランディングは、可能な限り、意識を創造することだけではありません。また、他社と提携する際には、ブランドの立場を守る必要があります。触診可能な危険性を理解している場合は、計画に参加しないことを真剣に検討してください。回答があなたのブランドまたは第三者のブランドのみの場合、通常は、通常、最新の共同ブランドのIDとして伝わらず、代わりに該当するブランドのIDを使用します。

この質問は拘束力のあるものではありませんが、正しい答えと戦略を見つけるのを支援する文脈を提供します。定期的な共同ブランドの状況では、特定のブランドの独占的な目的だけでなく、異なるブランドが共通していることについて、視聴者が興味をそそられるかもしれません。ブランドの企業チャネルやサードパーティのチャネルで通信している場合、通常はそのブランドのIDを使用しています。コミュニケーションがニュートラルな場所またはチャンネルで場所を取る場合、その後、最新の共同ブランドの個性を持つ共同ブランディングが間違いなく適用されます。

コミュニケーションスタイルとコンテンツはあなたの戦略をサポートしていますか?共同ブランディング機会は、関係する組織の個人的な方法に利益をもたらす場合に役立ちます。広告や販売活動に有益な場合でも、寄稿ブランドがメッセージング戦略に介入せず、ブランド認知度を高めるためにメッセージを送信するようにする必要があります。アクティビティはアクティビティに関係しているのですか、まったく意味がありませんか?共同ブランディングを含む広告プランは、ブランド戦略のために重要であり、単にフラフではありません。ブランドが参加しなければならない魅力的な理由があることを確かめてください。彼らがセクターの必須ブランドであるかどうか、またはそれらがあなたに欠かせないものであるかどうかにかかわらず、他のブランドが接続のために意味することの問題は、共同ブランディングにおいて重要ではありません。他のブランドがいかに本質的に市場にあり、あなたの会社がその関係を改善するためにどのように本質的であるか自問してください。

Brands co marketplace all the time, either helping establish standing, or negatively affecting the perception of the brand. Like every other form of advertising action, it operates on a case-by case basis.

Here are seven questions – and solutions – to help you comprehend when it’s a good idea to co brand and once you might want to decline such a chance. Could we risk our reputation by linking our brand with others? Co branding is not just about creating awareness whenever possible. Also you need to defend your brand’s standing when Partnering with others. If you understand any palpable danger, seriously consider not participating in the plan. In case the answer is only your brand or the 3rd party brand, typically you wouldn’t normally convey as the newest co branded identity, but instead use the applicable brand’s identity.

This question isn’t binding, however it provides context that will assist you in finding the right answer and strategy. In a regular co branding situation, your audience may be intrigued in hearing about what the different brand have in common, not only for the exclusive aims of a particular brand. If you are communicating during your brand corporate channel, or that of the 3rd party you’d normally be using that brand’s identity. In case the communication takes location in a neutral location or channel, subsequently co branding with the newest co branded individuality undoubtedly applies.

Does the communication style and content support your strategy? Co branding opportunities are useful when they benefit the personal methods of the organizations involved. Even when it is beneficial for your advertising or sales efforts, you must ensure that the message is sent on behalf all the contributing brands doesn’t intervene with your messaging strategy and rather can help to strengthen its brand perception. Is the activity relevant activities or is it completely meaningless? Any advertising plan you participate in, including co branding, must be significant for your brand strategy and not simply Fluff. Make certain that there’s a compelling reasons why your brand must participate. Whether it is because they’re essential brands in the sector, or because they are just essential for you, the question of what the other brands mean for the connection isn’t insignificant in co branding. Ask yourself how essential the other brand is in the market and for your company to improve the relationship.