menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランド名の重要性/ブランディング用語

公開日:2017年03月08日 カテゴリー:ブランディング用語, 未分類 タグ:,

 

最も多作な作家は、複数の専門分野について書いています。あなたは、専門知識の主要な領域を持っていることができ、その後、複数のサブトピックまたはあなたが記事を書く別個の問題を持つことができます。個人的な作家のブランド侵食を防ぎ、あなたが書き込むターゲット市場の前にあなたの専門知識を固めるためには、あなたのさまざまな記事の主題を区別する戦略を提示する必要があります。意外にも、スーザンも野球に関する専門家の記事を作っていることが分かります。このような矛盾は、人が財務やバスケットボールの専門家であるかどうか少なくとも積極的に質問するために脳に力を与えます。

意図的には、個人には多くの分野の専門知識があることはわかっていますが、私たちは専門家の単一領域で真剣に作家を務めるのが一般的です。あなたが作成する名前やペンの名前を、複数のバリエーションを作成して、それぞれが特定の専門分野に縛られるようにします。これらすべての作家名は同じ個人ですが、名前の各バージョンを別の問題にロックして記事を書くこともできます。例:Suzanne.J。パーカーは金銭投資に関する記事を構成し、スージ・ジョー・パーカーはバスケットボールに関する記事を発表することができました。

なぜあなたの読者を混乱させるのですか?彼らは、あなたがあなたのことを読んでいる主題についてあなたが専門家であると信じたいと思っています。あなたがそれらを許可しないようにするのはあなた次第です。あなたの作家のブランドを主題別に分けるのとは対照的に、書体や小説と区別することもできます。一部の作家は、すべての記事の終わりに向けて独特の署名行を使って、選ばれた主題が何であれ、専門知識のメッセージを提示したいという欲望を邪魔します。オフラインの世界では、この数多くのライターブランドの問題が問題になる可能性がありますが、読者が気に入っている記事をすばやく特定できるオンラインの世界にとってはさらに重要です。すでに読んでいるものと同じ品質の元の記事をより多く提供しますが、1つの作家の名前または著者名の違いの下で、専門知識の1つだけを書くことで注意を喚起してください。これにより、メッセージとライターブランドを同時に強化することができます。

 

Most prolific writers\/authors write about more than one area of expertise. You can possess a primary area of expertise, and after that multiple sub topic or distinct issues that you write articles about. To prevent personal writer brand erosion and solidify your expertise before the target market that you write about, you should show up with a strategy to distinguish your various article subjects. When, unexpectedly, you find that Susan also has composed expert posts about baseball. Inconsistencies like this power the brain to at least sub actively question if the person is a professional in finance or in basketball.

Purposely, we know an individual may have numerous areas of expertise, but it typical that we may only take a writer seriously on single area of expertise. Create multiple variations of your name or pen names that you compose under in order that every one is locked in on a certain area of expertise. All these writer names is STILL the same individual, however you may choose to lock each version of the name to another matter to write your articles about. Example: Suzanne.J. Parkerwould compose articles about Monetary investing, and Suzi Jo Parker could publish articles about basketball.

Why confound your reader? They’d like to believe you’re the expert about the subject they’re reading of yours and it is up to you to not allow them down. As opposed to separating your writer brands by subject, you may also separate by writing styles or maybe even a fiction vs. Some writers even utilize a distinctive signature line towards the end of every article that ties them all together in subtle ways that doesn’t disturb their desire to present a united message of expertise in whatever their chosen subject. At the off-line world, this numerous writer brands problem can be an issue, but it’s even more essential for the on-line world where a reader can rapidly identify other articles you have written when they’re hungry for more. Give them more of the same quality original posts that they’re already reading, but isolate their attention by only writing about one subject of expertise under a single writer name or variance of your author name. This may strengthen your message and your writer brand at the same time.