menu

評価アプローチ/ブランディング用語

公開日:2017年03月09日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, , ,

gf01a201502231400

 

簡単に言えば、ビジネス評価は、ビジネスが価値あるものかを判断するために利用される一連の手続きとともにプロセスとなることがあります。ビジネスの価値を判断する方法はありません。会社の所有者は、それが提供するコミュニティへの企業の接続が大変価値があると信じるかもしれません。経済的条件は、個人がビジネスが価値あると信じているものに影響します。仕事が不足すると、より多くの企業のバイヤーが市場に参入し、競争力の向上はビジネス販売価格の上昇につながります。事業売却の条件も企業価値に影響します。いくつかの興味のあるバイヤーを引き付けるために完全に計画された広告努力の一部として示されているビジネスと、オークションでのビジネス資産の高速販売との間には、大きな違いがあります。 ビジネス上の価値は、真に企業が売却する予定の費用です。資産アプローチでは、会社を企業価値のイメージを構築するためのビルディングブロックとして利用される資産と負債の2つの視点から見ています。多くのビジネスバランスシートには、社内で開発された製品やビジネスを行うための独自の方法など、最も重要なビジネス資産は含まれていない場合があります。名前が示すように、市場戦略は、真の市場からの兆候に依存して、ビジネスが価値あるものかどうかを判断します。意欲的なバイヤーが支払う予定の会社価格と、喜んでいるベンダーが同社を受け入れます。 だから、ビジネスを大事にする市場戦略は公正な市場価格 – ベンダーと一緒にバイヤーが彼らの最善の利益を行使する武器取引で交換される可能性のある金銭的価値を判断する良い方法です。収入戦略は、ビジネスを営んでいるお金の背後にある中心的な原因を見なければなりません。さらに、会社がどのような種類の現金を引き出すのかを知るためには、収益評価戦略もリスクに含まれます。現在の企業価値が確立されるべきであるため、予想される収入および危険は今日に変換されるべきである。 最も簡単なタイプでは、資本化手法は、いわゆる資本化率にとって有益であると予想される企業を実質的に分割する。アイデアは、企業価値は会社の収益によって定義され、資本化率は2つを関連付けるために利用されます。資本化率が33%の場合、同社は年間利益の約3倍の価値があります。どちらの場合でも、結果は企業価値が今日のものです。割引技術は少し違って動作します。まず、将来のある程度の期間、通常は年単位で測定される企業所得の流れを予測します。

Quite simply, business valuation May be a process along with a set of procedures utilized to determine what a business is worth. For one thing, there’s no one way to determine what a business is worth. A company owner might believe that the company connection to the communities it serves is worth a lot. Economic conditions affect what individuals believe a business is worth. When jobs are scarce, more enterprise buyers enter the marketplace and improved competitiveness leads to higher business selling prices. The conditions of the business sales also affect the company value. There’s a vast difference between a business that’s shown as part of a fully planned advertising effort to attract several interested buyers and a fast sales of business assets at an auction.

Business value is truly an anticipated cost the company would sell for. The asset approach views the company as a couple of assets and liabilities which are utilized as building blocks to build the image of enterprise value. Many business balance sheets might not include the most crucial business assets like internally developed products and proprietary methods for conducting business. The market strategy, as the name implies, depends on signs from the real marketplace to determine what a business is worth. The company price that the willing buyer will pay, along with a willing vendor will accept for the company.

So the marketplace strategy to valuing a business is a good way to determine its fair market price – a financial value likely to be exchanged within an arms length transaction, when the buyer along with vendor act in their best interest. The income strategy requires a look at the core cause behind running a business – making money. Additionally to figuring out what type of cash the company is likely to bring, the income valuation strategy also elements in the risk. Since the company value should be established in the present, the anticipated income and danger should be converted to today.

In its simplest type, the capitalization technique substantially divides the company expected useful for the so called capitalization rate. The idea is the company value is defined by the company earnings and the capitalization rate is utilized to relate the two. In case the capitalization rate is 33%, then the company is worth about 3 times its annual profits. In either case, the outcome is what the company value is today. The discounting technique operates a little differently: first, you project the company income stream over some future amount of time, usually measured in years.