menu

オムニチャネル | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月12日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

オムニチャネル

オムニチャネルとは、リアルの店舗やイベント、バーチャルなネットショップやモバイルサービスなどを問わず、顧客が利用するすべての接点を使おうとするチャネル戦略をいいます。

60654539 - square omni channel illustration design

今日と将来の企業は、複数のタッチポイントを通じてブランドとコミュニケーションを取ったときに、できるだけスムーズな体験を消費者に提供する可能性を求めています。マーケティング担当者が自由に利用できる多くのステーションを活用することは、企業にとっては不十分です。オムニチャンネル活動の効力を測定する能力と、収集された洞察に基づいて行動する能力は、起業家のための聖杯を表しています。最近、デスクトップコンピュータ、ラップトップ、携帯電話、タブレットなど、スマートウォッチのようなウェアラブル製品でも、その行動を定量化して認定するブランドが増えています。多くの起業家は、複数のチャネルではなく、1つのチャネルであっても定量化にはまだ熟練していません。

これを考慮してください:85%のCMOがオムニステーションの戦略を定量化できず、起業家の40%だけがモバイルアプリケーションの収益を測定します。実際にオンラインでも店舗でも買い物をする顧客のライフタイム価値は高くなります。まず、クロスチャネルのディメンションの専門知識から抜粋したベストプラクティスとコンセプトについて考えてみましょう。

まず、オムニステーションテクニックに入る前に、マーケティング担当者は1つのチャネルで専門家にならなければなりません。次に、ステーション間での消費者行動を効果的に監視する革新的な帰属プラットフォームを使用する方法を学ばなければなりません。これは、個人がどこから発信されているのか、そしてその瞬間に必要なものがあるのかということを期待する最初の部分です。

第3に、各チャネルがどのように他のチャネルを統合するかを知ること。消費者にスムーズなエクスペリエンスを提供するためには非常に重要です。第四に、顧客の旅行をパーソナライズする作業。顧客の旅行の各停止を最適化することで、パーソナライズされた体験が可能になり、その結果、ファネルとセールの全体にプッシュするのに役立ちます。これらの学習により、起業家は、ファンクション、価格設定、割引率、レビュー、他の製品データと一緒の支払い方法など、完全な情報だけでなく、指先でのアクセスがますます必要となっているオムニチャンネルの顧客の新しい品種にアピールすることができます。ライフタイム値の測定は、平均的なユーザーが入力する収入の量と一般的なユーザーを取得するコストの2つの重要な要素に基づいています。

最初の部分に関しては、源泉別に分けた総収入の測定に集中してください。特定のソースからアプリケーションによって取得されたユーザーがアプリケーション外で購入すると、そのユーザーのLTVおよび取得元のLTVが明確に変更され、そのパフォーマンス情報とともに明確に変更されます。そのため、アプリケーション外の収益イベントをアプリケーションのマーケティングデータに結びつけることは、LTVを測定する上で不可欠な要素です。収益のポストバック:ディメンションパートナがメディアおよびサービスパートナに収益情報を渡すことを許可します。

Omni Channel is a channel strategy that attempts to use all contacts that customers use, regardless of real stores, events, virtual net shops, mobile services, etc.

The companies of today as well as the future require the potential to provide consumers with as smooth an experience as possible when they communicate with the brand through multiple touchpoints. It is insufficient for businesses to leverage the many stations marketers have at their disposal. The capability to measure the potency of omni channel activities as well as the capability to act upon the insights collected represents the Holy Grail for entrepreneurs. Some brands are now increasingly trying to quantify and qualify their actions across desktop computers, laptops, mobile phones, tablets and more lately, even wearables like smartwatches. Many entrepreneurs are still not adept at quantifying even one channel, not as multiple channels.

Consider this: 85% of CMO fail to quantify omni station strategies and only 40% of entrepreneurs measure mobile application revenue, when in reality the life time value of customers is higher for customers who shop both on-line and in store. Let’s first consider best practices and concepts culled from expertise in cross channel dimension.

First, before diving into an omni station technique, a marketer must become a specialist in one channel. Second of all, they must learn the way to use an innovative attribution platform effective at monitoring consumer behavior across stations. This can be the first part of expecting where individuals are originating from and what they needat that very moment.

Third, knowing how each channel integrates the other. It’s crucial for providing a smooth experience for consumers. Fourth, work on personalising a customer’s trip. Optimising each stop in a customer’s trip allows for a personalised experience which will assist push them throughout the funnel and the sale. These learnings permit entrepreneurs to appeal to a brand new breed of omni channel customers who increasingly need complete info as well as access at their fingertips – including functions, pricing, discount rates, reviews, payment methods along with other product data. Lifetime value measurement is based on two key elements: the quantity of incoming revenues an average user generates as well as the cost of obtaining a typical user.

With regards to the first part, concentrate on measuring the total revenue broken down by source. If a user which was acquired by the application from a particular source goes on to make purchases outside the application, that user’s LTV as well as the LTV of the obtaining source clearly change, and with it, your performance information. That is why connecting any out-of application revenue event to your application marketing data is an integral part of measuring LTV. Revenue postback: Allow your dimension partner to pass on revenue information to your media and service partners.