menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

H1タグ | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月13日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:,

H1タグ

h1タグは、サイトのタイトル部分に記述しているHTMLのタグの一つです。

h1 tag

これはH1タグがあなたのWebサイトで何をしているのかを理解すると意味があります。すべてのウェブページは、正しい情報を引き付けてユーザーを適切に結びつけるために検索エンジンが通過する構造で構成されています。何かをH1にすることで、検索エンジンにこのテキストの一部または見出しがテキストの重要な部分であることと、最初にそれを読むことを伝えることになります。H1はアクセス可能な見出しタグではないことを覚えておくことが重要です。HTML内の見出しは、H1〜H6から番号が小さくなるにつれて大きくなります。

ここでGuardianのウェブサイトのホームページを見ることができます。論文やウェブサイトは、情報の重要性を判断するためにヘッダーをどのように使用するか、さまざまな重要度のすべてをサイズと色で分類する方法の良いサンプルです。ガーディアンはこのレポートの検索エンジンで例外的にランク付けしたいので、見出しをH1タグ内に入れてください。

6人のNoWジャーナリストが電話によるハッキングを行った<\ / H1>。人々がH1で探しているかもしれないいくつかのキーワードを試してみることは良い考えです。オッズは、あなたが探しているときにあなたのビジネスの名前のために配置されるでしょうが、あなたが本当に必要なものはあなたが提供するサービスです。

The h1 tag is one of HTML tags described in the title section of the site.

This makes sense when you understand what a H1 tag is to what it does in your web site. All webpages are organized with a structure that search engines go through so as to attract the correct info and link their users appropriately. By making something a H1 you’re telling search engines that this bit of text, or heading, is the key part of the text as well as to read it first. It is important to remember that H1 is not the only heading tag accessible. Headings within HTML go from H1 – H6 to the reduced the number the larger the rank.

Here you can see the home page of the Guardian’s website. Papers as well as their web sites are good samples of how headers are used to determine how important information is, how to categorize all of varying importance by size as well as colour. The Guardian may wish to rank exceptionally on the search engines for this report so have put the heading within a H1 Tag.

Six ex NoW journalists held over phone hacking<\/H1>. It’s a good idea to try and get several key words that people may be looking for in the H1. The odds are that you’ll be located for the name of your business anyhow when sought for, but the things which you really need to be located for are the services you provide.