menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

CTR(クリック率/Click-through rate) | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月18日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

CTR(クリック率/Click-through rate)

CTR(クリック率)とは、あるページを表示した際に、総ユーザー数に対するリンク・電子メール・広告をクリックしたユーザーの割合を言います。

40627521 - closeup of business woman hand with mouse. shallow depth of field. selective focus.

Facebookユーザーに宣伝するには、メッセージを伝えるだけでなく、メッセージを伝えるよりも効果的です。彼らと話すには、まずこれらのユーザーを理解する必要があります。米国だけでも、Facebookには6000万人のユーザーがいます。ComScoreは、月間のFacebookへの訪問者の平均数は約1億5,000万人で、そのうちの50%が毎日Webサイトに戻ると報告しています。世界中のユーザーの75%が大学外にいる可能性があるFaccebookタスク。NielsenとNetRatingsの調査結果によると、米国のユーザーから見ると、半分以上が女性で、60%近くが学校教育を受けており、14%は非白人であり、34%は政府、営業、ポストは、12%が完了した時の生徒であり、12%は16歳未満の子供を持つ

当然、Facebookの内部データは、ユーザーが今、古いユーザーの高いパーセントで、昨年歳以上ていることを意味します。これらの情報に沿って、広告計画を調整し、今後12〜18カ月以内に人口統計が急速に変化するとの見通しに基づいて多目的性を計画します。ユーザーがオンラインで情報を公開する情報写真では、基本的な人口統計の詳細を超えてユーザーをターゲットにします。むしろ、それらをより良く理解するために心理学者を見てください。補助されたニュースフィードの記事のクリックスルー率は4〜26%です。また、フライヤーは、必要なものを判断するためのセルフサービスコントロールを提供します。

スポンサードグループの場合、グループページでは、パーソナライズされたナビゲーション、感触、ルックが可能で、多くの場合、メディアの購入が多いため、補助されたグループページへのトラフィックが増加します。どの会社も組織を無料で立ち上げるかもしれないことに注意してください。伝統的なマーケティングの道を歩むのではなく、ブランドと製品の周りに特有のコミュニティを作り出すために変化を増やしてください。そのページは発表のように見えますが、コミュニティは、比較して、非常に関わっています。補助金を受けたグループからの成果を高めるために、これらの慣行を検討する。まずは、比較可能なグループがどのようにユーザーのニーズを満たすか、満たしていないかを理解する必要があります。

そこから、コミュニティフォーラムでの運動、壁への発言、写真を促進するユーザーのための独特な体験を作成します。Facebookであなたの会社を宣伝するもう一つの方法は、アプリケーションを通してです。ユーザーが何をしているのかをモデル化した有用なアプリケーションを作成します。つまり、情報や経験を共有し、ユーモアを使用します。ウィルスや波及効果があるようにアプリケーションを計画し、起動後はユーザーからのフィードバックを得てください。

CTR is the percentage of users who clicked on links, e-mails, or advertisements for the total number of users when viewing a page.

Promotion to Facebook users requires conveying to them, which works better than just marketing your messages. In order to speak with them, you need to first understand these users. At the U.S alone, Facebook has 60 million users. ComScore reports that the average number of identifying visitors to Facebook in per month circles around 150 million, of which 50% of those users return to the website daily. Faccebook tasks that 75% of worldwide users may be outside of college. Based on findings from Nielsen and NetRatings, it is been observed from Facebook’s U.S users that only over half are female, nearly 60% possess some school education, 14% are non white, 34% are working professionals keeping government, sales, instruction or technical posts, 12% are complete time pupils and 12% have children under 16.

Unsurprisingly, Facebook internal data implies that users have aged over the last year, with a high percent of older users now. In line with these information, adjust your advertising plans and plan for versatility in compliance with the expectation that the demographics will change quickly within the next 12 to 18 months. With the information pictures that users uncover on-line, target users beyond their basic demographics details. Rather, look in the psychographics to comprehend them better. The click through rate for subsidized News Feed stories is 4 to 26%. Also, Flyers give you a level of self service control to determine what you need.

For sponsored groups, group pages allows a personalized navigation, feel and look and often features a substantial media purchase to drive traffic to the subsidized group page. Do note that any company may put up an organization for free. Rather than taking the traditional marketing path, increase the change to create a distinctive community around your brand and product. Even though its page looks like an announcement, the community is, in comparison, extremely engaged. In order to increase the outcomes from the subsidized Group, consider these practices. You must first understand how comparable groups are meeting, or fail to meet, the needs of users.

From there, create a distinctive experience for users which will promote exercise on the community forum, remarks on the wall, and pictures. Another way to promote your company on Facebook is thru applications. Create helpful applications that model what users already are doing – that’s, sharing info, experiences and using humour. Plan your application such that it’s got a viral and rippling impact, and get feedback from users once it’s been launched.