menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

URL生成ツール | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月21日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, , ,

29486877 - beginning of url written on old typewriter

下のURLビルダーの情報を入力し、[URLを生成]ボタンをクリックします。上記URLビルダーを使用して、Googleアナリティクス、Mixpanel、Kissmetricsなどのアナリティクスプラットフォームで使用するUTMトラッキングコードを作成します。使用するプラットフォームに関係なく、UTMトラッキングコードを使用する必要があります。UTMを使用すると、トラフィックがどこから発生しているのかを、通常は標準的な参照URLを超えて把握することができます。ちょうどUTMとは何ですか?UTMは、URLまたはリンクの結びつきに追加された小さなコードです。UTMが追加されている場合は、トラフィックがどこから発信されたかを細かく定量化することができます。

UTMを使用しない場合でも、トラフィックのリファラーが表示されますが、これは通常はあまり整理されておらず、ユーザーがクリックしてウェブサイトを特定するために投稿、ツイート、これは、マーケティング担当者が頭を掻き分け、何が効いているのか、何がないのか疑問に思います。これをさらに解消するために、UTMは、WebサイトのURL、キャンペーンのソース、キャンペーンのメディア、キャンペーンの用語、キャンペーンのコンテンツ、キャンペーンの名前など、さまざまな異なる要素で構成されています。これらはすべて非常に特殊な目的を持っていますので、もう少し先に進む前に、基本を整理しましょう。努力メディア:トラフィックの原因となった広告媒体は次のとおりです。

ソースとは異なり、Webバナー、電子メール、またはFacebookのポストのようなトラフィックを追跡します。努力期間 – 自由裁量:これは任意ですが、キャンペーンを作成することで、広告の有料キーワードやウェブログのポストにあるリンクのキーワードを追跡することができます。キャンペーンコンテンツ – オプション:これはUTMの別のオプション部分ですが、これにより、Reddit広告のような同じチャンネルの広告を簡単に区別することができます。さまざまな画像や広告をテストする際に便利ですコピー。上記のGoogleアナリティクスURL作成ツールを使用してURLを作成したら、Googleアナリティクスの購入セクションのキャンペーン別にこれらのユーザーを監視することができます。UTMトラッキングコードで使用したキャンペーンにレポート、ダッシュボード、視野を絞り込むこともできます。ここでは、GoogleアナリティクスでトラックとUTMとキャンペーンに使用できるクールなダッシュパネルを紹介します。

Fill in the info in the URL builder under and click on the Generate URL button. Use the above URL Builder to create UTM tracking codes to be used with Google Analytics, Mixpanel, Kissmetrics and most other analytics platform. You should use the UTM tracking code irrespective of which platform you use. UTMs will allow you to comprehend better where your traffic is originating from beyond the standard referring URL you’d normally get. Just What is a UTM? A UTM a little code appended to the conclusion of a URL or link. If UTMs are added, it enables you to quantify where your traffic is originating from, with plenty of granularity.
If you don’t use UTMs you’ll still see the referrer of traffic, however this is not usually very organized and still leaves you wondering what specific post, tweet, page or link the user clicked on to locates your website. This leaves marketers scraping their head, wondering what’s working and what’s not. To break this further down, a UTM consists of various distinct elements: web site URL, campaign source, campaign medium, campaign term, campaign content, and campaign name. All these comes along with an extremely specific purpose, so before we go any more, let’s nail down the basics. Effort Medium: Here is the advertising medium that attributed the traffic.

Unlike the source, it tracks the kind of traffic like a web banner, an e-mail, or a Facebook post. Effort Term – discretionary: While this is discretionary, making a campaign lets you to track the paid key words of an advertisement or the key word of the link in a web log post. Campaign Content – optional: This is another optional part of a UTM, but including this allows you to easily differentiate between ads on the same channel, like Reddit ads, which comes in handy when you’re A\/B testing various images or ad copy. Once you’ve created a URL with our Google Analytics URL builder above, you may monitor these visitors by campaign under Google Analytics purchase section. You may also filter down reports, dashboards and sights to the campaign you utilized in your UTM tracking code. Here’s a cool dash panel you may use in Google Analytics to track and UTM and campaigns.