menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

リスティング広告 | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月22日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

listing advertGoogleの新しい商品リストの広告は、Googleショッピングの大部分を占めているようだが、2012年第4四半期に生産された数字にヒットしたようだ。この広告は、Googleがもう1つの大ヒットした広告販売の第4四半期のエスカレーション第4四半期には広告収入だけでも10億ドルを計上しました。昨年9月、Googleはサプライヤーが買い物部門で市場に出品した商品をリストアップするようにした。この動きは、セクションからスパイシーで欺瞞的な広告が出てくるだけでなく、大予算の商人が宣伝する必要がある商品で置き換えられました。

さらに、それはAmazonを傷つける – 新しい広告は、有機的で助成金を与えられていない検索結果ページの上に現れる。Amazonは商品リスト広告に参加していないため、その結果はオーガニック検索でのみ表示されます。簡単に言えば、GoogleショッピングはAmazonの成果をページに打ちのめされている。それは技術的なように見えるが、検索結果ページの画素ごとの戦争では、これはAmazonにとって大きな課題である。小売業の起業家は、2012年に有料検索キャンペーンで前年比で16%増加しました。Googleは2012年第4四半期に約86.5%の市場シェアを獲得し、前四半期の85.9%から増加しました。アドビのビジネスアナリストのSid Shah氏は、強力なモバイルトラフィックの増加と、Googleショッピングの無償版から商品リスト広告でサポートされている有料モデルへの移行を特徴としています。商品リストの広告は、RKGの新しい新しいレポートに基づいて、Google以外のブランドの有料検索クリック数の28%を第4四半期に獲得しました。ここでは、Googleの管理者が彼らの電話でアイテムリストの広告について語ったことがあります。Nikesh Arora – 上級副社長、最高経営責任者(Chief Business Officer):あなたがそれを見る可能性があるのか​​どうかはわかりませんが、360度のおもちゃの画像や、小売業者のプロモーションや割引の統合など、興味深いものがいくつか見つかりますショッピング商品への料金

Google’s new Merchandise listing advertisements – seen by most as Google Shopping – seems to be a hit relating to numbers produced in Q4 2012. The ads might explain in part why Google pulled out yet another blockbuster Q4 escalation in advertisement sales, the search giant added $1.3 billion in advertising revenues alone in the quarter. Last Sept, Google started making suppliers pay to list products on the market in its shopping section. The move bumped a couple of spammy, deceptive advertising from the section as well as replaced them with products that top merchants of big budgets need to promote.
In addition, it hurt Amazon – the new advertisements appear above organic, non subsidized search results page. Amazon hasn’t participated in merchandise listing ads and so its outcomes only show up in organic search. Put simply, Google Shopping has bumped Amazon outcomes down the page. That appears like a technicality, however in the pixel-by pixel war for search results page, this is a big challenge to Amazon. Retail entrepreneurs spent 16% more on paid search campaigns in 2012, compared with the prior year. Google took about 86.5% market share in Q4 2012, up from 85.9% in the prior quarter. Sid Shah, manager of business analytics at Adobe, features the increase to strong mobile traffic as well as the transition of Google Shopping from the free to a paid model supported by merchandise listing ads. Product listing advertisements drove 28% of Google non brand paid search clicks in Q4 based on a brand new report from RKG. Here is what Google administration said about item list advertisements on their call. Nikesh Arora – Senior Vice President, Chief Business Officer: I do not know if you have had a possibility to look at it, but you’ll find several intriguing things such as 360 degrees toy imagery as well as integrating retailers promotions as well as discount rates into our shopping product.