menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

ブランドストーリー/ブランディング用語

公開日:2017年01月22日 カテゴリー:ブランディング タグ:, ,

lgf01a201310261500

ナイキは、消費者を悪人と一緒に英雄に変えることによって、ブランドの物語に悪評をかける。この3分間の心理的な広告レッスンビデオでは、感情的な広告スペシャリストのGraeme Newellが、Nikeが顧客の忠誠心を築くために自己嫌悪と献身の両方を使用する方法を明らかにする。ナイキプロモーションは、今日のプロモーション世界で最も効率的な心理的なブランドのケースの一つです。ナイキのブランドプランと心理的なブランディングの巧みな使用のおかげで、彼らのクライアントコミットメントはチャートから外れています。ナイキブランドのプランは、強固なブランドを構築することです – それは世界中の個人からの熱心なクライアントロイヤルティを鼓舞するほど強力です。

それは、ナイキのマーケティングが、マーケティングのアーキタイプ、より具体的にはヒーローの物語である感情的なブランドを使用しているからです。それは年老いたストーリー、優れた敵と戦った英雄の物語、大きな挑戦に固執し、勝利を収めています。ある意味では、Nikesの広告プランは1000年前と言われていますが、これまでずっと顧客のロイヤリティを鼓舞しています。ナイキのマーケティングだけではありませんが、実際にはヒーローの原型を使用してクライアントのロイヤルティを刺激するという事実はありません。多くの他の企業はこの心理的なマーケティング手法を使って良い影響を与えています。

主人公の最も典型的な物語は、彼よりはるかに強い優秀な悪を打ち負かすために立ち向かう謙虚なルーツの人物であり、あらゆる勝利に対して勝利を見せている。この同じパターンは、家庭の火災に対する家の警報システム、または胸やけに対する制酸薬に適用されるかもしれません。明確な敵と明確に認識された主人公がいる限り、感情的なマーケティングが始まるかもしれません。ナイキのマーケティングは典型的なヒーローの歴史を必要とし、それを頭の中に変えます。外部の敵を選んでクライアントのコミットメントを促すのではなく、内的な敵、つまり怠惰に焦点を合わせてストップを引き出します。

ナイキのマーケティングは、私たちが怠け者と戦う頻度を知っています。毎朝、警報が消え、まだ完全に暗いところで戦闘が始まります。私たちがどれだけ長く操作するかを選択するたびに、戦いが続けられます。これは、ナイキの広告がクライアントのロイヤルティを刺激するために心理的な広告を使用する方法です。彼らは、一部の人々が外部の敵と識別するかもしれない間に、すべての人々が内部のものと識別することを知っています。

Nike places a devious twist on their brand narrative by turning the consumer into both the hero along with the villain. In this 3 minute psychological advertising lesson video, emotional advertising specialist Graeme Newell reveals us the way Nike uses both self loathing and dedication to build customer loyalty. Nike promotion is among the most efficient psychological branding cases in the promotion world today. Their client commitment is off the charts, all thanks to the Nike brand plan and masterful use of psychological branding. Nike brand plan is to build a strong brand – so strong that it inspires fervent client loyalty from individuals actually all around the world.

It’s because Nike marketing uses the emotional branding is of archetypes in its marketing – more particularly, the narrative of the Hero. It’s an age old story, a story of a hero pitted against an excellent foe, and adhering to a great challenge, emerging victorious. In a way, you might say that Nikes advertising plan is 1000’s of years old, along with has been inspiring client loyalty the whole time. Nike marketing is not the only group the fact the fact that uses the Hero archetype to inspire client loyalty. Numerous other businesses use this psychological marketing technique to good impact.

The most typical narrative of the hero is that of the man of humble roots setting out to defeat an excellent evil – one far more strong than he – and, against all odds, appearing victorious. This same pattern might apply to, say, a house alarm system against a home fire, or an antacid against heartburn. So long as there’s a clearly determined enemy and a clearly recognized hero, the emotional marketing may start. Nike marketing requires the typical hero history and turns it on its head. Rather than inspiring client commitment by singling out an external enemy, you pull out the stops along with focuses on an interior enemy – our laziness.

Nike marketing knows just how frequently we fight with our lazy side. Each and every morning when the fact that alarm goes off and it is still completely dark outside, the battle begins. Whenever we select just how long to operate, the fight continues. This is how Nike advertising uses psychological advertising to inspire client loyalty. They know that while some people might identify with an external enemy, all people identify with an interior one.