menu

ブランドネーム/ブランディング用語

公開日:2017年01月26日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, , ,

 

flower3113ブランドは常に複数の面で攻撃されています。インターネットはこの問題を増加させただけであり、無視することは困難です。ウェブは、個人のためのスピーカーとして働き、市場を支配するのに役立ちます。オンライン上に注意を払わず、効果的な方向性戦略を確立できない企業は、最終的には地球上で企業を追い立てるでしょう。ウェブ上に自信を持っていることはあなた次第です。最悪のことは、オンラインで何かをしようとする前に何かネガティブなことが起こるのを待つことです。

あなたのビジネスが暴行されたその時点の作品にオンラインの立った経営戦略を持つことは、ショックを和らげ、より多くの競争力をもたらすのに役立ちます。明らかに、すべてのことは、問題が何であるか、公然の抗議と、あなたの会社がそれを管理している方法にまでわかります。あなたのブランドが暴行を受ける可能性があるさまざまな方法があります。不満な従業員、不幸な顧客、不満を抱いた投資家、強要者または競技者からのものかもしれません。これは、リップオフレポート、ソーシャルネットワークへの否定的な意見の投稿、またはYelpやAngie’s Listのようなサイトへの否定的なレビューの投稿など、サイトに名誉毀損の言葉を投稿することがよくあります。

いくつかのケースでは、あなたはブロガーがウィルスになる名誉毀損的な記事やビデオを制作することもあります。これらの問題への対応に関しては、首尾一貫を保つことが非常に重要です。タイムリーに問題に対応していることを確認し、問題の最上位にいることを示します。あなたの答えはプロフェッショナルでもなければならない – あなたの感情があなたの最高を得ることを許さないでください。手元にある問題を見て、それが救済される方法を見てください。多分不満を抱いた顧客に別のサービスや製品のクーポンを渡すか、保証があれば全額の払い戻しが行われるかもしれません。

重要なのは、火を消して、それが将来発生するのを防ぐことです。そのため、問題の原因を突き止めることができます。あなたはそれらが制御不能にならないように炎を追跡する必要があります。ブランド名や関連キーワード(URLや会社名のスペルミスなど)のアラートをGoogleから設定することで、そうしたことができます。毎日またはリアルタイムでこのメールを送信することができます。

Brands are consistently being assaulted on multiple fronts. The Internet has only increased this problem, making it difficult to ignore. The Web acts as the loud speaker for and from the individuals, which helps give them control on the marketplace. Businesses that fail to take heed to their on-line standing and establish an effective direction strategy finally will drive their companies in the earth. It’s up to you to keep a confident presence on the web. The worst thing you can do is wait around for something negative to take place before you try to do something about your standing online.

Having an on-line standing management strategy in the works at that time your business is assaulted might help soften the shock and give you more of the competitive edge. Clearly, all of it boils down to what the problem is, the public outcry and the way your company is managing it. There are various ways your brand could be assaulted – it could be from the disgruntled employee, unhappy customers, unsatisfied investors, extortionists or competitions. This frequently leads to them posting defamatory remarks to sites like Ripoff Report, posting negative opinions on social networks or posting negative reviews on sites like Yelp and Angie’s List.

In several cases, you may also possess a blogger produce a defamatory article or video which goes viral. With regards to responding to these matters, it is extremely important to keep an even head. Make certain you respond to problems in a timely manner to show you’re at the top of the matter. Your answer must also be professional – do not allow your emotions to get the best of you. Look into the problem at hand to see the way it may be remedied. Maybe a dissatisfied client could be given a coupon for another service or product, or a full refund may be issued if it is warranted.

The important thing is to put out the fire and prevent it from occurring again in the future, therefore find the cause of the problem to nip it in the bud. You should keep track of the flames to make sure they are not fanning out of control. You may do that from setting up alerts on Google for the brand name and related keywords, like your URL and misspellings of the name of your company. You might possess this emailed to you daily or in real time.