menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ヤフー広告 | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月28日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:,

64421982 - sunnyvale, california, united states - august 15, 2016: yahoo headquarters with american flag and flag with yahoo icon on background.

Yahooは、検索結果ページでGoogleの広告を特有のひねりでテストしている。サイドバーに表示されるAdWords広告には、サイトリンクやレビューなどの拡張機能があります。

Yahooで掲載しているAdWords広告のサンプルをいくつか紹介します。それはタイトルの下の通常のポジションとは対照的に、広告全体の下で評価を明らかにするテストでもありました。評価と場所の拡張の両方を含む別の例 また、サイドバーの広告がはるかに目立つようにします。Googleの検索結果ページでは、通常、サイドバーが通常どのように表示されるかよりもはるかに広いです。ほとんどの検索結果ページでサイドバーに表示されているものよりも広いです。これらはGoogleの広告であるため、このテストの結果を慎重に観察している可能性があります。Yahooがこの試験を行っているのは興味深いですが、収益を上げるために努力している間に多くのテストを行っていることがわかりました。検索結果のページが非常に重いため、実際には、ページ上にある複数の広告、特に折り畳まれた広告に関心を持つように見せてもらうのは驚きではありません。Jennifer Sleggはインターネット検索エンジン広告の長年にわたる講演者であり専門家です。

Yahoo is testing Google advertisements in their search results page with a distinctive twist. The AdWords ads revealing in the sidebar are exhibiting extensions including sitelinks and reviews.

Here are a few samples of the AdWords advertisements showing on Yahoo. It’d been also a test where they were revealing evaluations beneath the whole advertisement, as opposed to the usual position beneath the title. Another example with both evaluations as well as the places extension. They also make the sidebar advertisements much more noticeable. They’re also much broader than how we usually see the right sidebar on Google search results page. They’re also broader than what we see showing on the sidebar for most search results page. Since these are Google advertisements, it is likely they’re observing the outcomes of this test carefully. It is intriguing to see Yahoo doing this examination, though we’ve seen them doing lots of testing as they’re working to improve their revenue. With their search results page being very ad heavy, this actually is not a surprise to see them trying to attract interest to more ads which are on the page, particularly above the fold. Jennifer Slegg is a longstanding speaker and expert in internet search engine advertising.

Yahooの最大のWebサイト、Yahoo.comとそのスポーツ、スーパースター、ファイナンス、ゲームサイトを横断したマーケティングは、セキュリティ会社Malwarebytesに関連して人々のコンピュータにマルウェアを感染させるサイバー犯罪グループによって悪用されてきた。Malwarebytesのセキュリティ研究者は、Flashの脆弱性を利用した多数の大規模キャンペーンで必要とされているのは、同じグループの犠牲者だという。最近、Jamie Oliverのウェブサイトは、グループのストライキの犠牲者であり、マルウェアでいっぱいになっていました。SophosLabsの研究員であるFraser Howard氏によれば、Angler Exploit Kitは現在、潜在的なマルウェアの画像を裁定しており、市場シェアは前四半期から83%に拡大しています。

悪意のある攻撃のほとんどは、ベンチャーの悪用キットを使用して、犠牲者をマルウェアのあるインターネットサイトにリダイレクトします。一般に、ウェブサイトは、アクセスを回復するためにハッカーに料金を払わなければ、装置からユーザーをロックする、ランサムウェアを備えたPCに感染する。Malwarebytesのマルウェア情報アナリストのChris Boydは、ビジネスインサイダーに対し、銀行トロージャンから追加のマーケティング不正アプリケーションへの何かがこれらの攻撃に使用されるかもしれないと語った。ソルブメディアの調査結果によると、広告詐欺の広告主は無駄な費用として110億ドル以上を費やしています。ユーザーにとっては、車の速度が劇的に低下し、電力が浪費される可能性があります。

Malwarebytesによると、7月28日に開始されたYahooの広告技術とeプランニングネットワークのキャンペーンはまだ活発であるという。保護会社は、月曜日の後半に公開される予定のブログ記事で、Yahooがこの問題を認識していると述べている。ここにYahooの広告ネットワークで発見された厄介なコードMalwarebytesの数です。Yahooは、企業とユーザーの両方が信頼できる安全なエクスペリエンスを持っていることを確認することに努めています。

それによると、最初のメディアの報道で攻撃の規模が大きく虚偽表示されており、問題の調査を続けています。妨害的な広告行動は、テクノロジー産業全体に影響します。Yahooはこの問題へのコミットメントについて非常に長い歴史を持ち、安全なマーケティング体験を作成するために同僚と協力することを約束しています。このコードは、Yahooの広告ネットワークURLが、この攻撃の一部として影響を受けたMicrosoft Azure Webサイトにつながっていることを示しています。Boyd氏によると、この攻撃に巻き込まれたAzureのWebサイトの多くは、ユーザーを詐称するという明示的な目的のために設定されたものとは逆に、フィッシング詐欺罪のアカウントである可能性が最も高い。Microsoft AzureのWebサイトは、アプリケーション開発者を対象としており、個人がインターネットサイトを作成できるようにしています。

Marketing across Yahoo’s largest web sites – Yahoo.com, and its sports, superstar, finance and games sites – has been exploited by a cybercrime group searching to infect people computers with malware, relating to security company Malwarebytes. Malwarebytes security researchers say Yahoo it is victim to the same group that has been required with a number of large scale campaigns that use vulnerabilities in Flash. Recently, Jamie Oliver’s web site was victim to strikes by the group, that saw the website riddled with malware. The Angler Exploit Kit is ruling the undercover malware picture right now, and it is seen its market share grow from the quarter to 83% in the previous 9 months, according to SophosLabs research worker Fraser Howard.

Most malvertising attacks make usage of exploit kits in a venture to redirect victims to an internet site with malware. Generally the website infects a pc with ransomware, which locks a user from their apparatus unless they pay a fee to the hackers so as to recover access. Chris Boyd, a malware intelligence analyst at Malwarebytes, told Business Insider that something from bank trojans to additional marketing fraud applications may be used in these attacks. Ad fraud prices advertisers greater than $11 billion in wasted spend, according to study findings from Solve Media. For users, it may dramatically slow down their cars and waste power.

The campaign on the Yahoo advertisement technology and e planning networks started on July 28 plus is still active, according to Malwarebytes. The protection firm says, in a blog post due to be published later on Monday, that it’s made Yahoo aware of the issue. Here is A number of the nasty code Malwarebytes discovered on the Yahoo ad network. Yahoo is committed to making sure that both our companies and users have a reliable and safe experience.

That said, the scale of the attack was grossly misrepresented in initial media reports plus we continue to investigate the problem. Disruptive ad behaviour affects the entire technology industry. Yahoo has a very long history of commitment to this issue and is committed to work with our peers to create a secure marketing experience. The code suggests that the Yahoo ad network URL leads to Microsoft Azure web sites, that have also been influenced as part of this attack. Boyd said a lot of the Azure web sites caught up in this attack are most likely to have already been phishing accounts, on the contrary those set up for the express purpose of scamming users. Microsoft Azure web sites are aimed at application developers and permit any individual to make an internet site.