menu

軸となるWEBブランディングの“しくみ”つくり

お問合せ

商品ブランド/ブランディング用語

公開日:2017年02月03日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

gf01a201502252000

これらの用語は、あらゆる良質の消費者製品ビジネスがそのブランドに依存するものを決定する包括的プロセスの終わりを表しています。ブランドは製品競技場において重要であり、意識を作り出し、知覚を促進し、望ましさを増大させる。頭脳の意識が最も高いブランドはより高い知覚価値を持ち、より高い価格帯を課すことができます。多くのサービス事業は、主に商品ビジネスの領域であると考えているため、ブランドを採用していません。同じ基本的な広告原則の多くが適用されます:ブランドの認識、味覚、頭脳意識、高い手数料など。彼らは、サービス会社のマーケティングが適切に行われたときに可能です。あなたのサービス会社を適切な方法でブランド化し、商品会社が優れたマーケティングから得られる利点を活用するためには、商品とサービスブランディング戦略の間に4つの重要な違いがあることがわかります。

これらの事業の足跡をたどって、多くのサービス会社は、ブランドを構築しようとすると、WrigleyのSpearmint Chewing GumやCoca Colaを売っているかのように大衆にマーケティングを開始します。ブランド遂行のダイナミクスは、サービス事業にとっては全く異なるものです。サービス会社は、広告と販売プロセスのすべての接点において、価値提案を常に結びつける必要があります。プライムタイムのテレビでは、キャッチーなジングルがプロダクトカンパニーのために働くかもしれませんが、サービスカンパニーにとっては受け入れられません。特定の差異を主張することができるまれなサービスブランドです。完璧なサービスブランドは、顧客のニーズ、欲求、そして欲望とビジネスの性質と価値を結びつけています。

この共通の戦略は、顧客にとって重要なものを提供することによって顧客と共鳴するだけでなく、会社が本物で、適切で、防御的なブランドをさらに発展させるブランドを開発します。商品ブランドは、商品ビジネスのように、市場シェアを獲得するのではなく、収益の拡大に集中する必要があります。現場のビジネスでは、会計、法律、構造、訪問のいずれであっても、地元の市場でさえも断片的で混雑していて、多くの成功した企業が同様のソリューションから実質的な収益を生み出しています。あなたの人々があなたのブランドになるのを助けてくださいサービス会社には、購入を決定する前に、見て触って試してみることができる製品の具体的な表示がありません。サービス会社として、世界にあなたの顔を見て、最もあなたのブランドを運ぶものは人々です。ブランド開発の内部構成要素を過小評価しないでください。コラボレーティブな文化を創造するために、各個人がブランドの大使になるために、ブランドメッセージを兵士に伝えます。

These terms represent the end of an all-inclusive process that determines what every good consumer product business depends on, its brand. Brand is critical in the product arena, it creates consciousness, drives perception, and increases desirability. Brands with top-of brain consciousness have higher perceived value, allowing charging higher price points. Many service businesses haven’t embraced brand, since they believe it to be mostly the domain of merchandise businesses. Lots of the same fundamental advertising principles apply: brand drives perception, taste, top-of brain consciousness, higher fees, and so forth. They can, when marketing for a service company is performed right. In order to brand your service company the proper manner and take advantage of the same advantages that merchandise firms receive from excellent marketing, you’ll find four important differentiations between merchandise and services branding strategy that you’ll need to be aware of.

Following in the footsteps of those businesses, many service firms, when trying to build their brand, start marketing to the masses as though they were selling Wrigley’s Spearmint Chewing Gum or Coca Cola. The dynamics of brand execution are simply distinct for service businesses. Service companies need constant connection of their value proposition in all touch points of the advertising and sales process. While catchy jingles during prime time Television might work for a product company, they’re simply unacceptable for service companies. It’s a rare service brand that may stake the claim to specific difference. The perfect service brand combines the needs, wants, and desires of the customer with the nature and values of the business.

This common ground strategy develops a brand that not only resonates with the customer by delivering what’s significant to them, but additionally develops a brand that’s genuine, suitable, and defensible by the company. Service brands should focus on growing revenue, not gaining market share, as merchandise businesses do. In a site business, whether it be accounting, law, structure, or visiting, even local markets are often fragmented and crowded with lots of successful companies producing substantial revenue from like solutions. Help Your People Be Your Brand Service companies don’t have a concrete display of products that you could see, touch, and try out before deciding to buy. As a service company, see your face to the globe, what carries your brand most is the people. Don’t underestimate the internal components of brand development. To create a collaborative culture, communicate your brand message to the troops in order that each individual becomes a brand ambassador.