menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

ブランド購入/ブランディング用語

公開日:2017年02月11日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,
44190719 - the girls enjoy the acquired shopping in the store. it's a very happy day

44190719 – the girls enjoy the acquired shopping in the store. it’s a very happy day

消費者はヒューリスティックを使用して、精神的な手法を用いて手続きを簡素化し、利用可能な選択肢の数や敵対者間の継続的な比較の重要性によって麻痺するのを防ぐ。複数の調査によると、ブランド意識は、製品の購入に経験の浅い人にとって共通の選択肢の1つです。 1990年のホイヤーとブラウンの研究は、消費者の個人的な嗜好にブランド意識を結び付けただけでなく、いくつかの成功した試みで検証されています。調査によれば、顧客は、知られていないブランドのみを含むセットで判断するよりも、既知のブランドを含む多くの選択肢からより迅速に判断することができます。 他のブランドにさらされると、意識に基づいてオリジナルを選択するケースは減少しましたが、ほとんどの場合、最初に選択したのと同じ高い意識ブランドを選択しました。 2つのオーストラリアの大学の後援で実施された調査の消費者は、ブランドの中に意識があるときは、すべてが不明だった報告書よりも、項目試験でより少ない数の標本をサンプリングした。ブランドの意識を高めることは、いくつかの点で市場シェアを増加させる可能性があります。あなたのブランドを最初に顧客の頭に挿入することは、他のブランドが後に直面するかもしれない参入障壁を高めます。あなたのビジネスがより積極的であるか、すでにプレーヤーを生み出している場合は、おそらく戦略的に積極的に行動しなければならないでしょう。オーストラリアの調査では、意識の効果はコストによって仲介されることも示唆されているため、ブランド意識の高まりに必ずしもサービスまたは製品の価格が上昇するとは限りません。ブランド意識を醸成するためには、意図した市場があなたの製品にさらされていることを確認し、さまざまな方法でそれらを認識させる必要があります。識別可能なロゴとユニークなブランドのメッセージがあなたの名前を思い出深いものにするかもしれない繰り返しを提示するかもしれません。

Consumers use heuristics to make their buying decisions, using mental techniques to simplify the procedure and prevent being paralyzed by the number of available choices or the importance of continuous comparisons among opponents. Multiple research has shown that brand consciousness is a common choice tactic for people inexperienced in purchasing a product. A 1990 Hoyer as well as Brown study first connected brand consciousness to consumer personal tastes, as well as the findings are validated in several succeeding attempts. Studies show that customers determine more quickly from among a number of alternatives which contains one known brand than they determine with a set including only unfamiliar ones.

Upon exposure to other brands, the cases of choosing the original based on consciousness declined, but most have chosen the same high consciousness brand they picked initially. Consumers in a research Performed under the auspices of two Australian colleges sampled fewer brands in item testing when there was consciousness of one among the brands than in reports by which all were unknown. Building brand consciousness may increase your market share in several ways. Being the first to get your brand inserted in clients heads increases the barrier to entry which other brands might face later. In case your business is more aggressive or already has generated players, you will probably have to be more aggressive in your strategy, but you still may become among the brands customers consider if they are more alert to your name. The Australian study also suggested that the consciousness effect is mediated by cost, therefore growing brand consciousness can’t necessarily be followed by a rise in the price of the service or product. To build brand consciousness, you should make sure your intended market is exposed to your products and recognizes them in different ways. An identifiable logo and unique brand message may present the repetition that may make your name memorable.