menu

ブランド効果/ブランディング用語

公開日:2017年02月15日 カテゴリー:ブランディング用語 タグ:, ,

lgf01a201310040700

コミュニケーションの集中的な改善により、広告の多様な定義が多かった。定義にかかわらず、マーケティングはビジネスの特有の機能とみなされます。現在、効果的なマーケティングなしで成功した企業はありません。フィリップ・コトラー社の礎石の中には、喜ばしい欲求が好きで交換手続きを通じて必要とされる人間活動として広告が定義されています。広告活動には、一般的に市場調査、新製品開発、製品管理のライフサイクル、価格設定、チャネル管理およびプロモーションが含まれます。広告の2つの最も目立つ目標は、新しいクライアントの獲得と既存のクライアントの保護です。

広告の効力は、既存の顧客によって購入された新規顧客および新規サービスの数で定量化および評価することができる。このほかにも、定量化できないマーケティング効果の面があります。組織の地位、消費者の心のフロンティアにとどまるその能力も、昇進の成功をテストするための基準とみなされます。今日の急速に発展している競争の激しい企業の世界では、将来の企業目標の設定、開発の監視、パフォーマンスの評価、ターゲットと戦略の調整にマーケティングパフォーマンスの測定が不可欠です。企業の繁栄を助けるために、マーケティング担当者は分析データを使用して広告イニシアチブを評価、推奨、実装、測定し、企業の広告価値を向上させることができます。

広告の成功率は、具体的なパフォーマンス指標によって定量化され、より良いパフォーマンスの方向性についての洞察を提供します。プロモーションフレームワークのいくつかの要因がパフォーマンスの方向性の向上に寄与します。タスクとリソースを方法や目標に合わせる、広告のパフォーマンスを経済効率に結びつける、広告チームの責任を作成して維持する、クロスファンクションによる支出を統合して完成させる、マーケティング活動の効果を高めることなどが含まれます。多くの広告システムアナリストは、広告効果が本質的に不確実であると主張しています。明確に定義されていないパフォーマンス指標がないと、マーケティング担当者がどのように広告キャンペーンの価値を判断するのかという疑問に答えることは問題になります。

マーケティングパフォーマンスのメトリックは、顧客がビジネスの効率性を評価することであるか、ビジネスからビジネスへの効率性を評価することであるかによって異なります。両方の広告通信の効率を識別するために、メディア結果評価などのメトリクス、統合されたマーケティング通信トラッキング、およびクライアント満足度トラッキングが頻繁に採用されている。他の最先端の広告効率指標は、ブランド・エクイティおよびクライアント・エクイティ分析です。状況に応じて、さまざまな企業がさまざまな種類の指標に集中できます。したがって、効率メトリクスは、広告タスクまたはキャンペーンを実行するためのコスト、すなわち1プロジェクト当たりのスタッフ時間および1プロジェクト当たりのサイクル時間を説明することを目的としている。プログラムメトリクスは、費用と結果を比較することによって有効性を測定するために利用されます

With the intensive improvement of communications there appeared a lot of diverse definitions of advertising. Regardless of the definition marketing is considered the distinctive function of business. Currently no successful company is possible without effective marketing. Among the corner stones of company Philip Kotler defines advertising as human activity fond of gratifying wants and requires through exchange procedures. The advertising activities generally include researching the market, new product development, The life cycle of a product management, pricing, channel management and promotion. Two most noticeable goals of advertising are the acquisition of new clients as well as the preservation of the existing ones.

The potency of advertising could be quantified and assessed in numbers of new clients and new services purchased by the existing ones. Besides this, there are facets of marketing effectiveness that can’t be quantified. The status of an organization, its capability to remain in the frontier of the consumer mind will also be considered the standards for testing promotion success. In today’s fast paced competitive company world measuring marketing performance is vital to set future company goals, monitor development, evaluate performance and align targets and tactics. To help companies prosper marketers use analytic data to assess, recommend, implement and measure advertising initiatives, which could propel the advertising value of the company.

Advertising success is quantified by specific performance metrics, which offer insights into better performance direction. Some factors in the promotion framework contribute to improving performance direction. They include aligning tasks and resources with methods and goals, linking advertising performance to economic efficiency, creating and sustaining advertising team responsibility, integrating and perfecting cross functional spending, and enhancing the effectiveness of marketing activities. Many advertising system analysts argue that advertising efficiency is inherently uncertain because it’s challenging to say what’s measured. Without well defined performance metrics it’s problematic to answer the question how a marketers determine the value of an advertising campaign.

Marketing performance metrics vary depending on whether the goal is to evaluate efficiency for customer or business to business businesses. To identify the efficiency of both advertising communications such metrics as media results evaluation, integrated marketing communications tracking and client satisfaction tracking are frequently employed. Other leading edge advertising efficiency metrics are brand equity and client equity analyses. Depending upon the situation different companies can concentrate on various kinds of metrics. Therefore, efficiency metrics are targeted at explaining the cost to perform advertising tasks or campaigns, i.e. Staff hours per project as well as cycle time per project. Program metrics are utilized to measure effectiveness by comparing the expenses and results.