menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

【WEBマーケティング】最適なインターネットメディアの使い方

公開日:2017年01月02日 カテゴリー:WEBマーケティング タグ:,

インターネットメディアを活用していくにあたって、メディアにおけるインターネットメディアの位置づけを確認したいと思います。

メディアは様々な分類がされますが、2009年に日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が提唱されたの「トリプルメディア」が最もわかりやすい分類ではないでしょうか。

45614407 - young man talking in loud-hailer and group of happy people.
トリプルメディアによる分類は「ペイドメディア」「オーンドメディア」「アーンドメディア」の3つです。

・ペイドメディア Paid Media = 買うメディア、広告メディア
・オウンドメディア Owned Media = 所有するメディア
・アーンドメディア Earned Media = 信用や評判を得るメディア

%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2

トリプルメディアの活用により消費者に対して「認知」「共感」「理解」を獲得していきます。

ペイドメディアとは?

ペイドメディアのなかには、「マスメディア」「インターネットメディア」「セールスプロモーションメディア」の3つがあります。

マスメディアは「テレビ」「新聞」「雑誌」「ラジオ」の4媒体。
インターネットメディアは「スマートフォン」「パソコン」。
セールスプロモーションメディアは「折込」「DM」「フリーペーパー」「屋外」「交通」「映像」「POP」など。
※セールプロモーションは以下、SPとします。

%e5%ba%83%e5%91%8a%e8%b2%bb
電通調べ「2015年 日本の広告費」より

日本の広告費は約6.2兆円、そのうち4大メディア約2.9兆円、インターネット約1.2兆円、SP2.1兆円となっています。
インターネット広告は年1割弱で伸びており、データ流通量は毎年3割程度伸びています。通信速度が早まるなかで、映像や画像といったコンテンツの増加が顕著になっています。映像が増えるなかで、インターネットメディアの影響はますます高まっていきます。

インターネット上のペイドメディアは多様化していて
「リスティング広告」「アフィリエイト広告」「アドネットワーク広告」「ソーシャルメディア広告」「バナー広告」「動画広告」「リターゲティング広告」などです。

つづきを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です