menu

軸となるWEBの"しくみ"で質の高い事業を経営者、個人事業、仕業のしくみ支援。Webマーケティング CooKai。WEBの悩み相談、急増中。もっと集客をするには「軸となるしくみ」驚くほど価値を認める顧客が集まる成長し続ける事業のお手伝いを通じて解決します。

インデックス | WEBマーケティング用語

公開日:2017年01月10日 カテゴリー:WEBマーケティング用語 タグ:, ,

インデックス

インデックスとは、クローラーがWEBサイトのページから収集した情報を整理したものです。

Googleは、SERPと検索アルゴリズムをバックツーバックでアップグレードすることで、2016年までにSEOコミュニティを不安定にしています。Googleは別のモバイル検索インデックスを開始し、それは最終的に主要インデックスになります。彼らが2つのインデックスを別々に実行しているか、または1つのモバイルの最初のインデックスに直接移動しているかどうかは不明でした。少なくとも過去数年間は積極的に追求されてきたGoogleのモバイル第一の技術は秘密ではありませんが、最近の変化は企業やSEOにとって大きな課題です。特にモバイル検索やSERPの他の変更今年導入された。

index

新しいモバイルインデックスやその他のアップデートに対処する方法を見つける前に、これらのアップデートの内容を確認してみましょう。Googleは、ページ名の表示可能文字制限をバックグラウンドでは68〜70文字に、モバイルSERPでは78文字に拡大したようだ。Cellular Friendly Label Gone:8月23日、GoogleはモバイルフレンドリーラベルがSERPに表示されないことを発表しました。その時点で、モバイル検索結果ページに表示されているウェブサイトの約85%がすでに検索優位性になっていたため、Googleは単にそのラベルのプラグを引っ張ってそのページを廃棄するだけでした。

ポップアップに圧力をかける:同様の声明で、Googleはモバイルサイトのランク付けのために好ましくない点で完全なページインタースティシャルを打ちました。AMPアップデート:AMPはGoogleがサポートする技術で、モバイルページの読み込み時間を約7秒に短縮します。9月にGoogleは、携帯電話のSERPにAMPコードページを含むAMPアイコンを展示すると発表した。今回、GoogleはモバイルSERPの専用インデックスをリリースしたばかりでなく、メインインデックスになると言いました。つまり、より頻繁に更新される予定です。モバイルのGoogleの執着は、トラフィックの平均56%が実際に携帯電話デバイスから来ているかどうかを知っていれば驚くべきことではありません。

ほとんどのデジタル化の成長はモバイルの利用に起因していますが、デスクトップはユーザーの数が急増している第2の接点になっています。Googleのユーザーの大部分は実際にはモバイルになっているため、モバイルを優先するのは賢明です。なぜモバイル専用インデックスですか?おそらく、Googleはモバイルで試してみるときにユーザーの行動が違うことを認識しています。携帯電話の所有率が急上昇しているため、Googleでは音声検索の数が飛躍的に増加しています。Googleは、モバイルSERPのタイトル期間を改善し、自然言語のクエリの数を増やすことができます。

Index is an arrangement of information collected by the crawler from the page of the WEB site.

Google has unsettled the SEO community through 2016 by delivering back-to back upgrades to its SERPs and search algorithms. Google is going to start another mobile search index, that will finally become its primary index. What was less clear was if they’d be running two index seperatly, or going directly to one mobile first index’. Google’s mobile first technique that it is vigorously pursued for at least the last few years is not any secret, but the latest change signifies a big challenge for companies and SEOs, especially when seen side-by side with the other modifications to mobile search and SERPs that were introduced this year.

Before we may find out how to cope with the new mobile index and also the other updates, let us run through what these updates were. It appeared Google had elevated the displayable character limit of the page names to 68-70 char for background, and a huge 78 char for mobile SERPs. Cellular Friendly Label Gone: On August 23, Google introduced that the Mobile Friendly label could not appear in the SERPs. Some 85% of the web sites appearing in mobile search results page had already become search favorable at that point in time, therefore Google simply pulled the plug on the label to de litter its pages.

Setting Pressure on Pop Ups: In the similar statement, Google slapped complete page interstitials with unfavorable points for ranking mobile sites. AMP Update: AMP is a Google supported technology that speeds up the load time for mobile pages to an amazing.7 seconds. In Sept Google said it’d be exhibiting the AMP icon with AMP coded pages on its cellular SERPs. This time, Google hasn’t just released a dedicated index for mobile SERP’s, but has also said it’s going to be their main index, meaning that it’ll be updated more frequently. Google’s obsession with mobile first should not be a surprise if you know which on average 56% of the traffic now actually comes from cellular devices.

Most digital growth has become originating from mobile utilization, while desktop has become a second touch point for an escalating number of users. Since majority of Google’s users are now actually mobile, it merely is sensible to put mobile first. Why a mobile only index? Likely, Google realizes that users behave differently when trying on mobile. Due to the rapid mobile ownership rate, Google has seen an extraordinary rise in the number of voice searches. Google can have improved the title duration on its mobile SERPs to look after the growing number of natural language queries.